入っておけばよかった!スポーツ中のケガや事故に対応するスポーツ保険

Greenfield

入っておけばよかった!スポーツ中のケガや事故に対応するスポーツ保険

スポーツをする人向けの保険があります。スポーツ中のケガや、持ち物が壊れた時にお金を払ってもらえる保険です。スポーツ保険は個人で加入するものと、団体で加入するものがあります。中にはスキーやスノボなど、特定のスポーツに限られた保険も。スポーツ保険にはどんなものがあるのか、また、どんな保障があるのかを解説します。

個人向けスポーツ保険

 

スポーツをする人が個人で加入できる保険です。

スポーツ中のアクシデントによりケガをした時や、死亡してしまった、という時のための保険です。

 

死亡・後遺障害

ご自身が死亡、またはケガがもとで障害が残った時に保険金で補償します。

 

入院費用

スポーツをしているときに負ったケガ等により、入院治療した際にかかった費用を補償してくれるものです。

 

手術費用

スポーツをしているときに負ったケガ等により、手術をした際にかかった費用を補償してくれるものです。

 

通院費用

スポーツをしているときに負ったケガ等により、通院する際にかかった費用を補償するものです。

 

賠償責任

他人をケガさせてしまったり、他人のものを壊してしまった時に補償してくれるものです。

スポーツ中に限らず、他人の所有物を壊した時、他人をケガさせてしまった時に適用されます。

 

携行品損害

スポーツ中に持ち物が盗まれたり、壊れた場合、保険金が支払われます。

 

 

 

団体向けスポーツ保険

 

公益財団法人スポーツ安全協会が引受けている保険です。

4人以上の団体で申し込むことができます。

こちらは各都道府県のスポーツ安全協会支部が担当になりますので、地域で申込先が異なります。

また、スポーツ団体以外でも申し込むことができます。

文化的な集まりや、ボランティアなどの集まりでも、4人以上集められれば申し込むことが出来る保険です。

野球やサッカー、バスケットボールなど団体でのスポーツや、空手道場、柔道道場など集団で練習する場合など、4人以上加入希望者がまとめられれば申し込むことができます。

 

 

 

特定のスポーツをする方向けの特定スポーツ保険

 

競技者人口が多い特定スポーツ種目にはそのスポーツのための保険があります。

保険を選ぶ時は、そのスポーツのどの面がリスクが高くて補償が欲しいポイントであるのか整理して見極めてから選びましょう。

 

スキー・スノーボード向け保険

スキー場ではスキーヤーとスノーボーダーが混在しており、それぞれ動きの方向が異なります。

激しいスピードが出ている場合も多く、衝突や転倒により重大な事故が発生する確率は高いです。

人と人との衝突の他に単独での転倒、立木衝突といった事例もあります。

重大な怪我を負ったり負わせたりする確率が比較的高いスポーツで、最悪の場合は命まで落とすリスクがあります。

スキー・スノーボード用保険を選ぶ際にポイントとなるのは、賠償責任の項目です。

万一事故が起きた際に重篤な怪我につながるリスクが高いということで、賠償責任の金額は高いものが安心です。

 

 

マリンスポーツ向け保険

海水浴やサーフィン向けには商品名に「海」や「マリンスポーツ」とついた保険があります。

これらの保険を選ぶポイントは、賠償責任と携行品です。

サーフィンは他人をケガさせてしまうリスクが高いスポーツなので、賠償責任の金額が手厚いものを選びたいです。

またサーフボードを紛失したり破損させてしまうことも考えられます。

こうした事態に備える携行品もカバーしていて欲しいところです。

マリンスポーツの中でダイビングと水中での写真撮影を併せて楽しんでおられる方には、ダイバー用の保険があります。

こちらは携行品の補償額が厚めに設定されています。

水中撮影用の機材は高額なので、無くしたり壊れたりすると相当落ち込むだろうと思います。

そんな時保険でカバーしてもらえると本当にありがたいですね。

 

ゴルフ向け保険

ゴルフ用の保険は他の保険と同様の障害補償、賠償責任、携行品補償の他に、ホールインワン・アルバトロス補償が付いているのが特徴です。

日本のゴルフ場はホールインワンやアルバトロスを達成した時に、周囲にお祝いを振る舞う慣例があり、その費用を支払う保険です。

ゴルフ場でのリスク因子としては

「自分の打ったボールが他人に当たる」

「他人の打ったボールが自分に当たる」

「振ったゴルフクラブが他人に当たる」

「他人の振ったゴルフクラブが自分に当たる」

「プレー中の落雷でケガしたり、死亡する」

などがありますが、これらについては死亡・障害補償や賠償責任により保険金が支払われます。

 

登山向け保険

登山向け保険は、ハイキング程度の軽い登山向けと、アイゼンやピッケル、ロープを使用する本格的な登山向けの2種類があります。

山岳での事故で気になるのは遭難捜索時の費用ですが、登山向け保険の特徴は、一般的な障害補償、賠償責任、携行品補償の他に遭難・救援活動費用に対する補償があることです。

 

注意点

様々なスポーツでのアクシデントに対応するスポーツ保険ですが、危険の大きいアクティビティ、例えばスカイダイビング、ハンググライダー、リュージュなどはリスクが高すぎるということで障害補償の対象とならないことは知っておきましょう。

 

 

 

まとめ

自分がケガをする、人がケガをする、持ち物が壊れる、この3つが基本のリスクで、その他に各スポーツ特有のリスクがあります。この基本3プラス1のリスクにどのように備えるか、参考にしていただければ幸いです。

公式アカウント

関連記事