ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

最適なスノボケースが見つかる!おすすめのソールカバーやキャスタータイプもご紹介!

最適なスノボケースが見つかる!おすすめのソールカバーやキャスタータイプもご紹介!
ボードを持ち運ぶ際のマストアイテム、スノーボードケース。最適なスノーボードケースを見つけるために、種類や選び方について解説します。リュックやオールインワン、ニットカバーなどオススメのスノーボードケースも紹介します。

そもそも必要?スノーボードケースの役割とは

スノボ カバー

スノーボードケースを使ったことがない方にとっては、その役割もイメージしにくいはず。ここではスノーボードケースを使用するべき3つのポイントについて解説していきます。

大切なボードを守る

いかに耐衝撃性に優れたボードといえど、剥き出しの状態で傷がつくリスクを抑えることは難しいものです。

「ボードを持ち運んでいる際に、壁やドアにぶつけてソールに傷をつけてしまった」という経験をした方も少なくないはず。

スノーボードケースは、ソールやエッジを覆うものやボード全体をすっぽり収納して持ち運びができるデザインになっているため、万が一ぶつけてしまっても傷に対する耐久性を上げることが可能です。

スノーボードケースに収納すれば、大切なボードも安心して持ち運ぶことができるでしょう。

移動時にボードが接触しても傷がつきにくい

ゲレンデまでの移動手段は電車やバス、自動車など様々ですが、ボードに付いている鋭利なエッジが接触することでボードそのものだけでなく、対象物に切り傷をつけてしまうケースも珍しくありません。

また、車内積みの場合、予期せぬアクシデントでむき出しの板は凶器にもなりかねません。

移動の際はスノーボードケースに収納して持ち運ぶことで「荷物の積み下ろし時に車に傷をつけてしまった」「人にぶつかって傷を負わせてしまった」といった事故も未然に防ぐことができるでしょう。

オフシーズンの保管中に劣化を防ぐ

1年のうち、ほどんどの期間がオフシーズンとなるスノーボード。剥き出し状態でのボード保管は、劣化を進める要因になりかねません。

例えば、ホコリが付着することで湿気を含んでエッジが錆びてしまったり、紫外線の影響によりデッキが色褪せソールが酸化してしまうことも。

ホコリや紫外線からボードを守り、劣化を防ぐこともスノーボードケースが持つ役割の一つです。

 

種類やタイプ別に見るスノーボードケースの選び方!

スノボ カバー

移動手段や目的が違えば、最適なスノーボードケースも変わってきます。

そこで、ここからは種類やタイプごとの特徴と、実際にどんな場面で使いやすいのかを詳しく解説していきます。

カバー?ケース?種類ごとの特徴

コンパクトで車移動にぴったりのソールカバー

エッジとソールにぴったりフィットする設計になっており、余分なスペースを必要としないため車移動でゲレンデへ向かう際にはソールカバーがおすすめです。

ボード以外のアイテムは別途収納が必要ですが、接触時に傷がつくリスクは十分抑えてくれるでしょう。ボード保管時にかさばらない点も魅力的なポイントです。

ブーツや小物も収納可能なハードケース

ボード以外のアイテムを一緒に収納できるハードケースは、公共交通機関で移動するという方におすすめです。

収納力に優れているため、余分な手荷物を減らしてゲレンデまで向かうことができるでしょう。

一方で、収納スペースは大きくなるため、使用していない時の保管場所などを勘案したうえで選ぶことが重要になってきます。

リュック、キャスター・・・持ち方による違い

手軽に持ち運べるハンドタイプ・ショルダータイプ

車からの移動など、持ち運ぶ距離が短い場合におすすめなのがハンドタイプやショルダータイプ。

ボードの積み下ろしもしやすいので、荷物の量を調整すれば女性や子供も気軽に使うことができるでしょう。

リュックにして背負える3WAYタイプなら長距離移動も快適

荷物が重かったり、持ち運ぶ距離が長い場合は3WAYタイプがおすすめ。リュックとして背負えば重さを分散して両手をフリーで使えるので、雪道の移動も安心です。

状況に応じ、ハンドタイプやショルダータイプにして使い分けることも可能ですよ。

飛行機移動や長期旅行におすすめのキャスタータイプ

ハードケースにキャスターを付けることで、大容量の荷物もスムーズに運べるスノーボードケースです。

価格は高い傾向にありますが、滞在期間が長くなる場合はこちらのタイプがおすすめですよ。

ページ: 1 2
   
   

スノーボードカテゴリの最新記事