アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

キャンプの必需品!ポイズンリムーバーの効果

キャンプの必需品!ポイズンリムーバーの効果
アウトドアショップなどでよく目にするポイズンリムーバー。この道具は、毒虫や蜂、毒蛇などの被害に遭った時、体内に入った毒液や毒針を吸引し取り除くのに使用します。野外での活動全般に活用でき、安全のために持っておきたい救急グッズの1つです。

キャンプの必需品!ポイズンリムーバーの効果

キャンプ ポイズンリムーバー

自然の中で過ごすキャンプでは、命を脅かす毒蜂や毒蛇、刺されると強い腫れと痒みが続くブヨ(ブユ)など、注意すべき生き物に遭遇する危険があります。

もちろん被害に会わないように対策はしますが、それでも刺されてしまうこともあるでしょう。毒虫や毒蛇は噛んだり刺したりした時に、傷口から毒も一緒に体内に注入されてしまいます。ポイズンリムーバーは注入された毒や毒針を直接吸引し取り除くことで、毒による症状を緩和させることができます。

しかし、ポイゾンリムーバーはどのような種類の虫や蛇の毒素にも対応しているわけではないので、注意が必要です。また、あくまでも応急処置なので、必要に応じて医師の診断を受けるようにしましょう。

 

速やかな処置が重要!ポイズンリムーバーの効果的な使い方

キャンプ ポイズンリムーバー

どのポイズンリムーバーも、基本的に使い方は同じです。ここでは、筆者も所有しているヘッセル・インセクトポイズンリムーバーを例にご紹介します。使用する前は、念のため取扱説明書もご確認ください。

ポイズンリムーバーの使い方でまず大切なのは、すぐに処置をすること。刺されたり噛まれたりしたら直ぐに、遅くとも2分以内に毒液を吸引することがもっとも効果的です。使うのが遅くなってしまうと、ポイズンリムーバーの効果がほとんどなくなってしまいます。いざという時に慌てないよう、すぐに使用できるよう準備しておくことが重要です。

また、ポイズンリムーバーが無い時に口から毒を直接吸うのは、口内から毒が吸収される恐れがあるので絶対にやめましょう。

ポイゾンリムーバーの使い方

①マウスピース(カップ)のサイズを、傷口に応じて決めます。

②マウスピースを傷口に当て、ピストンレバーを引き上げます。約60〜90秒そのままにして、毒液を吸引します。

③吸引を数回繰り返して、毒液を抽出します。毒蜂や毒蛇に噛まれた場合は、3分以上吸引作動をするようにしましょう。

④吸引が終わったら、ピストンレバーを押し下げてポイズンリムーバーを傷口から外します。その際に、毒液が飛び散らないように注意すること。

⑤吸引後は、傷口をよく洗います。消毒した後、軟膏があれば塗り、ばんそこうなどで傷口を保護します。必要に応じて、医師の手当ても受けてください。

このように、ポイズンリムーバーの使い方は難しくはありません。焦らないで冷静に対処して、被害を最小限に収めましょう。また、万が一のことを考え、キャンプの前に、キャンプ場の近隣にある医療機関もチェックしておくことをおすすめします。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事