アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【初心者向け】雨のキャンプで焚き火を楽しむコツ&お役立ちグッズを紹介

【初心者向け】雨のキャンプで焚き火を楽しむコツ&お役立ちグッズを紹介
待ちに待ったキャンプ!とくに梅雨の時期になると雨の日が多く、突然雨が降りだすことも。しかし工夫次第で、雨の日でも焚き火を楽しむことができますよ。今回は、雨のなかで焚き火キャンプを楽しむコツやお役立ちグッズを紹介します。

雨の日に焚き火をするには?

雨キャンプ 焚き火キャンプの楽しみと言えば焚き火です。焚き火を囲んで料理を楽しんだり、炎を眺めながら談笑したりと、時がたつのも忘れそうです。

そこへ突然の雨に見舞われてはあわててしまいます。こんな時、どうやって焚き火をすればよいのでしょうか?

湿気対策をする

雨の日に焚き火を行う際に、重要になってくるのが湿気対策です。雨の日は湿気が高い状態なので、火起こしに湿気は大敵と言えます。

そのため、基本的に雨の日は焚き火には向いていませんが、湿気対策をすれば雨の日でも楽しめます。

雨をしのげる場所を確保する

焚き火をする場所も大切です。タープやテントなど雨をしのげる場所を確保する必要があります。使用するタープなどの素材や大きさは、そばで焚き火をすることを考えて適切なものを選びましょう。

 

雨の日に焚き火キャンプをするポイント3つ

雨キャンプ 焚き火

ポイント①直火はNG!

雨の日に直火はNGです。湿った地面は思った以上に湿気を多く含んでいます。燃えづらい上に煙も出やすくなるので、雨の日は焚き火台が必須です。

近年では芝生が傷むこともあり、直火NGのキャンプ場も多くなっています。

ポイント②燃料・火口は乾燥しているものを使用する

雨の日に限ったことではないですが、薪や火口などはよく乾燥したものを使いましょう。火がつきづらい時は、薪が湿っているかもしれません。

その際は、薪を乾燥したものに切り替えるか、乾燥している中の方まで削って使いましょう。使用する燃料が雨で濡れないように管理しておくことも大切です。

また、火おこしに時間がかかるとその分、薪が湿気を含んでしまいます。普段、火起こしに慣れている方も、雨の中で火おこしをする際は着火剤を使用するのがおすすめです。

ポイント③難燃性タープを使用する

せっかくついた焚き火が濡れないように、雨をしのげる場所が必要になります。晴れの日に暑い日差しを避けるためのタープは、雨キャンプの時も活躍してくれます。タープの下で焚き火をする場合は、燃えにくい難燃タープを使用しましょう。

また、強い雨を想定して耐水圧にも注目。一般的に耐水圧1,500㎜あれば「断続的に続く強い雨」をしのぐことができます。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
ソト(SOTO)
¥5,230 (2022/05/19 07:39:21時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプカテゴリの最新記事