小学生になったらスキーデビュー♪に迷ってるお父さんお母さん♪冬ならではのアウトドアスポーツを家族みんなで楽しみませんか!?

水難事故に遭ったとき、どうする?覚えておきたい「ういてまて」

水難事故に遭ったとき、どうする?覚えておきたい「ういてまて」
毎年夏になると多発する、海や川での水難事故。自分は大丈夫だと思っていても、相手は水という自然です。ちょっとしたことでも生死にかかわるため、誰にでも危険がつきもの。そこで今回は、水難事故に遭ったときに命を守る対処法をご紹介します。

2020年夏、海での水難事故の状況

水難事故 対処法

夏になると、海や山、湖、川などに出かけたくなりますよね。そのように水辺には、涼を求めて多くの人が訪れます。

コロナ禍による自粛と閉鎖された海水浴場が多い今年でも、各地はそれなりに賑わいを見せているようです。

そこで遭遇してしまう可能性があるのが、水難事故。なかでも代表的な水難事故といえば、海水浴場で溺れてしまうことです。

今年は多くの海水浴場が閉鎖されていますが、第3管区海上保安本部(横浜)管内の海では、2020年8月に入りすでに11名もの死亡者や行方不明者が出ています。

つい先日も、75歳の男性が溺れて意識不明の重体になる事故がありました。

また、今年はマリンレジャーに伴う事故も多発しています。飲酒状態でのシュノーケリングによる事故や、ウィンドサーフィン、SUPなどでの事故も。

さらに、釣りの最中に防波堤や岩場などから海中へ転落してしまう事故は、毎年頻繁に発生しています。

このように、夏は普段海に行き慣れていない人で賑わうこともあり、水難事故が頻発してしまうのです。

 

水難事故の対処法「ういてまて」とは?

水難事故 対処法

それでは、万が一溺れてしまったときは、どうすれば命を守れるのでしょうか?

効果的な対処法として、今もっとも注目を集めているのが「ういてまて」です。

「ういてまて」とは、その言葉通り身体を水面上に浮かせて、救助されるのを待つというもの。人間の体は息を吸っていると体の98%が水中に沈み、2%が水の上に出るといわれています。

垂直の体勢では水の上に出る2%が頭頂部になってしまうので、呼吸することはできません。さらに、この状態で息を吐いてしまうと、体は完全に水没してまいます。

しかし、仰向けで背中で浮いている状態になれば、水面上に出る2%の部分に鼻や口が含まれるのです。ギリギリですが、この状態なら呼吸が続けられます。

この仰向けで背中で浮いている状態のことを“背浮き”と呼び、これが「ういてまつ」ための体勢になります。

水難事故の際に「ういてまて」の方法

水難事故 対処法

これは、水難学会会長である斎藤秀俊・長岡技術科学大教授が、運動靴が水に浮くほど軽い素材を使っていることにヒントを得て、2000年に提唱した方法です。

それでは、背浮きの方法について詳しく説明していきましょう。

  1. 大きく息を吸い、肺に空気を溜める。
  2. あごは呼吸しやすいように上げて、上を見るようにする。
  3. 手は水面より下にし、ペットボトルやカバンがあれば、胸に抱える。
  4. なければ手は大の字に広げ、背筋は曲げずに伸ばす。
  5. 軽い靴には浮力があるので、靴は履いたままで。着用している衣服にも脇の下などに空気があることもあるので、脱がない。

このように、もし水難事故の当事者となった場合、「助けて!」と手を上げてしまうと体全体が水中に沈んでしまいます。

つまり、水に流されているときはむやみに声を出さずに背浮きの体勢になって長時間呼吸を確保し、待つこと=「ういてまて」を行うのが有効な対処法といえるでしょう。

ページ: 1 2
   
   

安全・危機対策カテゴリの最新記事