ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

子どもとボディボードで遊ぼう!注意点や親子で楽しむポイントを紹介

子どもとボディボードで遊ぼう!注意点や親子で楽しむポイントを紹介
ボディボードはマリンスポーツが初めてという方でも、親子で気軽に始められるマリンアクティビティ。子どもとボディボードを楽しむための注意点やポイントをまとめました。おすすめ子ども用ボードもご紹介!この夏は親子でボディボードを楽しみましょう!

ボディボードは子どもと楽しむのにぴったりなマリンスポーツ!

ボディボード

ボディボードは、サーフィンよりも簡単に波に乗ることができるマリンスポーツです。親子で一緒に楽しみを共有できるので、すてきな思い出を作ることができます。

ポイントを抑えれば、子どもでもすぐに1人で波乗りできますよ。事前に注意点などを子どもとしっかりと話し合い、ボディボードを楽しみましよう!

 

子どもとボディボードで遊ぶために用意したい道具は?

ボディボード

ここでは、子どもとボディボードで遊ぶために用意したい道具をご紹介します。

海は楽しい場所ですが、危険が伴う場所でもあります。熱中症や事故に遭わないためにも準備しておきましょう。

ボディボード

基本的に、ボディボードは身長や体重から自分のボードを選びます。子どもはキッズ用が売っているので、そちらを購入しましょう。

また、親子で一緒に乗れる持ち手付きの2人用のボディボードもありますよ。

ボディボードはフィンをつけることが多いですが、子どもが浅瀬で波乗りする場合はなくても楽しめます。

ライフジャケット

小さい子どもには、必ずライフジャケットを着用させましょう。海は膝が浸かるくらいの深さでも溺れる危険があります。

ライフジャケットはサイズがあったものを選び、適切に装着することも重要です。

ラッシュガード

日光に当たっていると、思っているよりも体力を消耗します。日焼けや、海の中にいるときの怪我予防にもラッシュガードがあると便利です。

ボディボードはボードの上に腹ばいになるので、ラッシュガードを着ることで肌を守ってくれますよ。

日焼け止めや帽子

ウォータープルーフの日焼け止めや帽子も用意しておきましょう。

帽子は水に濡れても大丈夫なサーフハットなどがベストです。海は風が強いことが多いので、顎ヒモがついているタイプがおすすめです。

サーフィンカテゴリの最新記事