アウトドアブランドの子ども服はデイリーでも大活躍。動きやすさを重視していたり、素材が工夫されていたりするので、アウトドアだけではもったいないです。季節ごとの選び方も紹介するので、アウトドアブランド服をデイリーに取り入れるきっかけにどうぞ。

アウトドア用子ども服がデイリーにおすすめの理由

子供 アウトドア服

おすすめの理由①動きやすい

アウトドアを想定して、動きやすさを重視して作られているのでデイリー使いにもおすすめ。

子どもが着るのを嫌がる服は、動きにくい服だったりしますよね。通学や公園遊びなど体を思いっきり動かす機会の多い子どもに、アウトドアブランド服はぴったりです。

おすすめの理由②丈夫で長持ちする

動きやすさを重視したアウトドアブランド服は、すぐに破れたり破損したりすることのないよう丈夫に作られています。

よく動く元気な子どもが、地面に座ったり木や草に引っかけたりしても簡単に擦れて穴が開くようなこともなく、洗濯を何度しても丈夫であれば、長く着られるのでうれしいですね。

おすすめの理由③すぐに乾く

すぐに乾く速乾性や汗を吸収する吸湿性が優れた素材が使用されていることが多く、暑い日でも快適に過ごすことができます。

汗をかいたらすぐに着替える夏場は洗濯物の量がとても増えますが、速乾性素材のアウトドアブランド服を着れば着替える機会を減らせますし、洗濯したとしてもすぐ乾くので助かります

おすすめの理由④持ち運びに便利

保温性に優れた素材を使用しているアウター類は、薄手でも十分温かく、コンパクトに持ち運べるのでこまめに脱ぎ着して体温調整できるでしょう。

寒さ対策のために着込むと子どもは動きにくく嫌がるので、アウトドアブランド服を着用すれば薄手でも防寒対策はばっちりできます。

おすすめの理由⑤おしゃれなデザイン

アウトドアブランド服はロゴがおしゃれだったり、デザイン性が高かったり、そして着心地やお手入れのしやすさもあって、大人のファッションではこのところ大人気です。

大人と同じことをしたがる子どもも、おしゃれにはちょっとうるさい子どもも、きっとアウトドアウェアで満足できるはず。

1枚でファッションの主役になるアウトドアブランド服をデイリーに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

アウトドア用子ども服の選び方のポイントは?

子供 アウトドア服

デイリーに使える子どものアウトドアウェアを選ぶポイントを季節ごとに解説します。

アウトドア用子ども服の選び方のポイント①夏

汗をかく夏は着心地がいい素材を重視して選ぶことをおすすめします。

通気性がよければ涼しく過ごせますし、速乾性や吸湿性に優れていれば汗をかいても吸収しすぐに乾きます。

アウトドアブランド服の中には防虫加工がしてあるものがあるので、アウトドア時に着用すれば虫対策に一役買ってくれますね。

アウトドア用子ども服の選び方のポイント②冬

冬は寒くて着こんでしまい動きにくくなってしまうことがあります。

アウトドアブランド服は動きやすさを重視しているので、保温性が高く薄手でも温かい素材を使用しています。

寒くても薄手なので動きやすく、脱いだとしても荷物としてかさばらないところもうれしいポイントです。

アウトドア用子ども服の選び方のポイント③春・秋(季節の変わり目)

春や秋の季節の変わり目は風が強く、急な寒さや暑さに対応したいので簡単に着脱できる衣類がおすすめです。

また、急な雨風でも安心できる速乾性や撥水性などの機能があったり、風による体温の低下を防ぐ防風性があったりすると安心できます。

アウトドア用子ども服の選び方のポイント④梅雨時

梅雨時や台風シーズンなど、雨の日に傘を上手に使って衣類が濡れないようにするのは大人でも難しいかもしれません。

雨の日はレインコートなど、防水性・撥水性に優れた衣類の着用がおすすめです。

そして、天気の悪い日は視界も悪くなりがちです。

薄暗い環境で子どもたちをすぐに見つけられるよう、また、自動車などからすぐに見つけてもらえるよう、視認性の高い明るいカラーのアウトドアブランド服を選んでくださいね。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。