ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

【初めてのファミリーキャンプ】用意するのはこれだけ!必要最低限のキャンプギア

【初めてのファミリーキャンプ】用意するのはこれだけ!必要最低限のキャンプギア
   
「家族でキャンプがしたい!」そう思った時がキャンプデビューのベストタイミング!しかし、全く初めての場合、何から用意したらいいか分かりませんよね。適当に必要そうなものをあれこれ買うと、後々後悔することになります。そう、ホントに後悔するんです!(その理由は後に説明します。)最初は必要最低限のものだけ揃えればOK。今回はファミリーキャンプで用意したいギアを紹介します。
   

『ねどこ』をつくる基本の道具

・テント

キャンプの醍醐味のひとつは、「テントで寝る」ということ。

初めて買う場合は、各社から出ているエントリーモデルがいいでしょう。

1〜4万円くらいで買えますが、キャンプギアは値段の差が耐久性や快適性に直結します。

コスパを考えると、4人用なら3万円前後のものがおすすめです。

大きさは家族の人数に合わせて選びましょう。

+1人分くらいにすると荷物も置けて快適ですが、あまり大きすぎると設営が大変なのでほどほどに。

ペグやペグハンマーは付属品だと頼りないものもあるので、しっかりしたものを別に買った方が安心です。

 

・グランドシート

グランドシートとは、地面とテントの間に敷くシートのことです。

シートを敷くことで地面からの冷気や湿気を遮り、テントに汚れや傷が付くのも防いでくれます。

テントの大きさに合った純正のものが最適ですが、ブルーシートでも代用できます。

 

・インナーマット

テントの中に敷くカーペットの用な役割のマット。

冷気を遮断し、石などのボコボコ感も和らげてくれます。

厚みは4mm以上がおすすめです。

こちらもテントの純正品など、各メーカーから販売されていますが、ホームセンターで買える銀マットを使用するのもいいですよ。

適度な厚みがあり、安いので重ねて使うこともできます。

 

 

 

・シュラフ

春や秋冬のキャンプには必須です。

夏キャンプしかしないなら無くてもいいかもしれませんね。

夏はシュラフを敷き布団や掛け布団として使うこともありますが、スリーピングマットとブランケットでも事足ります。

スリーピングマットとはシュラフの下に敷く弾力性のあるマットのこと。

インナーマットがフカフカな場合は必要ありません。

シュラフは基本的にミイラみたいな形のマミー型と、布団のような形の封筒型があります。

ファミリーキャンプなら、子どもと一緒に寝れる封筒型がおすすめです。

対応温度は0℃くらいが丁度良いでしょう。

 

・照明(ランタンなど)

キャンプ場の夜は真っ暗。

子どもが怖がらないようにするためにも、照明器具は必要です。

ランタンはガス・ガソリン・LEDのものがありますが、子どもが触っても危なくないLED(電球色)がおすすめです。

※電球色の方がリラックス度とキャンプ場の雰囲気を壊しません。

 

solar puff(ソーラーパフ) ソーラーパフ/ウォームライト 24022ホワイト ランタン ランタン ライト ランタン電池 アウトドアギア

 



キャンプカテゴリの最新記事