アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

ロードバイクのおしゃれにも!バーテープの交換方法とおすすめ商品10選

ロードバイクのおしゃれにも!バーテープの交換方法とおすすめ商品10選
   
ロードバイクのハンドルにはバーテープを巻いて、グリップ力を高めて使用します。ロードバイクのパーツで唯一素肌に触れる部分なので感触も大事ですが、デザイン性も重要です。今回はバーテープの種類や選び方から巻き方、おすすめ商品まで徹底解説します。
   

バーテープの選び方

ロードバイク バーテープ

 

通常の自転車ではハンドルにゴムのグリップをかぶせますが、大きく湾曲したドロップハンドルには装備できないため、バーテープで全体を覆っています。

バーテープはロードバイクらしさのひとつでもありますが、ゴム製のグリップよりも耐久性が劣り、定期的に交換する必要があります。

では、バーテープを交換するときは、どういうポイントで選べばいいのでしょうか。

 

素材で選ぼう

バーテープにはさまざまな素材があり、それぞれに特徴があります。

具体的には、

  • EVA
  • コルク
  • ポリウレタン
  • ソフトポリマー
  • シリコン
  • タオル
  • 本皮

などがあります。

それぞれ長一短なので、実際にお店で触って選ぶのが間違いないでしょう。

 

厚さで選ぼう

クッション性はもちろん、握りやすさにも影響するので、バーテープの厚さは非常に重要です。

厚さによる特性は素材によっても違い、たとえばコルクでは厚いと反発で巻きにくいなどデメリットもあります。

厚いバーテープはクッション性に優れ、見た目の存在感もありますが、薄いバーテープのほうがきれいに巻きやすく、クッション性はサイクリンググローブに任せることも多いです。

 

シマノ(SHIMANO) Classic グローブ 春夏用ウェア

【キャッシュレス5%還元対象店】シマノ 男性用ウェア(春夏) CLASSIC グローブ ダークネイビー Sサイズ

 

 

バーテープの巻き方

バーテープはお店で購入すれば、たいていは店員さんに蒔き直しを依頼することができますし、やはり手馴れている方が巻くときれいに仕上がります。

しかし最近は通販でバーテープを買うシーンも多いでしょうし、お店でもセールのときにあらかじめ買うこともありますよね。

自分で巻きなおせば好きなタイミングで巻きなおしできますし、愛情もわきます。

自分でバーテープを巻きなおすときには、必ず意識するべき3つのポイントがあります。

 

バーテープを巻く前にビニールテープを巻いておこう

バーテープはある程度使うと交換しなければいけない消耗品です。

交換するときに一番ネックになるのが、もとのバーテープを剥がす作業で、新しいバーテープをきれいに巻くためには必須の作業です。

この作業を簡略化するための裏技がビニールテープです。

あらかじめビニールテープを巻いておけば、おおまかにバーテープを剥がしたあと、ビニールテープを剥がせば簡単にきれいな状態にできます。

 

テンションをかけながら巻きつけよう

バーテープは両面テープでハンドルバーに貼り付けていきますが、このときに注意するのがただ貼り付けるのではなく、ひっぱりながら巻きつけていくことです。

貼り付けるだけだとごあごあして握り心地が悪くなりますし、仕上がりも悪くなります。

巻き始めから巻き終わりまで、なるべく一定の力でテンションをかけながら巻きつけていきましょう。

 

STIをあらかじめ固定

バーテープは、STI(デュアルコントロールレバー)を固定するような形で巻きつけることになります。

つまりバーテープを巻いたあとにSTIのセッティングはできないので、バーテープを巻く前に必ずSTIをしっかり固定しておかなければいけません。

バーテープを巻くまえにロードバイクにまたいでみて、しっかりポジションを出しておきましょう。

 

 

見た目重視のおすすめバーテープ

ロードバイク バーテープ

 

バーテープはロードバイクのデザインを左右するので、見た目で選ぶ方も非常に多いです。

もちろんバーテープとしての機能が劣っていては意味がないので、使い心地もよく、かつ見た目的にも特徴的なバーテープをピックアップしてご紹介します。

 

TOPCABIN ロードバイクバーテープ PU/シリコーン

レザー調で見た目がよく、かつ滑りにくい素材を使用し、クッション性を実現しています。

 


 

ジオメトリックバーテープ NBT-005

あざらかなグラフィックで、カラーバリエーションが多いバーテープです。

厚手ですが表面を特殊加工してあるので、表記ほどの厚みを感じず、巻きやすいおすすめ商品です。

 

ジオメトリックバーテープ [NBT-005] 左右セット

 

I live 和柄バーテープ WAGARA

布地のような素材でグリップ力があり、そこにさまざまな和柄を印刷したおしゃれなバーテープです。

 

I live(アイリブ) 和柄バーテープ [WAGARA] 2本入り

 

 

巻きやすさ抜群のおすすめバーテープ

ロードバイク バーテープ

 

バーテープを自分で巻くときに気になるのが、そのバーテープがきれいに巻けるのかどうかです。

巻きにくいバーテープだと、失敗して買いなおすと高上がりになってしまいますよね。

そこで、筆者が試したもののなかから、とくに巻きやすかったバーテープをご紹介します。

 

cinelli バーテープ ジェルリボン コルキー

コルク製のバーテープには強度的にテンションを掛けながら巻けないものもありますが、チネリ社のコルクはしっかりと強度があり、かつ柔軟なのでピッタリ仕上げやすいです。

 

cinelli(チネリ) バーテープ ジェルリボン コルキー 607011-000006

【エントリー&楽天カード決済でポイント10倍! 10/23 20:00〜10/29 1:59まで】(cinelli) チネリ BAR TAPE バーテープ Gel Ribbon ジェルリボン コルキー コルク 607011-000006

 

Fizik Tempo マイクロテックス クラシック

ある程度の厚さ(2mm)ながらコシのある作りなのでテンションをかけやすく、伸びが少ないので重なる面が非常にきれいに仕上がります。

 

Fizik(フィジーク) Tempo マイクロテックス クラシック(2mm厚) バーテープ ブラック

 

GORIX  GX-S100-A2

まさに巻きやすさを重視して開発されたバーテープで、初心者にも巻きやすく、かつ強いグリップ力で安心感もあります。

 

GORIX(ゴリックス) ロードバイク バーテープ [グリップ 滑り止め テープ] おしゃれ カスタマイズ GX-S100-A2

【あす楽】GORIX ゴリックス ロードバイク バーテープ (ロゴ) 1.8mm ハイブリッド GX-S100-A2 自転車

 

fabric ナールテープ ブラック

素材自体は標準的なバーテープですが、裏面のノリが剥がしやすいので、ある程度張り直しができるメリットがあります。

 

fabric(ファブリック) バーテープ ナールテープ ブラック FP7716U10OS

 

 

さわり心地の良いおすすめバーテープ

ロードバイク バーテープ

 

ロングライドではとくに長時間握ることになるので、肌触りの悪いバーテープではサイクリングも不愉快になってしまいます。

感触に定評のあるバーテープをピックアップしてご紹介します。

 

Fizik Tempo マイクロテックス ボンドカッシュ

3mm厚で適度なクッション性と、さらっとした肌触りで定評のある定番バーテープです。

 

Fizik(フィジーク) Tempo マイクロテックス ボンドカッシュ ソフト(3mm厚) イエロー

FIZIK フィジーク TEMPO MICROTEX BONDCUSH SOFT テンポ マイクロテックス ボンドカッシュ ソフト 3mm厚 [FALCON BIKE]

 

DEDA SQUALO

しっかりとしたグリップがあり濡れにも強く、レースシーンでも信頼できるバーテープです。

 

DEDA(デダ) バーテープ SQUALO(スクアーロ) 0317500003 Black red デダ(DEDA)

 

OGK KABUTO プロフィットバーテープ コットン

やわらかいコットン素材なので、素手で乗りたい方にもベストです。

 

OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ [コットンタイプ] BT-02 ブラック

 

Lizard Skins DSP2.5 DUAL

究極の握り心地を目指した最高峰とも言えるバーテープです。

 

Lizard Skins(リザードスキンズ) DSP2.5 DUAL バーテープ

LIZARD SKINS(リザードスキンズ)DSP 2.5 DUAL バーテープ

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

バーテープはロードバイクの特徴のひとつで、長時間乗るロングライドでは乗り心地も左右するパーツです。ハンドル全体を覆い存在感もあるので、デザインにもこだわりたいですね。手で触れる部分なので劣化も早く、定期的に交換が必要です。せっかくなら交換のたびにいろいろ試して、遊んでみるのもいいかもしれませんね。

ロードバイクカテゴリの最新記事