ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

安定したロードバイクのライドにはグローブが必須!失敗しない選び方を教えます。

安定したロードバイクのライドにはグローブが必須!失敗しない選び方を教えます。
   
安定してロードバイクに乗るには、グローブの選択が重要です。グローブ選びに失敗すると、手のひらが痛くなったり、暑かったり寒かったりと、痛みや体感が気になり十分にライドを楽しめないことも。ここでは、失敗しないグローブの選び方について説明します。
   

ロードバイクにおけるグローブの役割

 

ロードバイクを乗る時に、なぜグローブが必須なのか理由をあげてみましょう。

1.滑り止め/防寒

2.衝撃緩和

3.疲労軽減

4.転倒時のケガ防止

このように、身体への負担を軽減したり、転倒やケガ防止に、グローブは欠かせない存在となっています。

ただし、ロードバイクを乗り始めたばかりのころは、意外とグローブの必要性を感じることなく、ただ着けているという人も多いのだとか。

ロードバイクに限らず自転車乗りは、1度使ったらグローブなしは考えられないといわれる必須アイテムです。

グローブの1番の役割は滑り止めで、ロードバイクに乗ると汗もかくので、素手でハンドルをつかんでいると、不意に滑らせてしまうこともあります。

スピードが出ているほど危険度も高くなります。

また、真冬では直接冷たい風があたるので、防寒と言う意味でも必要です。

そして長時間のライドは、衝撃を1番受けるのが手や腕なので、しばらく走っていると徐々に痛くなったり手に疲れがでてきます。

 

 

7,560円以上で送料無料 OGK KABUTO SPG-6 ソフトクッショングローブ(Women’s) 自転車 手袋 グローブ ロードバイク クロスバイク マウンテンバイク 通勤 通学 じてんしゃの安心通販 自転車の九蔵

 

 

グローブの装着で落車時のダメージもカバー

これらのことが、グローブを装着することにより、負担が大幅に軽減されます。

またロードバイクに乗っていると、落車したことがある人も多いのではないでしょうか。

落車時には最初に地面につくのが手なので、その時にグローブをつけていれば、擦りむいたり切ったりするのをかなり防いでくれるのです。

また、夏に使うグローブはちょっとした時に汗を拭いたりできるように、甲にかけての親指のあたりが、パイルなど汗を吸収してくれる生地になっているものがおすすめです。

ロードバイクでロングライド中は、汗が出てもすぐに拭うことができないので、ちょっと拭いたい時にも便利です。
 

 

パッドや立体構造など、機能で選んでみよう

ロードバイク ブレーキ

 

グローブには、保護パッドがついているものと、ついていないものがあります。

しっかりとしたパッドがついていると、衝撃吸収効果が高いので、手が痛くなることが少ないです。

しかし、パッドが厚いと素手で握る時の感覚が掴みづらいという面もあります。

パッドは、ゲル、EVA、フォームなどの素材が使われますが、手が痛くなりやすいという人は、多少高くなりますが、ゲルまたはEVA素材がおすすめです。

サイクルグローブには、パッド以外にも滑り止め効果、通気性、速乾性、耐久性に富んでいるなど、メーカーによっていろいろな機能があります。

また立体構造や3D立体縫製加工などを取り入れて、ロードバイクに乗っている時にストレスになりにくい構造になっています。

 

 

 

 

手にあったサイズを選んでみよう

ロードバイク ブレーキ

 

サイズ感というのも、選ぶ時には大切です。

洋服と同じように、サイクルグローブも製造メーカーによって、サイズが若干違っているためです。

自分の手のサイズにあったグローブならば、グリップも握りやすいのと、手にしっかりとフィットしているので、違和感を感じることもありません。

そして、グローブのサイズで1番大切なのが、手のひらの長さです。

手のひらの長さというのは、人差し指のすぐ下のところから、小指のすぐ下のところまで1周計った長さです。

このサイズがメーカーによって多少違っているので、選ぶ際は一度試着してみたほうが良さそうです。

また同じメーカーでも、素材や留具、スタイルによっても変わるのと、フィット感は装着してみないとわかりにくいので注意しましょう。

留具がついていると、ずれたりすることなく手にしっかりとフィットする以外に、風の侵入を防ぐ効果もあります。

留具部分はマジックテープやゴムが多いのですが、手首部分が少し大き目のグローブの時には、留具があったほうが便利です。

しかし、素材や縫合具合でしっかりとフィットするタイプならば、留具なしのほうが着脱が簡単です。

試着の際は、自転車のグリップを握ってみると、実際の感覚がつかめます。

ぴったりとフィットしていることが第一条件ですが、キツすぎるとその時は大丈夫と思っても、時間がたつと血行不良になって痛みがでる恐れがあるので気をつけましょう。

 

 

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

ライドに必須のグローブは、メーカーやブランドによってタイプも値段もさまざまです。また機能面もここであげただけはなく、フルフィンガーの場合はスマホ対応かどうかというのも選ぶ際に大切なポイントと言えます。自分のライドスタイルなどを考えて、あったものを選んで下さいね。




ロードバイクカテゴリの最新記事