『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

石垣島でマンタ遭遇率の高いおすすめダイビングスポット

石垣島でマンタ遭遇率の高いおすすめダイビングスポット
   
沖縄県の石垣島周辺はダイバー憧れのマンタに出逢える海として人気のダイビングスポット。世界的にも有名な「川平石崎マンタスクランブル」をはじめ「ヨナラ水道」や「パナリビックコーナー」など、多数のマンタポイントが点在しています。石垣島へダイビングに行くなら絶対に潜ってみたいダイビングポイントばかりです。そんな石垣島の人気マンタスポットをご紹介します。
   

石垣島はマンタ天国

沖縄石垣島でマンタ 
 
石垣島は那覇から飛行機で1時間ほど南東へ進んだ八重山列島に位置する離島です。

石垣島を中心とする八重山エリアはマンタに逢える海として有名で、憧れのマンタを一目見るために世界中から多くのダイバーが集まってきます。

日本国内には宮古島や小笠原諸島などマンタを見ることができる海は他にもありますが、遭遇率で言えば圧倒的に石垣島周辺が高いと言えます。

石垣島周辺のマンタポイントと言えば「川平石崎マンタスクランブル」や「ヨナラ水道」が有名ですが、2016年頃から「パナリビックコーナー」という新しいマンタポイントが解放され、これまで以上にマンタとの遭遇率が高くなっています。

一般的に石垣島でマンタに逢えるのは9月~11月と言われていますが、これはあくまで川平エリアのこと。

マンタは回遊していますので、冬なら竹富島や黒島周辺、春から夏にかけては西表島周辺で見ることができます。

黒島や西表のマンタポイントは石垣島からボートで移動できますが、季節風が強くなる時期はボートが出せないときもあるため、海況によって臨機応変に対応する必要があるでしょう。

 

 

 

そもそもマンタとは?

マンタは世界最大のエイの仲間で、体長5mを超える個体も少なくありません。

正式には「オニイトマキエイ」と「ナンヨウマンタ」の二種類のマンタが存在し、石垣島のマンタはナンヨウマンタに分類されます。

マンタという名称はラテン語の「manta=広い布」から由来しているそうです。

ヒレをマントのように大きく広げ、水中を舞うように泳ぐ優雅な姿は、多くのダイバーたちを魅了し続けています。

その大きな体のわりに主食はプランクトンが中心で、大きく口を開けながら海水と一緒にプランクトンを吸い込む食事シーンが有名です。

 

 

 







ダイビングカテゴリの最新記事