『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

生き物が住みやすい環境づくり「ビオトープアドバイザー」の資格とは?

生き物が住みやすい環境づくり「ビオトープアドバイザー」の資格とは?
   
突然ですが、皆さんが通っていた小学校は、小魚が泳ぐ水辺、虫や鳥たちが憩う草むらなどビオトープはありましたか?最近は再び、教育的有効性があるとしてビオトープに注目が集まっているそうです。今回はビオトープアドバイザーという資格をご紹介します。
   

ビオトープアドバイザーとは?

ビオトープアドバイザー 資格

 

まず、ビオトープとはいったいどのようなことなのか説明してから、ビオトープアドバイザーについて紹介していきます。

 


 

事例で学ぶビオトープづくりの心と技 人と自然がともに生きる場所/日本ビオトープ協会/鈴木邦雄【1000円以上送料無料】

 
 

そもそもビオトープとは何なのか

ビオトープという言葉は、ドイツで生まれた概念で、生物が生きる場所という意味を持ちます。

ドイツ連邦自然保護局では、ビオトープの定義について「有機的な結びつきを持つ生物が集まる社会・生息環境」としています。

英語にするとバイオトープ(biotope)となり、語源はギリシャ語のbio(命)とtopos(場所)を組み合わせた言葉で、生物にとって住みやすい環境に変えていくという意味があります。

土木工学的な見地からは、生物の多様性を考えた、住宅地や道路、河川、公園などの整備を目指すときに、ビオトープの概念がしばしば用いられます。

また、小魚や水草などが生息する水辺や、草むらや森を人工的に造り上げて食物連鎖を完結させた小規模公園のことをビオトープと呼ぶこともあります。

 

 

ビオトープアドバイザーの資格について

ビオトープアドバイザーとは、ビオトープ事業の推進にあたるための、環境保全や再生に役立つ実践的な知識、経験を持つ人に与えられる資格です。

ビオトープアドバイザーには、「ビオトープアドバイザー」と「主席ビオトープアドバイザー」の2つがあります。

NPO法人日本ビオトープ協会が資格認定をおこなっており、環境保全や再生に関する基礎講座と3日間のビオトープアドバイザー認定試験研修会、研修会終了後の試験を経て、資格を認定しています。

ビオトープアドバイザーには、事業計画や施工技術、生態系に関する知識や実践的な経験が要求されます。

 

 

ビオトープアドバイザーはどんな活動をしているの?

ビオトープアドバイザー 資格

 

ビオトープアドバイザーの資格保持者は、生態系保全や環境保全にかかわるさまざまな公共事業に総括アドバイザーとして加わり、指導することができます。

具体的には、学校内におけるビオトープ建設のアドバイザーをはじめ、ホタル水路づくりのアドバイザー、環境関連の観察会やウォーキング、夜の昆虫観察会の指導員、里山整備事業のアドバイザーなどをビオトープアドバイザーの資格保持者が務めています。

ほかにも、さまざまな講習会やワークショップを主催して、指導者として自然環境の重要性を伝える取り組みをおこなっています。

 

 

 

 

日本ビオトープ協会のビオトープアドバイザーになるには

ビオトープアドバイザー 資格







資格検定・認定講習カテゴリの最新記事