ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ボルダリングのシューズケースは必要か?おすすめ&代用アイデアをご紹介

ボルダリングのシューズケースは必要か?おすすめ&代用アイデアをご紹介
ボルダリングは2020年の東京オリンピックに向け盛り上がりを見せていますが、そんなボルダリングで重要なアイテムのひとつがシューズです。でも専用のものが意外と少ないのがシューズを収容するケース。皆さん、シューズケースはどうしていますか?
 

ボルダリングのシューズケースって必要?

ボルタリング シューズケース

 

ボルダリングをインドアのジムではじめる場合、ほとんどの道具がレンタルですみます。

しかしよりレベルが上がってくるとまず欲しくなるのが専用のシューズです。

シューズはボルダリングを楽しむにあたって最も重要なアイテムであり、ときにはけがから身を守ってくれる存在にもなるため大事に扱いたいもの。

そんな大切なシューズを長く愛用するためにも、やはりシューズケースはあった方がいいといえるでしょう。

 

ボルダリングのシューズケースに求める条件とは?

ボルタリング シューズケース

 

ボルダリングのシューズケースを探すにあたって、重視すべき点はどんなことなのでしょうか?

もちろん個人によって求める内容は違ってくるかもしれませんが、最低限必要な条件をあげてみました。

 

ほかの荷物を汚さない

ジムにロッカーを借りてシューズを預けることが可能な人をのぞけば、多くの人が自宅からジムまでシューズを持ち運ばなければなりません。

シューズは地面を踏みしめるものですので当然汚れています。

また、ボルダリング特有のチョークの粉末も付着するでしょう。

もしシューズをかばんに入れるのであれば、これらの汚れがかばんのなかにこぼれ出ないシューズケースを選ぶ必要があります。

開口部をチャックでしっかりと閉じられるものを選ぶ必要があり素材もすき間の比較的少ないもの、たとえばメッシュ以外などを選ぶようにしましょう。

 

蒸れない

ボルダリングシューズを履くとき、足先の感覚を敏感に捉えるために靴下をはかないという人が多いのではないでしょうか。

レンタルの場合はエチケットとして靴下ははくべきですが、自分のシューズを持ったのならば靴下をはかないというのももちろんありです。

そうなると気になるのが、足がかいた汗。

靴下をはいていなければ汗はそのままシューズにしみこんでいます。

汗のしみたシューズを気密性の高いケースに入れてしまうと蒸れてしまいます。

悪臭を放つ原因となりかねませんし、最悪の場合カビが生えてしまうこともあるかもしれません。

「比較的隙間の少ないもの」とした前項とはむずかしい兼ね合いとなりますが、気密性の低い素材を選ぶようにしましょう。

 

シューズが傷まない

ボルダリングシューズは、靴先で捉えた壁面の状態を足に正確に伝えるという重要な役割も担っています。

このため、可能な限り丁寧に取り扱いたいもの。

足先のゴムがでこぼこになっていたりすれば、壁面の状態を正確に捉えることはできません。

そのためにも、シューズケースは靴が傷まない素材でできたものを選びましょう。

具体的には固い箱状のものではなく、柔らかい布状のものを選ぶとよいでしょう。

 

ページ: 1 2
   
   

クライミングカテゴリの最新記事