ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

登山でドローンを飛ばしてみたい!法規制やおすすめ商品について徹底解説

登山でドローンを飛ばしてみたい!法規制やおすすめ商品について徹底解説

経済産業省の後押しによる宅配の実証実験など状況が大きく変わりつつあるドローン。登山のときにドローンで広大な風景を撮影してみたいと思ったかたも多いのではないでしょうか?今回は山でドローンを飛ばす際の法規制や選びかたなどについて徹底解説します。

登山でドローン撮影する魅力について

登山でドローン撮影する魅力①上空から山を俯瞰的・立体的に撮影することができる

木々に視界が遮られている場所も、空から見たら思いがけない壮大な景観がひろがっていることがあります。

上空から俯瞰的・立体的に撮影できるので、普段は見られないさまざまな発見があり、山に対してさらに興味がわいてくることでしょう。

登山でドローン撮影する魅力②映画のような大迫力の映像が撮影できる

NHKの「グレートトラバース」などでもドローンで撮影された映像が随所に登場します。鳥の目線から稜線や岩峰を間近に大迫力の映像を撮影することが可能。

YouTube動画サイトなどにアップロードしても、視聴者の反応や反響が大きく変わってきます。

登山でドローン撮影する魅力③思った以上にドローン撮影は簡単

素晴らしい映像を撮影するためには技術が必要では?とお思いになることでしょう。

しかし、最近のドローンは、登山者を特定して自動に追尾したり、登山者を中心にして背景の景色を映し出しながらターンしたりと、これまではプロカメラマンでなくては撮影できなかった映像が気軽に撮れるようになっています。

 

ドローンの免許や許可・禁止区域について

登山 ドローン撮影

ドローンを飛ばすには、許可申請や禁止区域などがあって、大変なのでは?とだれもがお思いのことでしょう。ここでは、どうしたら山でドローン撮影がおこなえるのかわかりやすく解説していきます。

ドローンの免許

ドローンを飛ばすための免許のようなものは存在しません。とはいえ、高価なメカを壊してしまってはいけないので、広い場所でしっかり練習してから撮影に備えるようにしましょう。

山で飛ばすための許可申請

山でドローンを飛ばすためには、国土交通省と土地の管理者への許可申請が必要です。

国土交通省への許可申請

国土交通省への許可申請にはDIPS(ドローン情報基盤システム)とFISS(飛行情報共有システム)の2つあります。

山奥の誰もいないような場所でのドローン飛行に許可申請はいらないという意見もありますが、さまざまなトラブルを予防するためにも許可申請しておくことをおすすめします。

DIPS
(ドローン情報基盤システム)       
ドローンを飛ばしてはいけないエリアはたくさんあります。そのエリア内での飛行を許可してもらうのがDIPS(ドローン情報基盤システム)です。DIPSへ申請をすることで、許可が必要な場所や許可が必要な飛行方法でドローンを飛ばすことができます。
FISS
(飛行情報共有システム)      
FISS(飛行情報共有システム)は、航空機の運行に支障をきたさないために最近設けられた許可申請です。指定した日時にどこそこでドローンを飛ばします。許可してくださいね。という申請許可内容になります。

国土交通省

土地の管理者への許可申請

国土交通省への許可申請は事務的な手続きで淡々とおこなえますが、こちらの土地管理者への許可申請は、さまざまな管理者がいるので、臨機応変に許可申請手続きをおこなう必要があります。

山の管理は、おもに林野庁の森林管理署がおこなっています(たまに個人所有のケースもある)。

地域ごとに管理する森林管理署がことなるため、林野庁のホームページで調べて、山を管理する森林管理署でドローン撮影の許可申請をおこないましょう。

直接電話で問い合わせたほうが早く手続きができます。電話口では、国土交通省への許可申請を終えていることや、安全対策も万全であることなどを伝え、スムーズに許可が得られるようにしてください。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
DJI
¥195,960 (2021/07/27 04:21:50時点 Amazon調べ-詳細)

登山カテゴリの最新記事