アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

火も燃料も使わず炭火をおこせる電動火起こし機「QUICK BBQ」

火も燃料も使わず炭火をおこせる電動火起こし機「QUICK BBQ」
素早く簡単に火おこしをしたい!全ての人の悲願を叶えるニューアイテムの電動火おこし機「QUICK BBQ」の先行予約販売を開始します。

QUICK BBQ

・これが火おこし革命? ガスも火も使わずカンタン使えるユーザーフレンドリーな電動火おこし道具!
・トーチバーナーと比較して倍の速さ!?炭にスピーディーに着火できる新世代のBBQギア
・充実したBBQ時間を作り出す、使いやすさを追求したシンプルな機能とスタイリッシュなデザイン

QUICK BBQ

QUICK BBQ

QUICK BBQ

使い方は簡単!
スイッチONして炭に当てて待つだけで着火します。

炭の種類によっても異なりますが、チャコールブリケット(成形炭)を使用した場合、QUICK BBQで約5分経過したところで炎が上がり、同じ時点でガスバーナーで加熱したものは表面だけに着火されたという結果になりました。

また動画の後半をご覧いただくと、ガスバーナーの方は炎が当てられている面のみに火がついているのに対し、QUICK BBQは酸素が送り込まれるので火が回りやすく、裏側まで燃えていることがわかります。

ガストーチのように炎を噴出するわけでなく、熱風を送ることで着火できる電動火おこし機。
火を使わないのに着火できるなんて不思議に思われるかも知れませんが、炭が燃焼するメカニズムを知れば納得できます。

QUICK BBQ

炭の主な成分は炭素(元素記号=C)。そこに空気を送り込み、空気中の酸素(元素記号=O2)と熱を与えて燃えると、炭の表面で炭素の酸化反応がおこり、二酸化炭素(元素記号=CO2)が発生します。

つまり、熱を加えて酸化反応をさせると同時に、酸素を送り込むということも重要なのです。

QUICK BBQ

その点、トーチバーナーでは表面の温度を上げることはできますが酸素の供給は不十分、だからうちわや送風機で空気を送りこむ必要があります。
一方で電動火おこし機「QUICK BBQ」は、高温の熱と共に大量の空気を送り込み、酸素をたっぷり供給されているため、素早く火がつくというわけです。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事