アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

冬のデイキャンプに最適なテントはこれ!選び方のポイントやおすすめのテントを紹介

冬のデイキャンプに最適なテントはこれ!選び方のポイントやおすすめのテントを紹介
冬のデイキャンプでゆっくり自然を満喫しませんか?冬場のデイキャンプを満喫するためには寒さ対策がポイント。テントで防寒することで、ピクニック気分でキャンプを楽しめます。今回はそんな冬でも快適に使えるテントの選び方や商品を紹介します。

冬のデイキャンプにテントはいらない?

デイキャンプ 冬 テント

冬のデイキャンプではテントが防寒アイテム

デイキャンプなので、荷物はできるだけ少なくしたいところですが、冬のデイキャンプはテントがある方が快適に楽しむことができます。

焚き火やバーベキューをしながら暖を取る方法もあるのですが、1日中外で風にあたっていると体は冷えてきてしまいます。

テントを張るメリットとしては、風が当たらないのでテント内で暖かく過ごせることです。冬ならではのあったかメニューや、温まれるアイテムを持ち込んで自然の中で過ごすひと時は格別ですよ。

冬にタープテントは不向き

タープは主に夏場の日除けとして使われることが多く、風を防ぐこともできないのでデイキャンプには向きません。

冬場でも泊りキャンプの時に、雨よけや結露予防としてテントと一緒に使用することはありますが、日帰りのデイキャンプには四方に壁があるテントがおすすめです。

 

冬のデイキャンプに最適なテントとは?

デイキャンプ 冬 テント

素材や形状

素材

冬場のテントに適した素材は、コットンやポリコットンと呼ばれる素材です。コットンやポリコットン素材のメリットは、保温性が高く、通気性があるので結露が少ないことが挙げられます。

また、季節問わず使用でき、丈夫で寿命が長いのが特徴です。

形状

テントの形状としては、スカートがあるものがおすすめです。スカートとは、テントの下から入る冷気の侵入を防ぐカーテンのようなものです。

テント内の保温性も高くなるので、スカートがあると快適に過ごすことができます。

サイズ感

冬キャンプでは、テント内に防寒アイテムを持ち込むことが多いので、適度な広さが必要です。とはいえ、広すぎるとテント内が温まりにくくなるので、人数を考慮して適切なサイズを選びましょう。

ベンチレーションができるか

ベンチレーションとは、換気のこと。外気温と温度差ができやすい冬場は、結露が付きやすくなります。それを予防するためにも、ベンチレーションできるテントがポイントになります。

また、テント内や入口付近でストーブなどの火気を使用する際も換気は必須です。

上下に通気口があるタイプもありますが、下部だけに通気口があるタイプの場合は、定期的な換気を心がけましょう。

おすすめはワンポールタイプ

デイキャンプは日帰りなので、簡単で短時間に設営できるワンポールタイプのテントがおすすめです。テント内の開放感もあり、テントらしい見た目もよく最近ではSNS映えするテントとして人気のタイプです。

ポリコットン素材のワンポールテントはどの季節にも使用できます。

キャンプ道具カテゴリの最新記事