半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

ロードバイクの収納術!サイクリングでサドルバッグをパンクさせない収納法

ロードバイクの収納術!サイクリングでサドルバッグをパンクさせない収納法
   
ロードバイクでのサイクリングでは、パンク修理用具や携帯工具などが必要になります。それらはサドルバッグに収納しますが、ぎっちり詰め込んでいる方もいますよね。今回はサイクリングに必要なアイテムを、パンクさせずにキレイに収納する方法を解説します。
   

収納方法その1.収納力抜群のサドルバッグを用意しよう

ロードバイク 収納

 

ロードバイクのサイクリングでは、基本はサドルバッグひとつに荷物をまとめます。

リュックサックなどはポタリングにはおすすめですが、下ハンを握るときにずり下がってくるので、本格的なサイクリングには向きません。

サドルバッグにもいろいろな種類があるので、まずは目的に応じたサドルバッグの選び方を解説します。

 

基本は邪魔にならないサドルバッグ

大容量のサドルバッグも最近は増えてきましたね。

しかしサドルバッグ選びの基本は、サイクリングの邪魔にならないことです。

サドルが回りが重くなるとロードバイクのバランスが崩れ、とくにダンシングするときに制御が難しくなります。

基本はオーストリッチSP-705のように、軽量でコンパクトなサドルバッグがおすすめです。

 

オーストリッチ OSTRICH サドルバッグ SP-705 ブラック

【送料無料】オーストリッチ(OSTRICH) サドルバッグ (SP-705) ブラック

 

取り出しやすい=収納しやすい

荷物をぴったり収納したいなら、入れやすさも重視するべきです。

開け口が小さかったり、装着したときに取り出しにくいものは収納しにくいので、無駄なスペースが生まれて容量が無駄になります。

とくに、サイドが大きく開くトピークSideKick STWはおすすめです。

 

TOPEAK トピーク SideKick STW Wedge Pack サドルバッグ ブラック

TOPEAK(トピーク) サイドキック STW ウエッジ パック 17ツール付属 0.6L ブラック BAG24500

 

距離が長いサイクリングでは大容量を

収納しやすさやサイクリングの邪魔にならないことは重要ですが、なにより必要な荷物が入れられなければ意味がありませんよね。

とくに距離が長いサイクリングや、ブルべなどでは必要な荷物も増えるので、大容量のサドルバッグを選ばなければいけません。

メインのサイクリングでは小型で取り出しやすいものを使用し、長距離用のサブでGORIXのGX-67702のような大容量サドルバッグを用意しておきましょう。

 

GORIXゴリックス 防水 サドルバッグ 大型収納 GX-67702

 







ロードバイクカテゴリの最新記事