小学生になったらスキーデビュー♪に迷ってるお父さんお母さん♪冬ならではのアウトドアスポーツを家族みんなで楽しみませんか!?

スキーレーシング経験者が「レーシングチーム」の魅力をご紹介します!

スキーレーシング経験者が「レーシングチーム」の魅力をご紹介します!
スキーのレーシングチームとは、アルペン競技を専門としたスキースクールです。熟練した指導者がスキーのテクニックを丁寧に指導してくれます。それだけでなく、レーシングチームに在籍する事で「仲間作り」や「大会参加」などでも、その知識は大いに役立ちます。今日はスキーのレーシングチームに所属したことのある筆者がその魅力をご紹介します。

スキーのレーシングチームとは?

スキーレーシング 魅力

スキーレーシングチームは、主にアルペン競技の大会参加を目標にして活動しています。アルペン競技とは、雪山の斜面に設置されたポールの間をいかに早く滑り降りるかを競う競技です。

大会参加を通じて心・技・体を鍛えることが期待できます。また同じ目標を持つ仲間づくりができることもチームに在籍する大きなメリットになります。

大会で上位入賞などの好成績を収めることができれば、有名大学への道が開けますし、その他の進路でもより良い道が築かれます。

スキーレーシングチームに年齢制限はある?

レーシングチームの年齢制限は、じつはきっちりとした基準はありません。だいたい下は4歳から上は無制限というところが多いのが現状です。

ただし、ジュニアスクールなど、子どもの育成をメインにしているチームでは18歳以下や大学生までと定めているところもあるようです。

年齢層についてですが、小学生や中学生がメインで、高校生になるとスキー部に在籍したり、別の道へ進む人が増えるため、レーシングチームの所属は少なくなる傾向にあります。

また社会人をメインにしたチームもあり、年齢制限がないところも多くあります。

レーシングチームでかかる費用は?

チームによってかなり大きな差があります。アルペン競技に協力的なスキー場をホームに持つチームは、リフト代金が大幅に減額されるなど、優遇されていたりもします。

年会費は幅が広く無料というチームから年間で10万円以上かかるチームもしばしば見かけられます。また合宿や遠征等を多くこなすチームは固定の会費以外にも、その都度出費がかさむこともあります。

1シーズンの具体的な費用の例をいくつか紹介します。

 入会金年会費リフト代合 計
札幌市チーム0円26,000円71,000円97,000円
小樽市チーム0円50,000円38,000円88,000円
夕張市チーム0円55,000円29,000円84,000円
長野県チーム10,000円50,000円38,000円98,000円

小学生からの加入で10万円弱ほどが相場のようですが、このほかに合宿代金やスキー場で使う雑費等までを含めると、もう少し必要になってきます。

またチームによってはリフト代金が減額されるなど優遇措置もあるため、実際の金額についてはレーシングチームに問い合わせてみる必要があります。

スキーレーシングチームの指導者

レーシングチームのコーチ陣は、筆者の経験上は温和でやさしい方が多い印象です。もちろん、なかには厳しく指導するスパルタコーチもいるとは思いますが、技術面をしっかりと指導してくれることに変わりはないでしょう。

たいてい、レーシングチームには実績のある人が指導者になることが多いですので、高いレベルでの練習を行うことができます。指導者の実績などが気になる場合は、ホームページに記載されていることが多いのでチェックしてみましょう。

レーシングの大会

レーシングの大会は、全員が同じセッティングのポールを滑り降りて、そのタイムを競うことになります。スタート前の緊張感は入念に準備をしてきたプレイヤーでなくても、かなりの重圧を感じることでしょう。

このような大会でスポンサーの目に留まり、スポンサー契約を結べるようになると、スキーにかかる装備の費用を持ってもらうことができたりもします。

 

スキーレーシングチームの練習方法

ポールトレーニングと言われる練習方法が多く採用されています。雪山の斜面にポールを立てて、勢いよくポールの間を滑り降ります。

大回りはGS(ジャイアントスラローム)ポール、小回りはSL(スラローム)ポールと言われており、多くの場合はGSポールを立てて練習します。

チームによっては基礎体力の向上目的のため、スキーを履いてランニングをすることもありますがこれは慣れないとかなりキツいです。夏場は、サッカーや野球をしていて冬季は体力増強のためレーシングチームに入る人も少なくありません。

ページ: 1 2
   
   

ゲレンデスキーカテゴリの最新記事