アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【2022年版】夏の上信越エリアで登山に行くならここ「百名山から6選」

【2022年版】夏の上信越エリアで登山に行くならここ「百名山から6選」
夏の上信越の山々は緑と花にあふれ、初級者から上級者まで楽しめます。今回は新潟・長野・群馬エリアにある日本百名山のなかから、ピックアップしてご紹介。各山の魅力やおすすめコースを説明しますので、ぜひ山選びの参考にしてみてください。

大パノラマの絶景!谷川岳(たにがわだけ)|標高1,977m

夏山 上信越

谷川岳は群馬・新潟の県境にあり、初級者から上級者まで楽しめるコースがあります。山頂はトマノ耳(1,963m)とオキノ耳(1,977m)の2つあり、猫の耳のような形をしているのが特徴です。2つの山頂からは、360度見渡せる大パノラマの絶景が楽しめます。

谷川岳は天気の変化が激しいため、急な悪天候にも対応できるように、夏山でもしっかりとした装備で挑みましょう。下記の記事が参考になりますよ。

夏登山の服装とは?夏登山では2つの気候変化に備えよう

おすすめコース初級者でもロープウェイを使って行ける「天神尾根コース」
往復の所要時間約5時間
アクセス車 : 関越自動車道「水上IC」から谷川ロープウェイ駐車場まで約25分
電車: 「上毛高原駅」から谷川ロープウェイ行きバスで終点まで約50分
施設情報谷川岳ロープウェイ

 

水の神が住む!四阿山(あずまやさん)|標高2,354m

夏山 上信越

長野・群馬の県境にある四阿山は、古くから水の神が住むと崇められた信仰の山です。また、山の形が「あずまや」の屋根に似ていることから、名前がつけられたといわれています。

「花の百名山」の根子岳から四阿山を巡る周回ルートは、お花畑と雄大な北アルプスが楽しめますよ。根子岳から四阿山へつづく稜線では、笹原と樹林のコントラストが眺められて、気持ちのよい景色です。

おすすめコース初級・中級者向け、お花畑の「根子岳~四阿山の周回コース」
周回時間約6時間
アクセス車: 上信越自動車道「上田菅平IC」から菅平牧場駐車場まで約4時間
電車: JR「上田駅」から上田バスで約50分、「菅平高原ダボス」で下車

 

天空の楽園!苗場山(なえばさん)|標高2,145m

夏山 上信越

苗場山は「稲作の神様」として親しまれてきました。山頂の池槽に生息するミヤマホタルイやヤチスゲが、苗のように見えることから、苗場山と名づけられたといわれています。

新潟と長野の県境に位置し、首都圏からアクセスしやすく便利です。苗場山の魅力は、山頂に広がる高層湿原がつくり出す神秘的な天空の世界。また、湿原植物や美しい高山植物も楽しめます。木道をゆっくり歩きながら散策してみましょう。

おすすめコース中級者向け、新潟県側から登る「祓川コース」
往復の所要時間約8時間
アクセス車: 関越自動車道「湯沢IC」から祓川登山口駐車場まで約40分
駅からバスはないので車をおすすめします。
登山情報湯沢町公式ホームページ
ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事