アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

春キャンプにはストーブもお忘れなく!ソロ・ファミリー別のストーブを紹介

春キャンプにはストーブもお忘れなく!ソロ・ファミリー別のストーブを紹介
春になったらキャンプをする予定だ、というかたは多いことでしょう。今回は、春キャンプにおすすめのストーブを特集します。春のキャンプ場の気候はどんな感じなのか、注意点などについても紹介します。

春のキャンプはまだ寒い?

春キャンプ ストーブ

花冷えといった言葉があるように、春とはいっても、朝晩は急激に冷え込むことがあるのが春キャンプの特徴です。

春キャンプのシーズンはいつから?

春キャンプは3月下旬〜5月上旬くらいまでがシーズン。日中はポカポカと暖かく過ごせる日もあれば、風が強く寒いと感じる日もあるように、寒暖差の激しい季節。

冬キャンプの場合は、暖房アイテムなどを充実させて臨まれると思いますが、春キャンプはついつい油断しがちです。

真冬のキャンプほどの寒さではないものの、行く場所によっては春キャンプでも氷点下になることがあります。春キャンプといえども冬キャンプなみの装備が必要です。

春キャンプは焚き火だけでは寒いことも

焚き火があれば暖は取れますが、夜通し焚き火するわけにもいきません。薪ストーブや石油ストーブも同じです。

暖かい状態でぐっすりと眠るための寝袋やインシュレーション(断熱材)を用意して春キャンプに臨みましょう。また、服装なども冬キャンプ並みのダウンジャケットなどがあると暖かいでしょう。

 

キャンプ用のストーブにはどんなタイプがある?

キャンプ用のストーブにはおもに

  • 石油ストーブ
  • ガスストーブ
  • ウッドストーブ
  • 薪ストーブ
  • 電気ストーブ

の5つのタイプがあります。以下で項目別に紹介します。

キャンプ用ストーブ①石油ストーブ

石油ストーブは、さまざまなストーブのなかでもっとも扱いやすい暖房アイテム。

燃料代もガスストーブにくらべて安価で、火力が比較的強いという特徴があります。また、電源のいらないタイプがほとんどのため持ち運びにも便利。

ただし、テント内で使用する際は、一酸化炭素中毒に注意する必要があります。一酸化炭素チェッカーとセットにして使用するようにしましょう。

キャンプ用ストーブ②ガスストーブ

キャンプ用のガスストーブは、カセットボンベを装着して使用するタイプがほとんどです。とくに春キャンプにおすすめの暖房アイテム。

軽くてコンパクトなため持ち運びにも便利です。また、カセットボンベはコンビニなどで販売しているので、キャンプ場の近くで調達ができます。

ガスストーブの場合も、一酸化炭素中毒に注意してください。

キャンプ用ストーブ③ウッドストーブ

ウッドストーブとは、焚き火台のような構造をしたストーブのこと。ソロストーブやファイヤーボックスなどがウッドストーブです。調理や暖房アイテムとしても使用できます。

ウッドストーブの特徴として、その辺に落ちている枝が燃料になるので、とても経済的です。ただし、煙が出るのでテント内のような密閉空間では使用できません。

キャンプ用ストーブのタイプ④薪ストーブ

薪ストーブの特徴は、ほかのストーブとは比較にならないくらい暖かいという点です。また、煙突から排煙されるため、一酸化炭素中毒の心配も少なくなります。

最近はキャンプ用の薪ストーブも種類が豊富で、煙突穴のついた薪ストーブ専用のテントがたくさん発売されています。

キャンプ用ストーブのタイプ⑤電気ストーブ

電源サイトを使用する場合や、ポータブル電源をお持ちのかたは、電気ストーブもおすすめです。

最近の電気ストーブの主流はカーボンヒーターで、炭素繊維に電気を流して発熱するメカニズムになっています。

カーボンヒーターは、消費電力が少ないうえに赤外線放射量が多く、コストパフォーマンスが良いといわれています。また、一酸化炭素中毒の心配がないという特徴があります。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
newアルパカストーブコンパクト
¥36,190 (2022/05/19 14:12:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥13,100 (2022/05/18 18:17:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
solo stove ソロストーブ
¥13,200 (2022/05/18 18:17:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

キャンプ道具カテゴリの最新記事