ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

オリンピックでも注目される【カヌー】の歴史を深掘りしてみる

オリンピックでも注目される【カヌー】の歴史を深掘りしてみる
東京オリンピックの開催が近づくなか、注目されているのがカヌー競技です。カヌーは歴史が古く、人類の歴史とともにあゆみ、そして近代になりスポーツとして発展してきました。今回は、カヌー経験者の筆者がカヌーの歴史についてご紹介します。

カヌーの発祥はどこ?

カヌー 歴史

東京オリンピックの開催が近づき、日本人選手の活躍が期待されています。なかでも、注目を浴びている競技としてカヌーがあげられます。

みなさんの記憶にも新しい2016年リオ五輪の際には、羽根田選手がカヌーで日本勢初の銅メダルという快挙を成し遂げました。

東京五輪でもメダルが期待されているカヌー競技ですが、カヌーは歴史の古いスポーツで古来より世界中で人々の生活を支えていたという記録・遺構が残っています。

カヌーの起源は6000年以上前!

カヌーの発祥の地は所説あり、6000年以上前、現在のイラク付近で栄えた古代メソポタミア文明の時代までさかのぼります。

その文明を築いたシュメール人の王墓からカヌーのような丸木舟が発見されています。

このメソポタミア文明はチグリス・ユーフラテス川の地域で発展してきたので、カヌーが生活の重要なインフラを担っていたのでしょう。

そのほかにも、カヌーの発祥地としてさまざまな地域があげられており、エジプト・中央アジア・東南アジア・オセアニアなどの地域でその痕跡が残されています。

いずれも大河や海など水辺を生活の拠点としていた地域が多く、運搬や狩猟・漁業の際にカヌーのような丸木舟を使い、人々の生活を支えていたと思われます。

日本でも丸木舟(カヌー)が発見されている

島国である日本でも、カヌーのような丸木舟が古くから生活の役に立ってきました。2017年に、千葉県市川市雷下遺跡から、約7500年前のものとみられる丸木舟が発見され、考古学的に重要な発見として注目を集めています。

これは前述したメソポタミア文明と同時期かより古いものであると推測されます。縄文時代の日本が、当時の最も栄えた文明と同じ高度な航海技術があったと思うと、歴史のロマンを感じますね。

 

移動手段のカヌーがスポーツへと発展

カヌー 歴史

カヌーが移動手段からレジャーやスポーツへと発展したのはイギリスといわれています。

1865年にイギリス人ジョン・マッグレガーが自作のカヌー(正確にはカヤック)でヨーロッパのさまざまな河川をめぐり、その体験をまとめた著書が人気となり、イギリスを中心にヨーロッパでカヌーがレジャーとして人気になったのです。

1866年には世界ではじめてのカヌーレースがテムズ川で開催されました。

カヌーはベルリン大会からオリンピック競技へ

1924年にはコペンハーゲンで国際カヌー連盟が設立。1930年に初の世界選手権大会が開催されました。オリンピックの正式種目になるのは1936年ベルリン大会で、男子のカヌースプリント競技です。

その後、1948年にロンドン大会では女子のスプリント競技が正式種目として採用され、1972年ミュンヘン大会では男女ともにスラローム競技が正式種目になります。

日本カヌー協会の設立

日本では、1936年のベルリン大会の折、日本の競技選手団が折りたたみ式カヌー(ファルト)を持ち帰りました。これが日本でカヌーが広まるきっかけになったといわれています。

2年後の1938年には「日本カヌー協会」が設立され、実質的に活動するのは第二次世界大戦後になります。終戦後、日本は「国際カヌー連盟」に復帰すると、1960年には日本カヌー協会が再開。

1964年には第18回オリンピック東京大会でフラットウォーターレーシング(スプリント)が正式種目として採用され、ここから日本でのカヌー競技は大きく飛躍をとげていくことになります。

ページ: 1 2
   
   

カヌー・カヤックカテゴリの最新記事