サーフィンにありがちなアクシデントとその対処法について

Greenfield

サーフィンにありがちなアクシデントとその対処法について

大自然である海の上は危険がたくさんあります。サーフィンはその大自然と共に遊ぶスポーツ、レジャーなので、当然その危険は伴います。本記事ではサーフィンを楽しむ上でよくある事故とその対処方について説明していきたいと思います。

海の生き物とのアクシデント

クラゲやヒメスナホリムシ

クラゲなどは時期により大量に流れついてきます。

関東近郊では7月中旬から8月後半などに多く現れます。

海の中でかわす事は難しいですが、波打ち際に打ち上げられている場合も多いので踏んでしまわないように注意が必要です。

また、砂浜で座っているとチクッとしたことはありませんか?

これはヒメスナホリムシと言われています。

毒もなく赤くなるだけですので特に神経質になる必要はないでしょう。

 

 

シャークアタック

 

本来は回遊エリアではないはずのビーチサイドに姿を現す事も多くなり、世界中でサメ除けのネットが設置されるなどのニュースをよく見かけるようになりましたね。

筆者もサーフィンをやっているというと「でもサメが怖いでしょ?」と聞かれることが良くあります。

このシャークアタックはサーフィンの中では非常にレアな事故になりますが、遭遇してしまった場合は非常に危険ですね。

未知のポイントへエントリーする際はこのような情報収集は欠かさないようにしましょう。

頻繁に出没しているポイントなどは、現場にいるサーファーの間では周知の事となっていますのですぐにわかると思います。

また、最近はサメよけのバンドやリーシュコードなどが販売されています。

これらをつけてサーフィンするのも立派な予防策と言えるでしょう。

 

カレント(離岸流)に流されてしまう

海の流れは常に一定ではなく、気象状況に影響を受けながらも特定方向に向かって海流が発生しています。

これを離岸流、もしくはカレントというのですが、毎年と言っていいほどこの離岸流の影響でサーファー、海水浴客問わず事故が発生しています。

サーフィンにまつわる事故で一番多いのもこのカレントに関連するものです。

岩場、堤防になっているところで一般に発生しやすいと言われていますが、そうでないところでももちろん発生します。

水温が急に変わる場所や、浮遊物が線を描くようにまとまって流れているような場所には潮目がありますので注意しましょう。

最初のうちはどこがその場所なのかわからないと思います。

海に入る前に他のサーファーなどにポイントの癖やどのような潮の流れになっているのか事前に聞いてみましょう。

ポイントによってはカレントが定着している場所も少なくありません。

 

周期で来る大波をもろに受けてしまう

 

沖に行かない限りこんなことはないのですが、予想を超えるお化けセット(たまに来る大波)が目の前に来た場合はもうどうしようもありません。

まずくらわないようにするというのが第一なのですが、万一くらってしまった場合はなるべく何も考えず海と流れに身をまかせることです。

焦って気持ちがパニックになると息を吐きだしてしまったり、もがく事で酸素を消費してしまいます。

場合によっては数回にわたりお化けセットが続く事もありますので、アウトに大きなうねりが見えた場合には、通常の波待ちのポジションより速やかに沖に移動しましょう。

 

自分のサーフボードにクラッシュしてしまう

これも頻繁に起こる事故です。

これは多くの場合ワイプアウトの仕方で対処することができます。

ワイプアウトとはどのようにサーフィンを終わるか、波を乗り終えるか、フィニッシュの部分にあたります。

これがうまくなると必然的にこの事故はなくなってきますが、最初のうちは倒れるしかないのが現状でしょう。

その場合でも倒れる時はサーフボードよりも後ろに倒れるようにしましょう。

万が一サーフボードよりも前に倒れてしまった際には、必ず腕で頭を守り、お母さんのお腹にいる赤ちゃんのような感じで身をかがめるようにしましょう。

柔道ではまず受け身が大事と言われていますが、これがサーフィンでの「受け身」になります。

これにより大怪我を防ぐことができます。

 

 

サーフボードが流されてしまう。

大きな波の場合リーシュからボードが切り離され、ボードが流れてしまうといったことが起こりえます。

沖でこれが起きてしまった場合は、周りのサーファー、ライフガードに助けを求めましょう。

これを未然に防ぐために、海に入る前には毎回リーシュのマジックテープが弱っていないか、ボードとリーシュを結びつける紐が弱っていないかしっかりと確かめましょう。

特にレンタルなどでボードを借りる場合はリーシュが使い古され、ぼろぼろの場合が多いので、そういうものを渡された場合は取り替えてもらうようにしっかりと伝えましょう。

 

ボトムのリーフで切り傷

ボトムがリーフの場合よくある事故として「ボトムのリーフで足などを切ってしまう」ということがあります。

もちろん軽傷で済む場合もありますが、場合によっては傷が深く出血が多くなってしてしまう場合もあります。

軽い場合でも海上での出血は陸の上とは違い危険です。

そういう時は無理をせず、恥ずかしがらず周りのサーファーや 、ライフガードに助けを求めましょう。

 

ビーチの海水浴客との接触

これも初心者の事故として起こりやすいものです。

初心者のうちは必然的にビーチ側でサーフィンの練習をすることが多くなるため、そしてボードのコントロールがうまくできないため、海水浴客との接触が多くなります。

できれば最初のうちは人がなるべく居ないようなビーチで、もしくは海水浴客とサーフゾーンが住み分けされているビーチで練習しましょう。

 

ローカルとのトラブル

それぞれのビーチには必ずローカルと呼ばれる人たちがいます。

ローカルとはそのサーフポイントの周りに住み、そこで頻繁にサーフィンをしている人たちのことですが、それぞれのビーチではそのローカルの人たちが作ったルールというものがあります。

その人たちが作ったルールを破ったり、サーフィンの一般的なルールを破ったりすると他のサーファーたちから怒られてしまいます。

場所によってはビジターウェルカムの場合もあれば、残念な事にそうでなかったりします。

最初のうちは右も左もわからないとは思いますが、ネットなどでその場所の評判などを調べて、「ローカルが厳しい」などの評判があれば最初のうちは避けた方が無難でしょう。

 

 

まとめ

このようにサーフィンにまつわるアクシデントは数多くあり、決して安全なスポーツとは言い難い側面もあります。様々なことに気をつけなければなりませんが、それを上回る感動を与えてくれるスポーツでもあります。是非、細心の注意を払い怪我のないように楽しみましょう。

公式アカウント

関連記事