アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

脂肪燃焼の効率UP!運動前に取り入れたいMCTオイルの魅力を解説

脂肪燃焼の効率UP!運動前に取り入れたいMCTオイルの魅力を解説
MCTオイルは、健康維持や脂肪燃焼に効果があるともいわれ、健康志向の高い人から、注目を集めているオイルです。今回はMCTオイルを運動前に取り入れることで得られるメリットや摂取方法、正しい選び方についてご紹介します。

MCTオイル(中鎖脂肪酸)の効果

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

今話題の「MCTオイル(中鎖脂肪酸)」をご存知ですか?mctオイルとは、中鎖脂肪酸と言われる油に分類される、ヤシ科の植物の種子から抽出した天然オイルです。

一番の特徴はキャノーラオイルやオリーブオイルなどの長鎖脂肪酸に分類される油に比べて、消化吸収が早いこと。エネルギーになるスピードが早いことから、ダイエットはもちろん、疲労回復や、持久力UPの効果も期待できるといわれています。

さらに、栄養補給や生活習慣病予防など、健康維持にも役立つオイルとして、アスリートの方をはじめ、健康志向の高い方からも注目を集めています。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸)とココナッツオイルの違いは?

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

MCTオイルをネットなどで検索すると、同時にココナッツオイルがヒットすることがあります。そのため、違いがわからず、混同してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

MCTオイルとココナッツオイル の大きな違いはズバリ中鎖脂肪酸の量です。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸の含有量が約60%なのに対して、mctオイルは中鎖脂肪酸100%!そのため、ココナッツオイルに比べ消化吸収が早く、より脂肪燃焼の効果が期待できるのです。

香りや味に関しては、独特な甘い香りがあるココナッツオイルに比べて、mctオイルの香りは少なく、無味無臭のものも多いです。

ココナッツオイルはパンに塗ったりコーヒーに入れたりと香りを楽しめるのに対し、mctオイルは普段食べている料理にに加えても、抵抗なく摂取できるのが特徴といえるでしょう。

ページ: 1 2 3
   
   

健康促進、医療カテゴリの最新記事