アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

ローフードとは?メリットやデメリット、学び方などを解説

ローフードとは?メリットやデメリット、学び方などを解説
生で食べる野菜や果物から酵素や栄養素を効率よく摂取しようとする食事法「ローフード」。この記事ではローフードのメリット・デメリットや学び方を紹介します。ぜひ本記事を参考に生活に取り入れてみてください。

ローフードとは 

ローフードとは

ポイントは食べ物の「酵素」 

ローフード(raw food)とは日本語で「生の食べ物」という意味。食べ物に火を通さずに生で食べることで食物酵素や栄養素をしっかりとろうとする食事法です。

酵素は48度以上の熱で加熱すると死んでしまうといわれており、ローフードはリビングフード(生きた食べもの)とも称されます。

ローフードでは具体的に何を食べる?

ローフードでは、酵素やビタミン・ミネラルを多く含んだ生の野菜や果物を中心とした食材を使用します。

ほかにもローフードの食生活を取り入れる上で推奨されている食べ物を下記の表にまとめています。

種類推奨されている食べ物
生野菜キャベツ、レタス
生の果物(新鮮で熟したもの)スイカ、オレンジ、りんご
海藻わかめ、昆布
発芽食品カイワレ、ブロッコリースプラウト
浸水したナッツ類アーモンド、くるみ、カシューナッツ
豆類大豆、小豆
種子類かぼちゃの種
乾物類切り干し大根、干ししいたけ

出汁を使う時も魚や肉などの動物性のものを使用するのではなく、切り干し大根や干し椎茸のもどし汁を使うことがローフードレシピの特徴です。

日本でのローフードの広まり 

日本ではまだまだ馴染みのないローフード。欧米諸国では、90年代頃から周知されており、ローフードの本が出版されたり、専門のレストランがオープンしたりしてきました。

日本でもローフードの考え方に基づいたグリーンスムージーを取り入れた生活や、罪悪感の少ないスイーツとしてロースイーツが注目を集め始めています。

 

ローフードを生活に取り入れるメリット

ローフードとは

ここではローフードを取り入れる大きなメリットを紹介します。

ローフードを取り入れるメリット①体の代謝アップが期待できる

人の体にとって重要な役割を果たす代謝。代謝にも酵素の働きが大切です。人間の体内で作り出せる酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類で、それぞれ消化するときや代謝をするときに使用されるエネルギーとして働きます。

1日に体内で作り出せる酵素の量は決まっているため、消化を助ける食物酵素を多く含んだローフードを食べ、消化酵素の使用量を減らせば自然と代謝に使える酵素の量が増えるという仕組みです。

基礎代謝があがると、普段の生活で消費できるエネルギーの量が自然と増えるのでカロリーが消費され、痩せやすい体になります。

ローフードを取り入れるメリット②体のデトックスが期待できる

デトックスとは体にたまった毒素を外に出すことです。水分を多く含んだ生の野菜や果物を食べることで水分が体内に巡りやすくなり、体内の老廃物を体の外へと排出。

排せつが盛んに行われることで体の軽さや目覚めの良さ、美肌になるのを感じる方もいます。

ローフードの世界では、朝の4時から昼の12時までは人の体にとって排出の時間とされています。そのため、朝の時間はとくに水分を多く含む果物や水などの水分を摂って、積極的に老廃物を排出するのがおすすめです。

ヴィーガン・エシカルカテゴリの最新記事