11月は「キャリー ザ サン 」 折りたたみ 太陽光充電式 LED ランタン / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

釣り糸の結束は強力に!初心者がまず覚えておきたい基本の釣り糸の結び方

釣り糸の結束は強力に!初心者がまず覚えておきたい基本の釣り糸の結び方
   
釣りをするなら、釣り糸を結ぶシーンが必ず出てきます。しかし釣り糸は紐と違い、簡単な結び方だと簡単にほどけてしまいます。せっかく掛けた魚を逃がさないためにも、専用の結び方が必要です。今回は初心者がまず覚えておきたい釣り糸の結び方を紹介します。
   

電車結び

釣り糸 結び方

 

電車結びは互いのラインにそれぞれ結び目を作り、結び目同士が噛み合うことで結束する結び方。

結び目からラインが伸びているので、ライン同士が一直線になるのが特徴です。

魚がかかったときにテンションがかかって結び目が締めこまれるので、結び目の先端に少し余裕を持ってカットするのがコツです。

 

最初に覚えるべき基本の結び

電車結びは、釣りをはじめるときに最初に覚えるべき結びです。

強度が高く、汎用性が高いのも理由のひとつですが、ラインに作る結び目自体にも使い道があるからです。

ライン同士は「ユニノット」の形で結ぶので、電車結びを覚えておけばルアーなどを結ぶときにも使えます。

最初のうちは電車結びを覚えるだけで、たいていの釣りに対応できるでしょう。

 

ショックリーダーにもおすすめ

電車結びのデメリットは、結び目が2つできることでガイドとの抵抗が少し高くなるとことです。

ルアーフィッシングに使うショックリーダーはガイドと触れる機会が少ないため、電車結びはショックリーダーに最適の結び方とも言えます。

ルアーの結びにも使えることを考えれば、電車結びはアングラーにおすすめの結び方ですね。

 

 

 

八の字結び

釣り糸 八の字結び

 

チチワ結びとも呼ばれるベーシックな結び方です。

強度も高いことでさまざまな釣りに利用され、かつ手順がシンプルなので初心者にもおすすめです。

ラインを2本重ねて結ぶため、ライン同士がよじれないよう注意し、結び目は2本とも均等に締めるようにしましょう。

 

登山でも使われるマルチな結び

八の字結びのメリットは、シンプルな結びながらラインの強度を損なわないことです。

そのメリットから、登山にも活用される信頼性の高い結び方でもあります。

釣りでも磯に下りるときや、渓谷を降りるときにロープを使うことがあるので、覚えておいて損はありません。

 

リリアンやスナップとの結束にも

八の字結びはライン同士の結束にも使えますが、単糸で結べばさまざまな用途に使用できます。

単糸で結んで輪を作り、ストラップを取り付けるときのように本糸を輪の中に通すことで、スナップとの結束にも使えます。

延べ竿の先端についているリリアンとの結束にも使えるので、ぜひ覚えておきたいですね。

 

 

 

サージェンスノット

釣り糸 サージェンスノット

 

三回ラインを通す場合はトリプルサージェンスノットとも言われます。

ラインを消費して、継ぎ足したいときによく使われる結び方です。

初心者のうちは根掛りやライントラブルでラインを浪費してしまい、ラインを継ぎ足すことが多くなるでしょう。

サージェンスノットを覚えておけば、いちいちラインを全交換せずとも、ある程度継ぎ足して対応できるようになります。

 

手早く結べる

サージェンスノットは5ステップで簡単に結ぶことができます。

工程が覚えやすいのもメリットですが、釣行中には作業が早く済むのも大きなメリットです。

慣れれば30秒もあればしっかり結べるので、貴重な時間を無駄にしにくいのもうれしいですね。

 

ライトゲーム向きの結び方

サージェンスノットはある程度強度を確保できますが、どの結び方でも結んでいないラインよりは強度が落ちます。

結び方の特性から、サージェンスノットは負担のかかりやすいメインライン同士を結ぶことが多くなります。

サージェンスノットで継ぎ足したラインは、大物がかかりやすい釣りや、重い錘を使う投げ釣りよりは、ライトゲームに抑えておいた方が安心です。

 

 

 

ノーネームノット

釣り糸 ノーネームノット
自己撮影

 

結び方が難しくやや慣れが必要ですが、アングラーにはぜひ覚えてほしい結び方です。

強度も高いので信頼性が高く、キャスティング時にすっぽ抜けにくいのがメリットです。

複雑な結びなので、ショックリーダー側のラインは余裕を持って長めに用意しておくと作業しやすくなります。

 

低摩擦のラインにおすすめの結び

ルアーフィッシングではラインのすっぽ抜けがたびたび起こりますが、その原因は結び目に負担がかかったとき伸びて、結び目に余裕ができてしまうことです。

ノーネームノットではラインを何重にも重ね、ライン同士を組み合わせるため、結び目が緩みにくいので、伸縮性のあるラインでもすっぽ抜けにくいのがメリットです。

鋭いキャスティングでルアーを投げても安心ですね。

 

強さと速さを両立

ノーネームノットは工程こそ複雑ですが、絡ませ方は基本を繰り返すだけなので、作業自体は難しくありません。

手順を覚えてしまえば1分程度でしっかり結べます。

強度も高くトラブルを減らすことができると考えれば、時短にもつながる結び方ですね。

 

 

 

まとめ

釣り糸は魚がかかったときに高い強度が必要になります。強度をなるだけ落とさないために、結び目でラインに負担を掛けずに、力を分散できるようやや複雑な結び方をします。結び方を覚えるのと同時に、外で結びなおすときにスムーズに用意できるよう、家で結び方を練習し、快適に釣りを楽しめるよう準備しておきましょう。

ルアーフィッシングカテゴリの最新記事