ボディボードを楽しむときに、まず購入するのがボディボードです。しかし、いざ購入するとなるとさまざまなブランドや形があり、どれが良いか迷ってしまいます。そこで、今回は選び方のポイントと人気ブランドのおすすめボディボードをご紹介します。

自分に合ったボディボードの選び方は?

ボディボード 人気ブランド

気になるブランドのボード を探す前に、まずは自分に合ったボディボードのサイズや形を知ることが大切です。ポイントを押さえて、最適なボードを見つけましょう。 

ボディボードの選び方①長さや厚さ

ボディボードの長さは、自分の身長と照らし合わせて選ぶのがポイントです。自分の膝のお皿から口元までの全長がボディボードの長さとして最適な長さだと言われます。

厚さは自分の体重と相談して決めましょう。 標準体重より重い場合は、少し厚めのボードを選ぶことで乗ったときのバランスが保ちやすくなります。

ボディボードの選び方②フレックス

フレックスとはボディボードのしなりのことを指します。分かりやすく言うとボードの硬さのことです。

初心者や女性の方は、しなりが柔らかいタイプがおすすめです。腕力に自信がある方や、体重が重めの方は固めのボディボードを選ぶといいでしょう。

ボディボードの選び方③ライディングスタイル

ボディボードのしなりが柔らかいと、波に乗った時のコントロールがしやすくなります。ターンなどの技にチャレンジしたい方はこちらのタイプがおすすめです。

しなりが固いボディボードはスピードがよく出るタイプが多いので、風を切ってライディングしたい方は固めのボディボードを選びましょう。

ボディボードの選び方④初心者のボード

初心者が最初に選ぶ1台には、まずは自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。サイズを選んだ後は、形を見ていきましょう。

ボディボードの形はアーチテールなどの「ノーマルテール」と「バットテール」の2つに大きく分けられます。

アーチテールはボディボードの下の部分が弓状になっているのが特徴です。このタイプはライディングの時にコントロールがしやすいので、まだ慣れていない初心者にはおすすめの形です。

小さい波でもテイクオフしやすいので、すぐに楽しむことができますよ。

 

ボディボードの人気ブランドを紹介

ボディボード 人気ブランド

ここでは、ボディボードで人気のブランドとその特徴をご紹介します。

ボディボードで人気のブランド:SCOOP(スクープ)

リーシュコードが全て付属されていて子供向けタイプもあるSCOOP。リーズナブルな価格で購入でき人気があります。

レジャーとしてボディボードを楽しみたい方や、夏に少し始めてみたいという方にはおすすめのブランドです。

価格帯:1万円以下

ボディボードで人気のブランド:マンタ

マンタのエイリアンというシリーズは1人でも親子でもボディボードを楽しめます。

ボードには両サイドにグリップが付いていて2人で乗っても波乗りしやすくなっています。子供を乗せて引っ張るリードもついているので、最初に波に乗る感覚を練習するにも最適です。 

価格帯:2万円前後

ボディボードで人気のブランド:TURBO(ターボ)

ハワイ生まれのブランドで、現在は日本で企画され生産されています。ターボのキャプテンターボモデルは初心者でもしっかりしたボードで始めたい方におすすめ。

スピードが出やすいボードなので、スピードに乗った技も練習しやすいです。女性の方でもコントロールしやすく、 簡単にボディボードを楽しめますよ。

価格帯:2万円〜4万円

ボディボードで人気のブランド:Vボディボード

 Vボディボードは豊富なデザインで女性にも人気のブランドです。誰でも乗りやすく、高性能なところもポイント。 

 VボディボードのGS モデルは、リーズナブルな価格で購入でき、波に乗りやすいタイプなのでボディボードを始めたい人にはおすすめです。

価格帯:2万円〜4万円

ボディボードで人気のブランド:SCIENCE(サイエンス)

ボディボード界の帝王、マイクスチュアートがデザインするサイエンスボディボードは高性能ながら誰でも乗りやすく作られているボディボード専門ブランドです。

サイエンスのPROTECHシリーズは、初心者向けのボディボードですが本格的な作りが人気です。 適度なしなりがあり、ターンもスムーズに行えるのでステップアップしやすいですよ。

価格帯:2万円〜4万円

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。