ノルウェーのトップアスリートがプロデュースする北欧で大ヒット中のウールブランド「Ulvang ウルバン」のRAVセーター

ロードバイクであってロードバイクでない?スポーツバイクのルック車とは?

ロードバイクであってロードバイクでない?スポーツバイクのルック車とは?
   
ロードバイクは高価な自転車ですが、通販などでは驚くほど安いものを見かけますよね。しかしそれらに飛びつくのは要注意。一部はルック車と呼ばれる商品で、ロードバイクとは言えないことも。今回はロードバイク選びで注意したいルック車について解説します。
   

ロードバイクのルック車とはどんな自転車?

ロードバイク ルック車

 

ロードバイクを始めようとしたとき、一番おどろくのがその価格でしょう。

しかし調べてみると、数万円で購入できるロードバイクもたくさん見つかりますよね。

でもそれらのロードバイクには要注意。

じつは、安いロードバイクは「ルック車」と呼ばれる自転車の可能性があります。

 

自転車メーカー以外が販売する自転車

ルック車とは、明確にそういったジャンルの自転車があるわけではなく、あだ名のようなものです。

基本的な定義は「本格的なロードバイクを手がけていないメーカーが販売しているスポーツ自転車」のことを指しています。

つまりは性能が劣る可能性が高く、本来のロードバイクの使い方には適さない可能性があるのです。

クロスバイクではあまり問題になりませんが、マウンテンバイクでは、マウンテンバイクに見えるのに山道が走れないルック車もあるので注意が必要です。

 

一般的なロードバイクより低価格

ルック車は、そのほとんどがロードバイクメーカーの販売するロードバイクよりも安いです。

ロードバイクメーカーでは最低価格でも8万円程度ですが、ルック車では2万円台のものもあるほど低価格。

もちろん作りや設計、素材など劣ることが多いですが、安いのは何よりの魅力ですよね。

 

 

ロードバイクのルック車の注意点・デメリットとは

ロードバイク ルック車

 

ルック車は、ロードバイク上級者からよく「買うべきではない自転車」として扱われています。

実際筆者も、ロードバイクデビュー前に多くの先輩サイクリストから忠告されました。

安くて見た目もいいのに、その理由は何なのでしょうか?

 

性能が劣ることが多い

ルック車の語源は、「見た目だけのスポーツ自転車」からきているといわれています。

ロードバイクはもともと性能をあげるために今の形になり、性能アップを目的に日々研究されています。

ロードバイクメーカーが作っていないルック車はその目的がなく、見た目をロードバイクに似せているだけな場合が多いです。

つまりロードバイクとしての性能がなく、ロードバイクメーカーが発売する安いモデルにも劣るといわれています。

 

改造の自由度が低い場合も

ルック車は低価格が魅力なので、パーツも独自規格で安いものが使われている場合があります。

つまり、改造するときにパーツが見つからないことも想定しなければいけないのです。

改造することで性能アップさせるのもロードバイクの魅力なので、これは少し注意しなければいけないポイントですよね。

 

耐久性に劣ることも

よく「ルック車は危険」といわれますが、修理に携わった筆者の経験では、ルック車が重大な故障を起こした事例はとくべつ多くはありません。

ただし、やはり安さにこだわっているため、作りが雑だったり、組み立ての不備があるものは少なくありません。

お店で購入する場合は、売り渡す前に最終点検をするので未然に防ぐこともできますが、通販で購入するときには注意が必要ですね。

これらのデメリットが少ないルック車もありますが、メーカー製ロードバイクのエントリーモデルとそう変わらない価格になってしまうので、よく比べてみることが大切です。

 

 

ロードバイクのルック車の活用法

ロードバイク ルック車

 

ルック車には紹介したような注意点はありますが、絶対に買わないべきといえるほどのデメリットはありません。

むしろ低価格というメリットを重視したいなら、活用法も十分にあります。

ルック車を購入しようと思っている方は、これから紹介するような活用法が自分に合っているか考えてみましょう。

 

安くてかっこいい自転車に乗りたい

ルック車はなんといっても安く、見た目も一般的なロードバイクにそん色ありませんよね。

ロングライドやブルべといった過酷な使い方をしないなら、ルック車でも十分その目的は果たせます。

筆者は、オリジナル塗装したいという理由でルック車を購入したお客様の対応をしたこともあります。

 

短距離のサイクリングがしたい

ルック車はメーカー品のロードバイクに比べると性能が劣ることが多いですが、それでもママチャリなどに比べればスピードは出しやすいです。

ただし、長距離のサイクリングとなるとメーカー品のロードバイクのほうが安心なので、短距離のサイクリングを中心に使うならルック車でも十分楽しめるでしょう。

通勤通学といった用途でも、距離が長かったり坂道が多かったりしなければルック車でも十分その性能を発揮できそうですね。

 

デザインが気に入った

じつは安い以外にも、ルック車にはもうひとつ「デザインがいい」というメリットがあります。

通常、ロードバイクはパーツや設計にお金をかけ、デザインで価格を抑えますが、ルック車ではパーツや設計を簡略化した分デザインに予算をかけられます。

カラーリングなどはメーカー品に勝る場合もあるので、短距離のサイクリングや実用用途なら、デザイン重視でルック車を選ぶのもいい選択ではないでしょうか。

 

 

ロードバイクNEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

ルック車であっても、もちろんメンテナンスは重要です。

SWIXバイクケアラインはお手頃価格で扱いやすいので、初心者にもおすすめですよ!

 

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。

低温でも問題なくご利用いただけます。

せっかくデザインのいい自転車を買っても汚れていたら台無しなので、バイクウォッシュで洗車してあげましょう!

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。

自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

チェーンの汚れは慢性的にトラブルの原因になるので、洗浄力が高いSWIXのディグリーザーを用意しておけばメンテナンスも楽になりますね。

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!

オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

こまめに乗るルック車だとメンテナンス頻度も低くなりがちなので、耐久性の高いウェットルーブがおすすめです。

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。

自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

せっかくスポーツタイプの自転車を買ったならスピーディに走りたいという方にも、抵抗が少ないドライタイプのオイルがおすすめですね!

 
 

 

 

まとめ

ロードバイクのルック車はどうしても低い評価を付けられがちですが、安くてデザインがかっこいいというメリットがあります。低価格なので、予算に限りがある学生さんや、あまり性能にこだわらないという方にもおすすめですね。最近はメーカーロードも安くなっているので、よく比較して納得のいく一台を選んでくださいね!


ロードバイクカテゴリの最新記事