アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

新型ジムニーで車中泊キャンプ!自分のスタイルでキャンプを楽しもう

新型ジムニーで車中泊キャンプ!自分のスタイルでキャンプを楽しもう
予約から納車までの期間が長いことで知られている新型ジムニーJB64が先日納車したので、さっそく車中泊ソロキャンプをしました。実際に車中泊をした感想や、楽しく快適に過ごすコツについても紹介します。

ジムニーとは?選んだ理由

ジムニー 車中泊

ジムニーとはどういう車なのか、どうして車中泊ソロキャンプにジムニーを選んだのか、紹介していきます。

ラダーフレーム構造を軸にした自動車

ジムニーは、1960年代にホープ自動車が開発したホープスターという4輪駆動車が原型となっています。その後、自動車製造から撤退するホープ自動車の製造権を即決で購入したのが、スズキ自動車の現社長鈴木修氏(当時常務)です。

スズキに製造権を移したホープスターは、ジムニー(ジープミニの略)と名称を変え、1970年に最初の型式LJ10が発売されます。

価格は45万円(当時の価格)、おもに建設業や林業を中心に、年間5,000台を販売する大ヒットとなりました。以来、LJ20、SJ10 、SJ20、SJ30、JA11、JB33などを経て、現在のJB64へと至ります。

製造開始以来一貫して踏襲しているのが、ラダーフレーム構造を軸にした開発です。ジムニーは、梯子形の鋼鉄製フレームであるラダーフレームに、エンジンやサスペンションといった駆動系が取り付けられ、そのうえにボディーを乗せる構造をしています。そのため、山道の衝撃に強くて頑丈です。

選んだ決め手は悪路に強いこと

筆者は以前、日本最後の2ストロークエンジンを搭載したSJ30という型式のジムニーに乗っていました。

ジムニーを選んだ最大の理由は、悪路に強いという点につきます。積雪やアイスバーンの山道、ぬかるんだ悪路などでも、平然と当たり前のように走破します。

大自然のなかでアウトドアを楽しむうえで、どこにでも行けるということは、購入する大きな決め手になりました。

 

ジムニーで車中泊キャンプをするコツ

ジムニー 車中泊

新型ジムニーはとても狭いというのが、率直な感想です。寝るときにフロントシートを倒してフラットな状態にしても、長さは約180㎝です。つまり身長180㎝以上の人は足を曲げて寝ることになります。

また、横幅は約130㎝、フラットにした天井までの高さは85㎝です。厚みのあるマットを敷いてしまうと、さらに高さが限られてしまいます。

そのため、車中泊キャンプをするには工夫が必要です。ここではジムニーでのソロキャンを快適にするためのコツを紹介します。

調理や食事は車外で楽しむ

筆者は、ジムニーの横にサイドタープを設営して、そこで調理や食事をしたり、焚き火を楽しみながらお酒を飲んだりして過ごしています。

ジムニーの車内は寝るときだけ使用するようにしていますが、ワインを飲みながらおつまみを食べたりできるちょっとしたテーブルのようなものがあると便利です。

おすすめアイテム①DDタープ

軽くて折りたたむとコンパクトになるので、持ち運びに便利なタープです。今回の車中泊ソロキャンプでも使用しました。

おすすめアイテム②携行缶 燃料タンク 10L

ジムニー 車中泊

丈夫なステンレス製のタンクを飲料水用として使用しています。Amazonユーザーの評価が思わしくないようですが、燃料用ではなく飲料水用としては申し分ありません。画像のコック部分は筆者の自作です。

ステンレス鋼 車載大容量ガソリン缶
ステンレス鋼 車載大容量ガソリン缶

寝る場所はマットなどで整える

車中泊ソロキャンプにおいて、睡眠はとても大切。翌日の運転にも影響するので、快眠できる環境を整えることが重要です。以下のアイテムは、車内で寝る時に使用しているものです。

おすすめアイテム③M-STYLE 車中泊 マットレス

ジムニー 車中泊

エアマットは、設営と撤収に時間がかかります。また、エアマットは厚みがあり、ジムニーの85㎝ほどの天井高だと、頭がつっかえてしまうので、折りたためる低反発マットがおすすめです。

M-STYLE 車中泊 マットレス
M-STYLE 車中泊 マットレス

おすすめアイテム⑤LZSHOME 三角クッション

ジムニー 車中泊

ジムニーのフロントシートを倒して、フラットにしたいところですが、どうしても凹凸が生じます。こちらの三角クッションの先端の方をくぼんだ部分にあてがうと、ある程度フラットな状態にすることが可能です。

LZSHOME 三角クッション
LZSHOME 三角クッション

おすすめアイテム⑥Snugpak寝袋 スリーパーエクスペディション

筆者が長年愛用している寝袋です。冬仕様ですが、ファスナーを開閉することで温度調節が可能なため、春夏秋冬オールシーズンで使用できます。

Snugpak寝袋スリーパーエクスペディション
Snugpak寝袋スリーパーエクスペディション

荷物は厳選し最小限にする

ジムニーは車内のスペースが狭いため、収納できる量は限られています。持っていく荷物は必要なものだけを厳選するようにしましょう。

また、天井に網などを設けて収納するルーフネットというアイテムがありますが、ジムニーは天井が低いので、車中泊用としては不向きです。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事