【釣りでも街でも愛用したい】英国ブランドのおしゃれなフィッシングバッグたち

Greenfield

【釣りでも街でも愛用したい】英国ブランドのおしゃれなフィッシングバッグたち 出典 Hardy

クラシックなバッグで小粋にフィッシングも良し、普段使いに取り入れてアウトドアミックスも良し!流行に左右されず、丈夫で長持ちする英国ブランドのフィッシングバッグ。釣りだけでなく、おしゃれアイテムとしても男女問わず人気があり、最近ではセレクトショップなどでも見かけるようになりました。今回は、そんな英国フィッシングバッグの代表ブランドをご紹介します。気になっていた方は是非参考にしてください。

Barbour バブアー

バブアーといえば、オイルドコットン製のジャケットがアイコニックな存在として絶大な人気を博していますよね。
フィッシングバッグ

バブアーは1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業されたブランドです。

もともとは、悪天候の多い北海の水夫や漁師、港湾労働者のための防水ウェアとして作られたオイルドコットンジャケット。

革新的な防水ジャケットは耐久性や機能性に優れ、イギリス軍の防水服にも採用されました。

その真摯なものづくりと確かな品質が認められ、エリザベス女王、エディンバラ公、ウェールズ皇太子殿下により英国王室御用達の栄誉を保持しています。

アウトドアユースとして使用されるようになったのは70年代になってからで、ハンティング、フィッシング、乗馬という英国のアウトドアアクティビティ向けの製品を数多く生産しています。

タラスバッグ37x29x9cm 参考価格¥35,000

 

中でも「タラスバッグ」は、バブアーの代名詞とも言える伝統的なカントリーバッグ。

ラバーをはさみこんだ防水コットンキャンバス地が最もポピュラーな素材ですが、オールレザー、レザー&オイルドコットン、ナイロンなど、現在は様々な素材のタラスバッグが作られています。

いずれも防水コーティングされているので水に強く、ストラップは調節可能で、脇にフィッシングネットなどをかけるリングがついています。

リングは普段使いなら、鍵などをかけておくのに便利ですよ。

もともとはイングランド製でしたが、日本国内で入手できる現行品は、中国製やベトナム製などが多くなっているようです。

 

 

Brady ブレディ

1887年、ジョン&アルバートブレディ兄弟が英国バーミンガム・プライス街にて、スポーツガン用のレザーケースを製造販売したことから始まったブランドです。

フィッシングバッグ

出典Brady

 

品質の高いガンケースが評判となり、レザーバッグの一流ブランドとして一躍有名になったブレディは、1928年、会社の創設と共に、ハンティング・フィッシング用にゲームバッグを手がけるようになりました。

ハイクオリティな手しごとでオマーン国王、ウエストミンスター公爵など、多くのセレブリティを魅了したブレディ製品は、今でもバーミンガム・ウォールソールの自社工場で、熟練の職人達によって丁寧に作られています。

フィッシングバッグ

出典Brady

アリエルトラウトgents 42x26x11cm 参考価格¥39,960

 

創業当時から作られている「アリエルトラウト」は、ブレディの原点といえるモデルで、デザイン、クオリティ共に当初のまま受け継がれています。

ブレディの基本となるドリルドロップ素材は、イタリア・リモンタ社のツイル生地の間に、ポリウレタンの膜を挟んだ3層構造の防水生地。

さらに防水コーティングで水や汚れに強く、使えば使う程味が出る素材です。

アリエルトラウトは他社のフィッシングバッグよりも縦の長さが低めでコンパクトな印象を与えますので、街で使いやすいサイズ感だと思います。

女性用に作られたもっと小ぶりなバッグもありますよ。

フィッシングバッグ

出典Brady

アリエルトラウト ladies 36x25x10.5cm 参考価格¥38,880

 

 

HARDY ハーディー

英国王室ご用達、フライフィッシングの歴史と共にあり、最高峰を極める伝統ブランド。

1872年、創業者のウィリアム・ハーディーの生まれ故郷である英国ノーサンバーランドのアニックで、鉄砲工として店を構えたことが始まりです。

フィッシングバッグ

出典 Hardy

 

その後、兄弟のジョン・ジェームズが加わり、ハーディーブラザーズという銃を生産販売する会社を創設。

ハーディー兄弟は釣りが大好きで、その深い情熱で大きく事業を転換させ、フィッシングロッドやリールを手がける会社に変貌を遂げました。

ハーディーのロッドとリールは1世紀以上にもわたり、世界で最も優れていて美しいゲームフィッシング用品のブランドとして名声を得ていて、その地位は現在でも全く揺るぎません。

ハーディーの愛用者には、故・国王ジョージ5世や過去3代のプリンスオブウェールズなど錚々たるセレブリティ、ロイヤリティが名を連ね、前世紀のあいだに10以上の王室御用達許可が与えられています。

フィッシングバッグ

出典 Hardy

テストバッグ 38x30x10cm 参考価格¥22,000

 

「アレンバッグ」「ブルックバッグ」「テストバッグ」などの定番製品は、ラバーを挟み込んだコットンキャンバス製です。

既存モデルは中国製ですが、同じデザインのジャパン限定モデルも発売されています。

こちらは、「英国の伝統」×「日本の技」と銘打ち、生地、革、金具にいたるまで、日本国内でトップクラスの技術を持った職人たちが丁寧に製作したハイクオリティな逸品です。

フィッシングバッグ

出典 Hardy

コンパクトバッグ ジャパンリミテッド 41x25x11cm 参考価格¥35,000

 

 

CHAPMAN チャップマン

創業者のジョンLチャップマンはかつてハーディ社に在籍し、大きな功績を納めたスゴイ人物。

フィッシングバッグ

出典CHAPMAN

 

1984年、ハーディが大手に買収されたことを機に、英国カンブリア州カーライルにある自宅のキッチンで、妻と共にハンドメイドでフィッシングバッグを作り始めました。

今でも、自然豊かなカーライルの自社工場にて生産されているチャップマンのバッグは、正真正銘のMade in England。

クオリティの高いバッグを作り続けるチャップマンは、英国内の高級デパートで取り扱われたり、高級アパレルブランドのバッグの生産を請け負っていたりと、確固たる信頼を得ているブランドで、世界中のセレブに寵愛されています。

フィッシングバッグ

出典CHAPMAN

トラウトベック12インチ 30x25x10cm 参考価格¥24,000

 

中でも、ゲームバッグシリーズの「トラウトベック」はチャップマンの中でも最もベーシックなカントリーバッグ。

防水ラバーを挟み込んだコットンキャンバス製、牛本革のトリミングとベルト、ミリタリーグレードの丈夫なストラップは、どれをとっても堅牢なつくり。

質実剛健な英国のものづくりが今も息づく、知る人ぞ知るバッグです。

 

 

まとめ

どのブランドも歴史が深く、王室御用達になるなど、絶大な信頼を置かれていることがわかりますね。こだわり抜かれたものづくりの姿勢は、まさに英国気質と言えます。各ブランドのバックボーンを知った上で、フィッシングで使用するなら王道のハーディやバブアー、街で使うならブレディやチャップマンなどというように使い分けてみてはいかがでしょうか。

公式アカウント

関連記事