ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

スウェーデンのアウトドア教育とは?世界的な注目を浴びている理由とは

スウェーデンのアウトドア教育とは?世界的な注目を浴びている理由とは
スウェーデンの教育システムは、世界でもトップレベルとして評価されています。その内容も日本と異なり、アウトドアが教育として組み込まれているのです。今回は、このスウェーデンのアウトドアに関する教育システムをご紹介します。

スウェーデンの教育システムの評価

スウェーデン アウトドア教育

 

スウェーデンの教育システムは、OECD(The Organisation for Economic Co-operation and Development)から、とても高く評価されている教育システムがとられています。

このOECDとは、先進国間の自由な意見交換や情報交換を通じて経済成長や貿易自由化、途上国支援に貢献することを目的としている団体で、各国への調査なども行っています。

じつは、日本の教育システム自体もOECDから同等の評価をされていて、世界トップ10にも入っています。

しかしながら、スウェーデンの教育と日本の教育効果は大きく異なるようです。

それは生活への生活満足度(Life Satisfaction)です。

生活満足度とは、人々が今の生活にどの程度満足しているかを数値化したもので、スウェーデンは40か国中9位に入っていますが、日本は40か国中32位に位置付けられています。

なぜ、スウェーデンと日本にはこんなにも生活満足度に違いがあるのでしょうか?

これは、スウェーデンの教育システムに取り入れられているアウトドア教育が関係しているといわれています。

スウェーデンで取り入れられているアウトドア教育とはどんなものなのでしょう。

 

スウェーデンの初等教育とアウトドア

スウェーデン アウトドア教育

 

スウェーデンの初等教育は、下記のような3つの段階に分けられています。

  1. 1.Förskolan (フォルスコーラン)
  2. 2.Förskoleklass (フォルスコーレクラス)
  3. 3.Grundskolan (グルンドスコーラン)

 

Förskolan (フォルスコーラン)

おもに1歳~6歳を対象としている教育課程で、日本の幼稚園・保育園にあたります。

このスウェーデンの教育におけるFörskolan (フォルスコーラン)は、Skolverket: スコールヴェルケット(スウェーデンの学校庁)がカリキュラムを定めていて、それに則ってスウェーデンの初等教育におけるカリキュラムは形成されています。

 

Förskoleklass (フォルスコーレクラス)

6歳〜7歳の子どもたちが、初等教育を受けられるように準備として受ける教育課程です。

 

Grundskolan (グルンドスコーラン)

日本でいう小学校と中学校を合わせた義務教育課程にあたります。

これらの初等教育のなかには、アウトドア教育がカリキュラムに含まれていて、文字を書くことや単語を覚えることよりも、地球の温度を測定したり、岩の大きさを測ったりしながら学びを深めています。

 

ページ: 1 2
   
   

アウトドアでの学びの場が社会的な仕組みとして組み込まれていることを学ぶ、スウェーデンのアウトドア教育。単に机の上の勉強で知識を身につけるだけではなく、生活の知恵として子供たちが学ぶことができます。アウトドア教育は、そのためのツールの1つであり健康や幸福感を高めてくれるのです。結果として、生活満足度やワークライフバランスといったライフスキルに結果として現れていると考えられます。

子供・教育カテゴリの最新記事