アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

ベジタリアンには種類があるのをご存知ですか?ヴィーガンとベジタリアンの関係

ベジタリアンには種類があるのをご存知ですか?ヴィーガンとベジタリアンの関係
ベジタリアンというと、野菜しか食べない人のことをいうのではないかと考えている人が多いと思います。しかし、ひとくちにベジタリアンと言っても、種類があるのをご存知でしょうか。食べられるものによって呼び名も違うその種類を紐解いていきましょう。

ラクト・ベジタリアン

ベジタリアン ヴィーガン

 

ラクト・ベジタリアンは、乳および乳製品を摂ることのできるベジタリアンのことをいいます。

「ラクト」は乳製品のことを意味し、お肉やお魚、卵は食べませんが、野菜や植物性食品のほかに牛乳やヨーグルト、チーズなどを食べることができるので、料理の幅も広げやすいといえます。

また、栄養面を考えても、完全菜食だと摂取しにくい、ビタミンB12 やカルシウムやタンパク質などを乳製品で補うことができるので、バランスが取りやすいです。

乳製品を取り入れられる分、制約がゆるいともいえるので、ヴィーガンのような完全菜食に切り替える前に準備段階にはぴったりかもしれません。

 

 

ラクト・オボ・ベジタリアン

ベジタリアン ヴィーガン

 

ラクト・オボ・ベジタリアンの「オボ」は、卵のことを意味します。

「ラクトとオボ」、つまり、乳および乳製品と卵を摂ることができるベジタリアンのことをラクト・オボ・ベジタリアンといいます。

食べることのできるものが完全菜食と比べて多いことを考えると、ベジタリアン初心者でも、気負うことなくはじめられるのがいいところです。

ラクト・ベジタリアンと同様、野菜や植物性食品だけでは補いにくい栄養素を乳製品やたまごから摂取することができます。

そのため栄養バランスが取りやすいといえますが、乳製品やたまごを多く摂りすぎると、脂質過多になってしまうので気をつける必要もありますね。

とくにタンパク質やカルシウムは、大豆食品や海藻などでも補うことができるので、バランス良く多くの食品を摂るよう意識することが大切です。

 

ページ: 1 2
   
   

ヴィーガン・エシカルカテゴリの最新記事