ライフセービング界の仕組み・運営方法・働き方など気になることをズバッと聞いてみました!

Greenfield

ライフセービング界の仕組み・運営方法・働き方など気になることをズバッと聞いてみました!

ライフセービングに興味がある方は、どんな業界なんだろう?ライフセーバーはお給料を貰っている?それともボランティア?など、気になることがたくさんあるかと思います。そんな素朴なギモンを、現役ライフセーバーとして活動している、西浜サーフライフセービングクラブ・パトロール委員長の河西亮佑さんに直撃取材!ライフセービング界の仕組みや、ライフセービングとの関わり方について語って頂きました。

ライフセービングクラブはどうやって運営されている?

 

—国内のライフセービング界の仕組みを教えてください。

 

まず、一番大きな組織の日本ライフセービング協会があります。

その下に神奈川県と、沖縄・九州・中部にライフセービング連盟があって、そこに地域クラブが加入しているという感じです。

まだ進んではいないんですけど、ゆくゆくは47都道府県に県のライフセービング連盟ができて、その下に地域クラブが配属する流れを目指していると思います。

 

地域クラブは、各々のパトロールだったり、競技会への参加であったり、ジュニアライフセービングだったり、そういう事業を各クラブで行っています。

 

—そうすると、各地域のクラブの事業と、協会から協力をゆだねられる事業、2つの事業活動が存在するということですね。

 

はい、そうです。

 

—事業収益を確保しているクラブもあるのですか?

 

NPO法人で活動しているクラブが多く、ひとつの事業から収入を得るということは、ほとんどない状態でどこのクラブも活動しています。

あるとしたら、パトロールに対して、市町村だったり、西浜だったら江ノ島海水浴場の協同組合から委託金というかたちでお金をもらって、それをメンバーに給与として割り振るということがありますね。

その残りがクラブの運営費になるんです。

 

 

あとは、ジュニアライフセービング教室のクラブを運営するために月謝をもらっていて、サッカーとか水泳のように多くはないですけど、クラブが運営できるくらいの収益は確保できます。

競技会やビーチクリーンなどのイベントは収益はもちろんゼロなので、うちのクラブは主にその2つで運営しています。

時期によってはイベントパトロールというものがあって、オープンウォーターのスイムのガードであったり、トライアスロンであったり、オーシャンスポーツイベントのガードなどをして収益を得ることもありますが、メインはだいたいパトロールとジュニアライフセービングの収益ですね。

 

—マリンスポーツの大会のサポートで、一般の方の認知度のあるようなイベントではどのようなものがありますか?

 

うちのメンバーが行っているのは、宮古島トライアスロンとか、横浜の追浜トライアスロンというイベントとか。

 

—じゃあ、そこは地域にそんなに依存はしないということですね。

 

そうですね。

イベントで委託されて、その繋がりで追浜は毎年やらせてもらっています。

あとは湘南オープンウォータースイムというイベントで、逗子から江ノ島まで10kmのオープンウォーターと、東浜から江ノ島までの800mの遠泳のガードもしてます。

 

 

 

ライフセービングを仕事にして食べていくのは難しい?

 

—まだまだ日本では、ライフセービングに関わるということは、ごく限られた人にしかない選択肢なのかなと思います。大学でライフセービングクラブがあったり、ジュニアクラブに所属していたり、ある程度道筋があってライフセーバーになる方が大半ですよね?それ以外でメンバーになる方もいるんですか?

 

うちは社会人から始める方も結構いらっしゃるんです。

オープンウォーターでスイムされてて、その企画を運営しているところでライフセービングというものに出会って興味を持ち入ってきた方とか。

インターネットでライフセービング始めようかなって調べて、ベーシックという資格を取ってから、うちのクラブでやりたいんですと連絡をしてくれた方もいます。

 

ですがやはりほとんどが、学生時代からライフセービングをやってきたという方が多いです。

そういうメンバーは、ライフセービングをどう続けていくか、社会で働きながらライフセービングとどう関わっていくかという問題もあります。

 

 

—ライフセービングを職業とするのは難しいのでしょうか。

 

ライフセービングだけで食べていくには正直なかなか厳しいと思います。

各々の仕事があって、趣味のひとつとしてライフセービング活動があるという人がほとんどです。

 

職種はそれぞれですが、時間が作りやすく、ライフセービング活動がしやすいので、公務員の方が多いですね。

私も教員です。

一般企業だと帰りが遅くなったりして、体が持たなくなってしまうんですよ。

なので、ライフセービングというものをライフスタイルにしていきたいという思いがある人は、ライフセービングの時間を作りやすく、今後も関わっていけるような職業を選択して、活動を続けています。

大学生たちは、就職どうするかっていうときに、ほとんどの学生は自分が入りたい企業や、やりたい仕事があると思うので、残るのは半分くらいですかね。

後はちょっとでもライフセービングに関われるように公務員を目指す子だったり、ライフセービングがきっかけで人命救助を意識して、消防士になったりとか。

ライフセービングとは一区切りつけて、海上保安庁とか自分の仕事の方で活躍している人もいます。

 

 

 

どんな人がライフセーバーとして活躍している?

 

—社会人としてライフセービングと仕事を両立されている方の主な職業って何ですか?

 

多いのは消防、最近は教員も増えてきました。

警察官はなかなか時間がとれなくて、あまり来れないけど続けているという人も。

やっぱり公務員が強いですね。

あとは自分で時間を調整できる自営業の方も多いです。

 

—ちなみに消防の方や公務員の方たちが、副業としてライフセービングをしているというのはありなんですか?

 

基本的に公務員は公務員法があって副業収入があってはいけないので、ボランティアです。

ホントに100%ボランティアなんですよ、お弁当出るだけです(笑)

 

 

—社会人でライフセービング活動をしている人は、フィールドに出る頻度ってどのくらいですか?

 

ひと夏に数時間の人もいますし、50~60日近く入っている人もいます。

学校卒業してすぐで、まだ就職先決まって無くて、ひと夏みっちりやり通してから就職するという人もいますよ。

私は社会人になって9年目ですけど、年間30日以上入ってます。

 

—集中的に有給とられたりするんですか?

 

私は横浜市の教員なんですけど、横浜市はライフセービング活動を教育に活かしましょうっていう研修扱いで、数日いただけるんですよ。

それと有給を消化してという感じです。

 

—そうなんですね。そういった理解のある自治体は日本で他にもありますか?

 

あんまり聞かないですね。

どんどん他の自治体でもやって頂けると、日本全体の水辺の事故は減っていくのかなと思います。

水辺の安全教育はもちろん、日々レスキュー技術とか手技についてはアップデートされているので、最新の技術をもう一度学んで確認して、それを学校教育に活かしていく必要があると思います。

私は養護学校の教員なんですが、発作とかある生徒ももちろん多数在籍しているので、心肺停止状態になったときにいかに素早く救助できるかや、プールでの水泳教育などにも活かせるので。

 

 

 

ライフセービングの更なる普及のためには・・・

 

—今後日本でライフセービングをもっと普及させるにはどうすればいいでしょう?

 

日本ライフセービング協会としては、ライフセービング活動をまずみんなに知ってもらおうという動きをしています。

競技会というスポーツの分野でライフセービングをアピールして普及を図っていったりだとか。

また、職業として確立している消防とか海上保安庁と連携して、事故を想定したシミュレーションの中で、いかに消防にすばやく引き継ぐかをテーマにした手技を見せあう会を開いていて。

それをもっとニュースで取り上げてもらったりすると、全国に広まっていくんじゃないかと思います。

あとは、学校教育の中で話していくのが一番なんじゃないかなとも思います。

もちろんこういうメディアに取り上げてもらったりとか、ライフセービングというものを見る機会をいかに増やすかというのがキモになるでしょうね。

自分は大阪出身なんですけど、大阪ってあんまりライフセービングが普及していなくて、関東に出てきて知ったことなんですよ。

日本全国にライフセービングが広まっていけば、防災の意識も高りますし、悲しい事故も減らしていけると思います。

 

協力:西浜サーフライフセービングクラブ

協力:Guard (櫻井興業)

協力:日本ライフセービング協会

 

 

まとめ

みなさん、仕事とライフセービングを両立できるライフスタイルを選んでいらっしゃるんですね。今回の取材で、ライフセービングとは、人を助けたいという気持ち、人のために活動する誇りの上に成り立っているのだと改めて分かりました。今後、理解のある自治体や、学校教育にライフセービングが導入されることが増えて、どんどん普及することを願っています。河西さん、貴重なお話をありがとうございました!

公式アカウント

関連記事