アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

おしゃれな服装でロードバイクに乗ろう!機能的でカジュアルな服装コーデを解説

おしゃれな服装でロードバイクに乗ろう!機能的でカジュアルな服装コーデを解説
通勤や通学、そして街乗りにロードバイクをつかっている人のなかには、服装がいまいちマッチしないとか、どんな服を着て良いのかわからないという人も多いのでは?そんな人に、おすすめのコーディネイトのポイントやブランドをご紹介します。

通勤・通学のロードバイク服装ポイント

ロードバイク 服装

通勤や通学などでロードバイクに乗る場合、サイクルジャージなど、本気でライドするような格好では浮いてしまいますよね。

ロードバイクに乗るときは、少しカジュアルめの服装でも、次にあげるポイントさえおさえれば快適に、そしておしゃれに乗れますよ。

通勤・通学のロードバイク服装①伸縮性

ロードバイクに乗るときは、伸縮性のある素材がおすすめです。ロードバイクは、前傾姿勢になるので、足だけでなく、腕や肩などもある程度伸縮性のあるものでないと窮屈なので、素材選びを慎重にしましょう。

通勤・通学のロードバイク服装②裾が細身のタイプ

ロードバイクは変速ギアが多く、裾が広めのズボンやスカートだと乗っているときにギアやチェーンに巻き込まれやすいので、女性もズボンが最適です。

また、ズボンの裾は絞ってあるタイプがいいでしょう。裾が絞ったタイプのズボンがない場合は、裾を止める裾バンドなどを使えば汚れ対策もできて便利です。

通勤・通学のロードバイク服装③背中が見えない服

前傾姿勢で乗るロードバイクは、トップの丈が短めだと背中が見えてしまうことも。それを避けるには、少し長めのタイプか、インナーなどを利用してもいいでしょう。

通勤・通学のロードバイク服装④インナーは吸汗速乾素材にする

肌に一番近いインナーには、吸汗速乾素材のものがおすすめです。ライド中に汗をかいてすぐに乾かないと不快ですよね。

また、冬の場合、防寒も大切ですが乗っていると暑くなるので、少し肌寒いぐらいに体温を調節できる服装が最適です。

 

通勤・通学でも浮かないコーディネイトとは

ロードバイク 服装

通勤・通学に最適なコーディネイトをいくつかご紹介します。

通勤・通学コーディネイト①インナー+シャツ+サイクルパンツ

インナーやTシャツは、吸汗速乾タイプを着れば、汗でベタつくこともありません。その上には、伸縮性のあるシャツやジャケット、そしてひざが動かしやすいサイクルパンツやジョガーパンツなどがおすすめ。

サイクルパンツは、ぱっと見は普通のズボンですが裾が絞ってあり、伸縮性にも富んでいるので、ペダリングを邪魔しませんよ。

通勤・通学コーディネイト②Tシャツ+スーツジャケット+インナーパンツ+パンツ

①と似ていますが、サイクルパンツの代わりに、パッドつきのインナーパンツをはくことで、おしりの痛みがなく、快適に走れます。インナーパンツの上には、裾バンドを使えば普通のチノパンでもOKです。

通勤・通学コーディネイト③サイクルスーツ

サイクルスーツは動きやすい素材でできていて、ロードバイクにもラクに乗れるように作られているスーツのこと。伸縮性がありムレにくいなどのほか、メーカーによっては、防シワ加工や丸洗いOKというタイプもあります。

距離にもよりますが、基本的には、こういったコーディネイトなら、街中で買い物や、食事でも浮かないですよ。

ページ: 1 2
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事