ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

ずっと使える!アウトドアファッションの基本の選び方

ずっと使える!アウトドアファッションの基本の選び方
   
アウトドアを楽しむ人にとって洋服選びは重要です。場合によって、洋服で体温調節が必要な時も少なくありません。洋服選びを間違えば、思わぬトラブルに見舞われることも。今回のこの記事では、アウトドアファッションの基本となる選び方をご紹介します。
   

気温チェック

アウトドアファッション選びのポイント・気温

 

一番の基本は、訪れる土地の気温をチェックすることです。

天気予報アプリなどで現地の最低・最高気温を確認しましょう。

その際に重要なのは、最低気温です。

現地で宿泊予定の方などは特に大切です。

筆者自身、何度も経験がありますが、夜間や朝方、気温が一番下がった時に着る服が無く、寒さに襲われると本当に寂しい気持ちになり、全てのヤル気が削ぎ落とされます。

そして真冬並みの気温では命の危険すら感じる時もありますので、気温チェックは必ず行いましょう。

 

 

アイテム選び

初心者向けアウトドアファッションの選び方

 

世の中には沢山のアイテムがあります。

ここでいうアイテムとは商品分類上の単位の一つでジャケット、パンツなどの大分類にプラスして、〇〇ジャケット、◯◯パンツというような個別の商品名称のことと理解してください。

最低気温と連動してアイテムを揃えるのが基本と述べましたが、大まかな気温と必要になるアイテムの参考例です。

・20℃以上→Tシャツ×ショートパンツ

・20℃以下→フルレングスプルオーバー×ニーレングスパンツ

・15℃以下→フルレングスプルオーバー×トレーナー、もしくはアウタージャケット×フルレングスパンツ(寒がりの方ならインナーをプラスする)

・10℃以下→上記アイテムにプラス、インナー&厚手アウター

・5℃以下→上記にプラスして更に厚手インナー&ダウンなどの防寒アウター

といった具合です。

もちろん例外はあるでしょうが、基本はこちらをご参考にアイテム選びをしてみてください。

たくさん服を着すぎて暑くなれば脱げだけで調節ができますが、寒いのに着る物がない、ということだけは避けたいですね。

特にお子様のウェアを考えるママ達には、一番気にしてほしいポイントとなります。

是非参考にしてください。

 

 

素材について

アウトドアファッションにおすすめの素材とは

 

素材は日々進化しますし、シーズン毎に新しいテキスタイルが開発されており、機能や値段に関しても様々です。

最先端の機能素材でないと嫌な方はさて置き、アウトドア初心者の方にオススメの素材選びのポイントです。

素材には大まかに、綿やウールなどの天然繊維か、ポリエステル・ナイロンなどの合成繊維があります。(細分化するともっと沢山あります)

個人の好き嫌いもあると思いますが、筆者のオススメは断然、合成繊維です。

理由は、肌触りや吸湿速乾性にも優れていることと、手に入りやすいからです。

特筆すべきは、特にTシャツやプルオーバーなどの速乾性です。

綿に比べて汗冷えなどが少ないですし、キャンプ場などで洗って干しても、断然乾きが早いです。

そして、適当に畳んでもかさばらないので、いいこと尽くしです。

合成繊維と一言で言っても多々ありますが、ポリエステル100%や綿との混紡、混編はオススメで、洗濯絵表示にポリエステル100%もしくはポリエステル〇〇%綿〇〇%などの表示が入っていれば、速乾性があると考えてよいでしょう。

お店で迷った場合は、店員さんに素材の特徴とベストな気温を尋ねると、丁寧に答えてくれますよ。

自分の着用シーンを想定してベストな素材を選んでみてください。

 

 

サイズ感

アウトドアファッションのサイズ選びのポイント

 

サイズ感というのは、洋服の細部のサイズです。

例えば着丈、袖丈、身幅、袖口寸などの各寸法のことです。

選ぶ際に大事なことは、自分にとって使い勝手がいいことと、だらし無く見えないことです。

デザインが気に入ったら必ず試着をしてみましょう。

ブランドによって、基本のパターンサイズ(洋服の型紙)が違いますから、同じサイズであっても、着丈や身幅が微妙に違うこともあります。

必ず試着して、着心地を確認しましょう。

 

 

インナーウェア

インナーウェアとは、Tシャツやプルオーバーの下に着る、重ね着用のプルオーバーやタイツ、パンツなどのことです。

近年、非常に進化しているアイテムで各メーカーが様々なアプローチで商品開発しており、選べる商品数も以前から格段に増えています。

インナーウェアのメリットは、防寒、透湿、汗冷え防止、防臭、軽量化など、様々な効果が期待できます。

実際、筆者も数着使用していますが、特に気温変化の激しい時(山登りや標高の高い土地でのキャンプ、釣り)には重宝します。

有名アウトドアメーカーであれば、ほとんどのところで商品展開があると思いますので、一度探してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回は、アウトドアウェアの選び方のポイントを紹介しました。是非これらを参考に新しいウェアをゲットして、家族や恋人と、快適ですばらしいアウトドアライフを堪能してみてください。

 







アウトドアファッションカテゴリの最新記事