ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

ダイビング事故から身を守る7か条!スキューバダイビングにおける安全管理の必要性

ダイビング事故から身を守る7か条!スキューバダイビングにおける安全管理の必要性
   
スキューバダイビングの事故は、毎日のように起きている交通事故ほど数は多くありませんが、水中という環境のもとでは、ほんの少しのミスでも命にかかわる大事故に繋がりかねません。ダイビング事故を起こさないために決して怠ってはいけないことを、初心に戻って考えてみましょう。
   

危険なスポーツとは?

スキューバダイビングにおける安全管理

 

あなたは「危険なスポーツ」と聞いて、どんなスポーツ競技を思い出しますか?

モータースポーツ、登山、サッカー、スキー、ボクシング…などなど、数えればキリがありません。

ニューヨークに本社があるWEBメディア「BuzzFeed」は、Youtubeで「危険なスポーツ」として、ケーブダイビング、ベースジャンプ、チアリーディング、乗馬、トレインサーフィン、ヘリスキーなどを挙げています。

 

 

ある意味「リスクのないスポーツはひとつも無い」と言っても過言ではありませんし、とくに海や山といった大自然の中で行うレジャースポーツは、気象変化など想定外のトラブルに巻き込まれる可能性も高くなります。

いかなるスポーツでも、一人ひとりが安全管理の必要性を考えなくてはいけませんね。

 

 

 

スキューバダイビングの危険度は?

スキューバダイビングにおける安全管理

 

では、スキューバダイビングは、どれくらい危険なスポーツなのでしょうか?

現在、国内においてスキューバダイビングは1年間に100万回以上も行われており、大小様々なダイビング関連事故が最低でも年100件以上は起きていると推測されています。

このうち、直接または間接的に死亡に至ったダイビング事故は毎年10~20件程度が報告されています。

また、海外へのダイブトリップ中に事故に逢うケースもあり、2014年にバリ島沖で日本人の女性ダイバー7人が遭難し、5人が救助されたものの1人が死亡、1人が行方不明という痛ましい事故がありました。

ダイビング事故の原因をひとつひとつ究明していくと、ほとんどがヒューマンエラーから生じたケースが多く、安全管理が徹底していれば「防げた事故」であることを知っておく必要があるでしょう。

 


 

created by Rinker
¥2,200
(2020/05/25 07:12:53時点 楽天市場調べ-詳細)

 







ダイビングカテゴリの最新記事