ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【大内龍成】ブラインドスケーター大内龍成が目指すもの〜スケートボーダー取材記Part1

【大内龍成】ブラインドスケーター大内龍成が目指すもの〜スケートボーダー取材記Part1
ブラインドスケーターいう言葉をご存知ですか?視力の95%を失いながらも懸命にスケートボードに向き合い、シーンの底上げと認知度の向上に尽力している大内龍成さん。今回の取材では病気の宣告からブラインドスケーターになるまでのお話を伺いました。
 

小学1年で判明した進行性の難病「網膜色素変性症」

ブラインドスケーター・大内龍成

ーまずはインタビューに際した自己紹介からお願いいたします。

大内龍成。年齢は21歳でスケート歴は7年。あん摩マッサージ指圧師と鍼灸師の資格取得のために福島から埼玉に出てきて、今は学生をしています。

小学校1年生の頃に進行性の目の病気「網膜色素変性症」を申告されて、その後、高校生の頃に急激に症状が進行したことで白杖(視覚障害者が日常生活で使う杖)を使わざるを得なくなってしまいました。

スケートボードは14歳の頃に始めたので、わずか3~4年で強制的にブラインドスケーターとしての活動を余儀なくされてしまったんです。

ーでは大内さんが抱えている進行性の目の病気「網膜色素変性症」がどんなものなのかというところから聞かせていただけますか?

視野がどんどん無くなっていくのが特徴で、実際に自分も今まで見えていたところが、どんどん見えなくなっていきました。その視野の無くなり方も人それぞれで、例えば真ん中だけ視野が残っていて外側からどんどん見えなくなっていく人もいれば、逆に真ん中から視野がどんどん無くなっていく人もいる。

あとは自分のようにランダムに無くなっていく人もいます。例えるなら逆パズルのような感じでしょうか。

ただ視野の喪失が外側で、真ん中が見えるならまだ動けると思うんです。でも自分はそうではないから、病気が進行すると白杖を使わないと歩けなくなってしまいます。今は視力の95%を失ってしまったんですが、例え5%見えていたとしても、まとまって見えているわけではなく、散らばっているので実生活では全く使えません。

言葉で表現するのが難しいんですけど、ビリビリに引き裂かれたカーテンの隙間から外を見る感じといえばわかりやすいでしょうか!? そしてその破れた箇所はどんどん塞がっていき、見えないところが増えて隙間がどんどん小さくなっていくんです。

ー国からも難病指定されていますが、いまだに治療方法はないのでしょうか?

はい。ずっと研究は続けているようですが、進行を抑えることはできても劇的な回復はできないらしいです。しかもそれも認可されていない治療法なので、まだまだ先は長いですね。もし治るんだとしたら、自分は死ぬほどスケートボードがしたいですよ。

一応今もできてますけど、パーク全体を舐め回すようなラインを組んだり、街をクルーズしてストリートで遊んでみたいです。

特別なことは何も求めてなくて、単純に昔やってたことをやりたいんですよね。新しいことを始めるよりも元の生活を取り戻せるだけで十分なんです。

 

「自分には時間がない」

ブラインドスケーター・大内龍成

ースケートボードに出会ったのは病気の宣告からかなり経った頃でしたよね。始めるにあたって病気の影響はなかったのでしょうか?

もちろん気になりましたよ。この病気は紫外線を浴びることで進行してしまうので、両親はそれが原因で最初は反対していましたし、自分も不安はありました。でもそれ以上に「やるなら今しかない! 」って思ったんです。

スケートボードを始めた14歳当時ってまだ目は見えていたんですけど、どんどん進行していて、もう免許取得は難しいだろうと言われていたんです。だからこれ以上進行してから始めるのはリスクがより大きくなるので、悩む時間すらもったいないと思って始めました。

「俺には時間がないんだ!」って当時はがむしゃらに練習しました。他の人が2~3日かけて行う練習量を自分は1日でこなさなきゃいけない。そうしないと絶対に這い上がれない。「やるなら本気でやってやる! 目の見えるうちに行けるところまでいってみたい!! 」って本気で思ってたんです。だから極力紫外線を浴びないように帽子とサングラスをつけながら必死で滑ってました。

ー病気のことがあったのにのめり込んでいったスケートボードですが、どんな出会いだったんですか? 何かを始めるにしても紫外線の影響を受けない屋内競技などの選択肢はなかったのでしょうか。

特別なことは何もないですよ。始めたきっかけは、たまたま友達が持っていて、乗ってみろっていうから借りて滑ったら、その日のうちにプッシュができるようになったんです。それがものすごく気持ちよくて楽しくて、「スケボーっていいな! これなら本気で始めよう!! 」という感じですかね。

始めるきっかけの段階ですでに乗っていたので、その友達には本当に感謝してます。なので他の競技とかスポーツの選択肢はなかったのかという以前に、そもそも考えたことすらなかったんですよ。

ーただご両親はそれでも反対していたんですよね!?

はい。紫外線を浴びて病気が進行してしまうのを懸念して、スケートボードは買ってくれませんでした。でも自分はやりたくて仕方なかったんです。だから当時は友達のものを借りて、シェアしながら滑りつつ、仲間の使ってないパーツを譲ってもらって、内緒で自分のコンプリート(滑走できる状態に組み上がったボード)を組んでたんですよ。

ある時、両親にそれがバレてしまったんです。その時に「そこまでしたいんだったらわかった。でも目のことはわかってるんだろ!?」と強く言われたんですけど、自分は「もちろんわかってる。でもどうしてもやりたいんだ!!」と主張しました。そんなことでスケートボードはやめられません。そこでようやく買ってもらえたんです。

だから買ってもらったその日はすぐ友達に連絡して、めちゃくちゃ乗り回しましたね。さらにどっぷりハマっていったんです。

girlっていうブランドのデッキ(ボード)だったんですけど、女性用トイレのマークのようなブランドロゴなので、それを見せて、これ俺の彼女なんだぜと言ってたくらい大切にしていました(笑)。

それくらい当時からスケートボードがとにかく好きだったんですよ。

ページ: 1 2
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事