ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

キャンパー「Mr SYU」さんのようなソロキャンプ に必要なアイテムとは?

キャンパー「Mr SYU」さんのようなソロキャンプ に必要なアイテムとは?
   
ソロキャンプは人に合わせる必要がなく、食べるものも道具もすべて自分で決めて自由に楽しめます。今回は、キャンプ中でもっともフリースタイルなソロキャンプの魅力と、あると便利なアイテムについてご紹介していきます。
   

バックパックでいくソロキャンプの魅力!

キャンパー「Mr SYU」さんの動画

お気に入りのバックパックを背負って、好きな場所で好きなスタイルでキャンプを満喫できるのがソロキャンプ。

キャンパーの「Mr SYU」さんは、日頃からソロキャンプを楽しんでいるそう。Mr SYUさんの動画を見ると、よりソロキャンプの魅力が伝わると思います。

「ソロキャンプのどういうところがおもしろいの?」「夜ひとりで怖くないの?」と思われる方へ、今回はソロキャンプの魅力をお伝えします。

好きなものを食べる

2019年の年末にはウッドストーブを購入したそうで、オーブンでフォカッチャを焼いたり、アヒージョを調理している動画をアップしていました。

自分ひとりで好きな物を調理して、好きな時間に食べる!こんな贅沢ほかではなかなか味わえません。

自由な時間を満喫

仲の良い友人や家族が一緒だと、多少は遠慮をしたり、気をつかったりすることがありますよね。その点、ソロキャンプは自分ひとりなので、なにをしても自由で気を使うこともなく遠慮もいりません。

周辺に落ちている木の枝を燃料として暖をとったり、ゆらゆらと燃える炎を見ながら静かな時間を楽しむこともソロキャンプの醍醐味のひとつです。自分だけの時間を自由に満喫することができます。

 

アイテムは必要最低限でOK

ソロキャンプ Mr SYU

バックパックでソロキャンプをする場合は、リュックに入るだけの必要最低限のアイテムにする必要があります。必要最低限のアイテムをチェック表にしておくと準備もスムーズです。

☑キャンプテント

☑シュラフ

☑ソロストーブかファイヤーボックス

☑断熱シート

☑クッカー

☑ランタン・ライト

 

ソロキャンプにおすすめのバックパック

ソロキャンプ Mr SYU

ソロキャンプにおすすめしたいバックパックをご紹介します。少し値段が高く感じられても、長い時間背負っても疲れにくいタイプのバックパックがおすすめです。

(グレゴリー) GREGORY バックパック [バルトロ65]

ハーネスとヒップベルトの両方が装着されていて、どのような身体の動きにも密着する安定感のあるリュックです。着脱式のサイドキック・パックがあり、デイパックと給水リザーバー用スリーブを兼ねています。

上から下まで開口するU字ジップ仕様のため、物の出し入れに便利。軽くて高い強度を持つチューブ状のアルミ製ウィッシュボーン・フレームを搭載しているため、背負いやすい設計です。

  • 容量:65L
  • 重さ:2.2kg

[ザ・ノース・フェイス] リュック ウィメンズ テラ65 ML NMW61902

背中にフィットする快適な背負い心地を追求したバックパックの定番「Terraシリーズ」です。

背面にOPTI-FIT (バックパックフィットシステム)を搭載し、簡単に背面長の調整ができます。J形に大きく開閉するジッパーのため、ものの出し入れも便利です。

  • 容量:65L
  • 重さ:1.7kg

ノースフェイス(THE NORTH FACE) テラ 65 (ザック バックパック) NM61902

 

バックパックのソロキャンプアイテム

ソロキャンプ Mr SYU

バックパックで出かけるソロキャンプに最低限必要なアイテムをご紹介します。これらのアイテムをバックパックに入れて、ソロキャンプにチャレンジしてみませんか。

Richmond 1 302008 302007 1人用軽量テント

ひとり用のとても軽いテントです。バックパックに最小限の荷物を入れてソロキャンプを楽しみたい人にピッタリ。設営も簡単です。

  • 対応人数:1人
  • 重さ:1.5kg

ソロストーブ

熱烈なファンが急増中のソロストーブ。もともとはアメリカのアウトドア愛好家の人が、限られた装備のなかで、環境にやさしい燃焼効率の良いストーブはないものか、と試行錯誤の末誕生したものです。







キャンプ道具カテゴリの最新記事