半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

ロードバイクこそ必要な泥除け!ロード向けのおすすめ泥除けをご紹介

ロードバイクこそ必要な泥除け!ロード向けのおすすめ泥除けをご紹介
   
雨の日の泥跳ねを防ぐ泥除けは、ママチャリは当たり前に付いていますが、ロードバイクに付ける人は少ないですよね。もちろんロードバイクも泥除けは有効ですが、自分で適したものを選ぶ必要があります。今回はロードバイクにおすすめの泥除けをご紹介します。
   

ロードバイクこそ泥除けが必要!

ロードバイク 泥除け

 

自転車はタイヤの上に人が乗る構造上、どうしても雨の日や雨上がりではタイヤに付いた泥が巻き上げられてしまいます。

背中に一直線の泥汚れが付いた経験がある人もいますよね。

しかしロードバイクでは泥除けをつける人は少なく、標準で装備している人は10人に1人もいないでしょう。

もちろんロードバイクに泥除けは無意味というわけでなく、ロードバイクこそ用意してほしいアイテムでもあります。

 

なぜロードバイクに泥除けを付ける人は少ないのか

ロードバイクでは、購入時に泥除けが標準装備されていることがほとんどないため、そのまま付けないで乗っている方も多いですよね。

もちろんロードバイクにも泥除けを付けることも可能ですが、なぜ装備する人が少ないのでしょうか。

一番の理由は、ロードバイクはタイヤが細く、濡れた路面をそもそも避けるからでしょう。

また、近年は1g単位の軽量化を求められるロードバイクにおいて、我慢すれば付けなくてもいいパーツは付けたくないと思う方が多いのも理由のひとつ。

つまり極限の性能を求めない趣味や、通勤通学など実用のロードバイクでは、泥除けのデメリットは少ないので、付けておいたほうが安心です。

 

長距離を走るロードバイクにこそおすすめ!

ロングライドがおもな楽しみ方になるロードバイクでは、天候や路面状況の予想ができません。

前日までの雨で路面がところどころ濡れていたり、突然の雨に見舞われてしまうことも予想できますよね。

ウェアが濡れるとその後のサイクリングで不快な思いをしながら走ることにもなるので、ロングライドを楽しむなら泥除けの用意をしておいたほうが安心です。

 

 

ロードバイクの通勤・通学用におすすめの据え置き泥除け

ロードバイク 泥除け

 

通勤通学など、実用使いにロードバイクを使っている場合、多少の雨でも乗ることが多くなりますよね。

実用使いメインのロードバイクなら、据え置き式の泥除けもおすすめです。

比較的価格も安いですし、簡単に取り外せないので盗難のリスクも低くなりますね。

 

BRIDGESTONE ロードバイク用リヤフェンダー FD-SPR1

ブリヂストン BRIDGESTONE ロードバイク用リヤフェンダー FD-SPR1

 

ロードバイクも展開していることでおなじみのブリヂストンのリアフェンダーです。

やや短めなのが玉に瑕ですが、角度調整もしっかりできますし、基本的な用途には十分ですね。

 

Zefal SWAN ROAD+CROOZER ROAD

ゼファール Zefal SWAN ROAD+CROOZER ROAD

 







ロードバイクカテゴリの最新記事