全ては無事故のために!海で活躍するライフセーバーの1日に密着しました!《後編》

Greenfield

全ては無事故のために!海で活躍するライフセーバーの1日に密着しました!《後編》

神奈川県藤沢市の湘南エリアで活動する「西浜サーフライフセービングクラブ」に1日密着取材!前編では、朝礼からセッティング、パトロールの流れをご紹介しました。後編では、パトロール終了後の流れと、トレーニングの様子をお伝えしていきます。海の安全を守るライフセーバーたちの弛まぬ努力を、どうぞ最後までご覧下さい!

パトロール終了

 

1日のパトロールが終わり、日が傾き始める17:00。

ここからは、海辺の最終確認と、朝にセッティングした救助用具の撤収、詰所の清掃を行います。

前編はこちら

 

 

回収した救助用具は水洗いし、丁寧に拭き取り、詰所内に収納します。

みなさんテキパキと作業を進めています。

 

 

片付けが終ったら、無線で各詰所と最終確認を行い、詰所の鍵を閉め、朝に全体朝礼をした事務局前に集合します。

 

 

 

夕礼とスウィングトップジャケット授与式

 

「お疲れ様でした!」

他の配置のチームも合流し、17:30頃から夕礼が始まります。

今日の救護件数、差入れなどを、詰所ごとに報告し、共有します。

みなさん、今日も1日無事にやりきった!という表情。

 

 

また、この日は偶然にも西浜サーフライフセービングクラブ伝統の名誉あるジャケット「スウィングトップジャケット」の授与式に立ち会うことができました。

スウィングトップジャケットとは、前年度のパトロールキャプテンに認められたライフセーバーが手にする事ができるジャケットです。

 

 

このジャケットを授与された人は、誇りと伝統を重んじ、一人前のライフセーバーとして、地域、そして仲間に認められている証となります。

技術や経験年数だけでなく、姿勢や人柄も含め選任されるそうです。

 

 

全ての人が手に入れらるものではありませんが、全ての人にチャンスがあり、憧れがあり、目には見えない本質的な評価を得る為の努力、成長に繋がる名誉あるジャケットとして存在しています。

このジャケットを授与される方が、一度辞退を申し出るほど「敬意」あるジャケットなのです。

 

 

海を守るヒーローとして認められた男たちの背中、かっこいいですね!

西浜界隈でジャケットを見かけたときは、是非この素敵なストーリーを思い出してください。

 

 

トレーニング開始

 

夕礼後、18:00頃からは、トレーニングが始まります。

日々のパトロールを乗り切るための体力、体づくりはもちろん、救助技術の向上のために、毎日1時間程トレーニングしているそうです。

 

 

この日のトレーニング内容は、アウトまでのパドル→浜辺のラン→アウトまでのパドル→浜辺のランの繰り返しを40分間ノンストップ、その後スタートダッシュでのパドルインといったもの。

 

 

男性も女性も一緒に同じメニューを行います。

並大抵の体力ではとてもこなせるメニューではありません。

みなさん、さすがです!

 

 

大会出場種目の練習

ライフセービングの大会を控えた選手は、出場種目の練習も行います。

こちらはサーフスキーという競技の練習。

アウトまでのスタートダッシュを繰り返していました。

 

 

競技の練習は、大会で良い結果を残すためのものではありますが、それも全て日々のパトロール、無事故につながります。

日本代表選手である園田さんは、

「競技の最も大切な意義は、レスキュー技術の向上です。基礎体力を付けたり、ボードを漕ぐ、泳ぐ、走る早さを向上させるトレーニングをして競技力が高まれば、日々の監視活動における救助力も向上します。そこはぶれちゃいけない。」

とおっしゃっていました。

 

 

こうしたライフセーバーの方々の弛まぬ努力があってこそ、私たちは海で安心して遊ぶことができるんですね。

改めて素晴らしい活動だなと実感しましたし、みなさんの誇りに満ちたさわやかな笑顔を見て、私たちも元気をもらえました。

ライフセーバーのみなさん、長い1日、お疲れ様でした!

 

協力:西浜サーフライフセービングクラブ

協力:Guard (櫻井興業)

協力:日本ライフセービング協会

 

 

まとめ

海の安全を守るライフセーバーの1日を2回にわたりご紹介しました。みなさんの海を愛する気持ち、人のために活動できる誇り、そんなたくさんの思いを、ライフセービングに対する姿勢から感じられる1日でした。西浜の方々は明るく気さくな方ばかりなので、海の楽しい遊び方など、気軽に話しかけて聞いてみてくださいね。次の記事では、ライフセービング競技について、日本代表選手園田俊さんのインタビューをお届けします!

公式アカウント

関連記事