アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

ピコグリルのすべてがわかる!キャンプにおすすめのピコグリルもご紹介

ピコグリルのすべてがわかる!キャンプにおすすめのピコグリルもご紹介
今、アウトドアファンやキャンパーたちの間で大人気のピコグリル。軽量でコンパクト、持ち運びに便利なだけでなく、燃焼効率も良いため、キャンプでは欠かせない存在になっています。今回はピコグリルを徹底的に解説します。

ピコグリルについて

キャンプ ピコグリル

 

ピコグリルは、1983年にスイスで創業したSTC(スノートレッカーカンパニー)社の焚き火台です。

ピコグリルの構造はいたってシンプルで、シェルと呼ばれる薪などを燃やす火床板とフレームのみ。組み立ても数分で完了してしまいます。

ピコグリルは、シンプルで丈夫なので、さまざまなアウトドアのシーンで大活躍してくれますよ。

 

 

ピコグリルの5つの特徴とは

キャンプ ピコグリル

 

 

コンパクト

ピコグリルの最大の特徴は、コンパクトで持ち運びにとても便利なところです。

代表的なモデル「ピコグリル398」の重さは約450g、折りたたんだときの大きさは、A4サイズの紙用紙(22×31cm)程度です。

おおよそ倍の大きさがある「ピコグリル760」の場合でも、重さ約750g、折りたたんだときの大きさは、A3サイズ(45×30cm)程度というから驚きです。

特筆すべきは、折りたたんだときの薄さ。専用収納ケースにしまったときの厚みは約1㎝ほどなので、ザックなどに入れてどこにでも持ち運べます。

 

設営が簡単

ピコグリルは、シェルとフレームだけというとてもシンプルな構造をしているので、説明書を見なくても簡単に組み立てることができます。

シェルと呼ばれるステンレス製の火床板を、くの字形に開き、フレームと組み合わせるだけ。わずか数分で組み立て完了です。

 

キャンプ場で販売している薪をそのまま燃やせる

キャンプ ピコグリル

 

キャンプ場で販売されている薪の長さは、約30㎝から40㎝程度が多いです。

ピコグリルなら、多少大きい薪もステンレス製の火床板にどんと置いて、そのまま燃やすことができます。

薪が大きすぎて切ったことがある人ならわかると思いますが、薪を切るのはかなりの重労働。

ピコグリルだったら、薪をノコギリで切る労力が不要です。

 

燃焼効率が良い

シェルと呼ばれるステンレス製の火床板にスリットが入っているため、換気性が良く火がよく燃えます。大きな薪も驚くほどよく燃えてくれますよ。

 

調理がしやすい

フレームがしっかりしているので、上に鍋やケトル、フライパンなどを載せて調理しやすい構造をしています。

市販の網や鉄板を載せると、焼きものやバーベキューなども楽しめますよ。

 

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事