アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

ペグの打ち方・抜き方を紹介!テントやタープでペグが抜けない方法とコツ

ペグの打ち方・抜き方を紹介!テントやタープでペグが抜けない方法とコツ

ペグを上手く使えなければ、テントやタープを綺麗に張ることはできません。上手にペグを打つ方法やペグ抜きのコツを紹介します。あると便利な道具やペグ打ちに不向きな場所についても解説しているので、参考にしてください。

 

ペグ打ち・ペグ抜き前に準備すべき道具

手袋

ペグは硬く先端が尖っていたり、ハンマーを使って打ち込んだりするので、怪我防止のために手袋を装着しましょう。

手袋をすれば滑りにくく、力も入れやすくなります。

指輪や腕時計などのアクセサリーは巻き込まれる可能性があるので、安全のために外してペグを扱ってください。

ペグハンマー

専用のハンマーはペグのために開発されているので打ち込みやすく、ペグ抜きもついているので便利です。

ペグハンマーのなかには、反動や打撃音が少ないショックレスハンマーもあります。

テントに付属してくるようなプラスチック製のハンマーもありますが、軽いので打ち込みにくかったり、金属製と比べると耐久性が劣ったりするのが難点です。

ただし、ペグがプラスチック製の場合、硬すぎるハンマーで打ち込むとペグが破損してしまうので、素材にあったハンマーを使うようにしましょう。

 

ペグを打つのに不向きな場所

ペグを打ち込むときに確認が必要なのが、地面の状態。

砂地のようなやわらかすぎる地面や、砂利が多く石が埋まっているような地面は、ペグを打ち込むのに不向きです。

土のなかの状態はわからないので、打ってみて固いと感じたら、場所を変えてペグダウンしましょう。

ペグが抜けやすい地面では、ペグの上に石や砂などの重しを置けば安定感が増します。

さらに抜けにくくするためには、ペグを2本使い、クロスさせたり三角になるように打ったりするのも方法です。

テントやタープをしっかりと張れるよう、最初にペグダウンする場所を見極めてください。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事