アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

雨キャンプのテント設営方法の正しい手順と4つの注意点

雨キャンプのテント設営方法の正しい手順と4つの注意点
雨キャンプは、きちんとした準備や設営が必要です。そこで今回は、雨キャンプのテントの設営方法と、4つの注意点を紹介します。雨キャンプでのテント設営のポイントがわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

雨キャンプでのテント設営手順!

雨キャンプ テント 設営方法

雨キャンプでテントを設営するときは、通常とは異なるところがあります。できるだけ自分や道具が濡れるのを防ぐために、以下の手順で行うようにしてみてください。

  1. 雨具を身につける
  2. テントの屋根となるタープを張る
  3. 設営場所にグランドシートを敷く
  4. テントを設営する

事前にテント設営の手順を確認しておきましょう。

①雨具を身につける

雨キャンプ テント 設営方法

まずは、雨具を身につけましょう。傘だと腕が使えず設営しにくいので、上下レインウェアを着用するのがおすすめです。また、足元がスニーカーでは雨で濡れてしまいますが、長靴を履くと設営しやすいですよ。

②テントの屋根となるタープを張る

雨キャンプ テント 設営方法

雨からテントや道具を守るため、屋根となるタープを張りましょう。タープは雨キャンプの必需品です。雨を防ぎながらテント設営や道具の搬入ができるだけでなく、居住スペースの屋根としても活躍します。

ただし、タープは大きすぎると設営や持ち運びに時間がかかり、小さすぎると雨を防げません。人数やテントのサイズに合わせてタープを選ぶのがおすすめです。

横から吹き込むような雨の場合は、タープの位置を低くすると入ってきにくくなります。タープを高くすると、居住スペースを広げられるので、状況に合わせて高さを変えるとよいですよ。

濡れた地面にタープをつけずに張る方法は、以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

雨キャンプでのタープの張り方!後悔しないための雨対策や注意点とは?

③設営場所にグランドシートを敷く

雨キャンプ テント 設営方法

濡れている地面に直接テントが触れないよう、グランドシートを敷いてくださいね。テントのフロアシートは地面に触れつづけると、湿気で表面まで濡れてしまうことがあります。グランドシートがあれば、テントの下に敷いたり、道具を置いたりできるため準備しましょう。

ただし、グランドシートを敷く場所には注意が必要です。水たまりや水が流れているところだと、グランドシートに水がつたってしまい、逆に濡れやすくなります。

④テントを設営する

雨キャンプ テント 設営方法

最後にテントを設営しましょう。雨からテントを守るため、事前に準備したタープ下で設営します。グランドシートの上にテントを置いて完成です。ガイロープでしっかりとテンションをかけて、雨や風の対策をしましょう。

このとき、グランドシートがテントの下に完全に隠れるような位置に設営してください。前項で紹介したとおり、雨がグランドシートをつたって、テント内を濡らさないようにするためです。

以下の記事では、キャンプでのおすすめの雨対策グッズを紹介しています。こちらも参考にどうぞ。

キャンプの雨対策は万全?設営・撤収時やキャンプ中の雨対策やグッズを紹介

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事