ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

脂肪燃焼の効率UP!運動前に取り入れたいMCTオイルの魅力を解説

脂肪燃焼の効率UP!運動前に取り入れたいMCTオイルの魅力を解説
   
MCTオイルは、健康維持や脂肪燃焼に効果があるともいわれ、健康志向の高い人から、注目を集めているオイルです。今回はMCTオイルを運動前に取り入れることで得られるメリットや摂取方法、正しい選び方についてご紹介します。
   

MCTオイル(中鎖脂肪酸)の効果

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

今話題の「MCTオイル(中鎖脂肪酸)」をご存知ですか?mctオイルとは、中鎖脂肪酸と言われる油に分類される、ヤシ科の植物の種子から抽出した天然オイルです。

一番の特徴はキャノーラオイルやオリーブオイルなどの長鎖脂肪酸に分類される油に比べて、消化吸収が早いこと。エネルギーになるスピードが早いことから、ダイエットはもちろん、疲労回復や、持久力UPの効果も期待できるといわれています。

さらに、栄養補給や生活習慣病予防など、健康維持にも役立つオイルとして、アスリートの方をはじめ、健康志向の高い方からも注目を集めています。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸)とココナッツオイルの違いは?

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

MCTオイルをネットなどで検索すると、同時にココナッツオイルがヒットすることがあります。そのため、違いがわからず、混同してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

MCTオイルとココナッツオイル の大きな違いはズバリ中鎖脂肪酸の量です。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸の含有量が約60%なのに対して、mctオイルは中鎖脂肪酸100%!そのため、ココナッツオイルに比べ消化吸収が早く、より脂肪燃焼の効果が期待できるのです。

香りや味に関しては、独特な甘い香りがあるココナッツオイルに比べて、mctオイルの香りは少なく、無味無臭のものも多いです。

ココナッツオイルはパンに塗ったりコーヒーに入れたりと香りを楽しめるのに対し、mctオイルは普段食べている料理にに加えても、抵抗なく摂取できるのが特徴といえるでしょう。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸)で脂肪燃焼効果を高める

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

MCTオイルは消化吸収が早いことから、運動前に摂取すると効率よくエネルギー源にすることができるといわれています。

一般的に人の体は糖質をエネルギーとして活動していますが、その糖質がなくなると筋肉を分解してエネルギーにしようとします。

しかし、MCTオイルを運動前に摂取すると、糖質ではなく脂質であるmctオイルをエネルギーにします。これは、mctオイルをエネルギーにすることで、「ケトン体回路」と言われる脂肪を燃焼して、エネルギーを生み出す回路が働くからです。

エネルギーが不足した時に、筋肉ではなく脂肪をエネルギー源とすることで、筋肉を落とすことなく脂肪を落とすことができ、効率の良い脂肪燃焼へと繋げることができるのです。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸)の使い方

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

MCTオイルをより効果的に摂取するために、注意しておくべきことはあるのでしょうか?ここでは、日々の生活に取り入れる時のポイントをご紹介していきます。

①摂取量に注意!

脂肪燃焼に繋がるmctオイルですが、「油であること」を忘れないようにしましょう。

過剰摂取をしてしまうと、体重や体脂肪が増えてしまったという結果になりかねません。

ダイエットを目的に摂取する場合には、「1日スプーン1杯」が目安になります。運動前にもスプーン1杯程度を摂取し、効率よく脂肪を落としましょう。

②調理油としては使用NG!

揚げ油や炒め物に使用したいと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、mctオイルは、一般的な食用油に比べて煙が出やすく、さらに泡が発生して引火してしまう恐れがあるため、調理油として使うのは危険です。

摂取する際は、火元に十分注意して下さい。

③おすすめ摂取方法は?

MCTオイルは、クセのないサラサラとしたオイルであるため、「まぜる・かける」という摂取方法が適しています。

例えば

  • コーヒーに混ぜる
  • スープに混ぜる
  • スムージーに加える
  • サラダにかける

など、ドリンクやスープに混ぜる方法や、ドレッシングなどに混ぜてサラダにかける方法がおすすめです。

そのほかにも、納豆に混ぜたりお豆腐にかけたりと、できるだけヘルシーなものと一緒に摂取することで、より健康的な体を作ることができるでしょう。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸)の選び方

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

どのような種類のMCTオイルを購入すべきか悩む方もいらっしゃるかもしれません。ここではMCTオイルを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介しましょう。

中鎖脂肪酸100%であること

MCTオイルを選ぶときに注目して欲しいのが「中鎖脂肪酸100%」であることです。mctオイルと言っても、中には消化吸収の遅い長鎖脂肪酸が含まれていることがあります。

特に運動前に摂取して、素早くエネルギーに変えたい場合には、中鎖脂肪酸100%であることに着目して選びましょう。

ココナッツオイル由来であること

mctオイルは、ヤシ科の植物の種子から抽出されるオイルです。そのため、さまざまなヤシ科の植物の商品が店頭に並んでいますが、ココナッツオイル由来のものを選ぶようにしましょう。

ココナッツオイルは、熱に強く酸化もしづらい性質を持っているため、製造過程においても化学溶剤を使用していないことがほとんどです。

純粋なMCTオイルを選ぶのであれば、ココナッツオイル由来の化学溶剤を使用していないオイルを選ぶと良いでしょう。

MCTオイルはタイプもさまざま

mctオイルは、液体タイプのオイルだけでなく、パウダータイプやサプリタイプ、手軽なゼリータイプなど、さまざまな種類のアイテムが取り揃っています。

ランニングなどの運動前には、気軽に摂れるサプリタイプやゼリータイプのもの、日々の食事や生活に取り入れたい人は、ドリンクや汁物には溶けやすいパウダータイプを利用すると良いでしょう。

生活に取り入れやすくなるように、使用シーンにあわせたアイテムをカスタマイズしてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめのMCTオイル

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

MCTオイルの選び方がわかったところで、ここからはおすすめのMCTオイルをご紹介していきましょう。

■CoCo(ココ)MCTオイル

CoCo(ココ)MCTオイル

一番におすすめしたいのが、ココナッツのみを原料とした「CoCo(ココ)MCTオイル 」。

化学溶剤や添加物を一切使用せず安全性にこだわった商品で、安心して摂取できるのが一番の魅力です。

無味無臭のクセがない味わいが特徴で、mctオイル初心者の方でも抵抗なく取り入れることができるでしょう。

お味噌汁やサラダ、ご飯を炊く時など、日々の食事と一緒に摂取して、MCTオイルライフを楽しんでみください。

■LOHAStyle MCTオイル ピュアオイル

LOHAStyle MCTオイル ピュアオイル

「LOHAStyle MCTオイル ピュアオイル」は、ココナッツとアブラヤシから抽出したmctオイルです。







仙台勝山館 MCTオイル 360g ココナッツ 由来 【送料無料】 | 専門店の 安心 高品質 ダイエット バターコーヒー グラスフェッドバター 痩せる コーヒー 中鎖脂肪酸 mtc mtcオイル 認知症予防 ケトン体 オオバコ ココナッツオイル プロテイン

オーガニックカテゴリの最新記事