アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

寒暖差の激しいキャンプの服装選び

寒暖差の激しいキャンプの服装選び
自然を満喫しながら、家族や気の置けない仲間と楽しむキャンプですが、キャンプ場は、日中と夜間の寒暖差が大きいもの。寒暖差に注意しながら、キャンプをおしゃれに楽しむための服装選びのポイントをご紹介します。
 

キャンプ時の服装は寒暖差を視野にいれる

キャンプ 寒暖差 服装
「日中はTシャツ一枚で過ごせるぐらいに暖かかったのに、夜は真冬のように寒くなった」ということがよくあります。どんなときに寒暖差が大きくなるのでしょう。

日中と就寝時

キャンプ場によっては、日中と就寝時では温度差が20度くらいになることもあります。準備段階で、キャンプ場の季節ごとの最低気温と最高気温を調べ、それに合った服装を選びましょう。

風速

天気や気温だけではなく、風速も考えましょう。風速 とは、「風 として 空気 が移動する 速さ」 のこと。1秒間に1メートル空気が移動することを「1m/s(1メートル/秒)」と表します。

風速1m未満だと、ほぼ無風に感じますが、風速5mになると結構風が強いと感じ、風速10mになると傘をさすのも大変で、停めていた自転車が倒れてしまうこともあります。風速は体感温度に大きくかかわり、風速が1m上がると体感温度は1度下がることも覚えておきましょう。

標高  

キャンプに行く前にだれもが気になるのが天気です。でも、予報は大まかに地域を区切ったものなので、実際に行くキャンプ地の標高によっては大きなずれが生じ、気温が予想とは大きく異なることも。標高が100m上がるごとに0.6度気温が下がることを念頭に入れておきましょう。

寒暖差に対応するためにレイヤリングをしよう

キャンプ 寒暖差 服装

寒暖差対策としてポイントとなるのが、「レイヤリング(重ね着)」です。レイヤリングの調整は、日本気象協会が出している服装指数も参考にしてみてください。(服装指数 – 日本気象協会

レイヤリングはベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウターレイヤーの3種で考えます。それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ベースレイヤー

ベースレイヤーとは肌着やインナーのことを指します。ベースレイヤーの素材は季節によって変えましょう。気温の低い時期は保湿力の高いウール素材などの長袖シャツなどを、気温の高い時期は吸湿性、速乾性に優れている化学繊維素材などを着用しましょう。

EASY-MODE-T インナーシャツ メンズ 肌着 5枚組 半袖 Vネック 防菌防臭 クセになる肌触り
EASY-MODE-T インナーシャツ メンズ 肌着 5枚組

ミドルレイヤー       

ミドルレイヤーは、ベースレイヤーとアウターレイヤーの間に着る中間着です。薄手のダウンやフリースなどがおすすめです。暖かい時期はベースレイヤーの上にジャケットを一枚羽織りましょう。

[コロンビア] ファストトレックIIハーフジップフリース XO6410 メンズ
[コロンビア] ファストトレックIIハーフジップフリース XO6410 メンズ

アウターレイヤー     

アウターレイヤーとはベースレイヤー、ミドルレイヤーの上に着るジャケットやレインウエアのことを指します。強い風や急な雨での体温の低下に対応するためにも防風、防水に優れた素材のものを選びましょう。

THE NORTH FACE GO EXPLORING DOWN JACKET
THE NORTH FACE GO EXPLORING DOWN JACKET

 

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事