アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

【株式会社ムラサキスポーツ】 TOKYO2020出場候補 池田大亮、白井空良登場!東京発、アクションスポーツ体験型フェスTOKYO ムラフェス 2019 supported by 京成電鉄

【株式会社ムラサキスポーツ】 TOKYO2020出場候補 池田大亮、白井空良登場!東京発、アクションスポーツ体験型フェスTOKYO ムラフェス 2019 supported by 京成電鉄
   
株式会社ムラサキスポーツ(所在地:東京都台東区、 代表取締役社長:金山 元一)は、 2019年11月3日(日)にムラサキパーク東京にて「TOKYOムラフェス2019」を開催いたします。
   

TOKYOムラフェス2019

「TOKYOムラフェス2019」とはTOKYO2020をいよいよ来年に控え、 ますます注目を集める競技のスケートボード、 BMXをはじめ、 様々なエンターテイメントコンテンツを無料で楽しめる国内唯一の体験型イベントです。
昨年は台風により開催中止となりましたが、 今年は特別協賛に京成電鉄株式会社を迎え、 さらにパワーアップして開催いたします!
本イベントでは、 アーバンスポーツのデモンストレーションやLIVE&SHOWCASEと題したアーティストや芸人によるライブなど、 多岐に渡るコンテンツを皆様にお楽しみいただけます。
幅広いコンテンツの中でも、 TOKYO2020候補の池田大亮、 白井空良らによるスケートボード、 国内トップライダーの松元謙、 比嘉勝太らによるBMXのデモンストレーションは必見!!大迫力のパフォーマンスを間近でご覧いただけます。

また、 アクションスポーツに興味を持たれた方、 興味はあるが始めるキッカケがなかった方など、 アクションスポーツ未経験の方を対象にした体験スクール「MURASAKI FIRST CHALLENGE」を開催。 今年はスケートボード、 BMX、 ストライダーの3種目で実施いたします。
そして日本最高峰のスケートボードAJSAプロツアー最終戦AJSA JAPAN PRO TOUR SKATEBOARD CHAMPIONSHIP「ムラサキプロ」も同時開催。 デモンストレーションにも登場するスケートボードオリンピック出場選手候補の池田大亮、 白井空良ら日本のトッププロスケートボーダーが全国から集結し、 シーズングランドチャンピオンを決定いたします。

  東京オリンピックの正式種目となりますます注目を浴びているスケートボードとBMX。 アクションスポーツは難しそうに見えるため、 始めるための最初の一歩を躊躇してしまう方が多いと言われておりますが、 そのキッカケ作りを「TOKYOムラフェス2019」でお手伝いたします。 少しでも多くの方にアクションスポーツを楽しんでいただき、 アクションスポーツの認知拡大、 普及に貢献してまいります。 本イベントの詳細は別紙をご確認ください。

【イベント概要】

名称 TOKYOムラフェス2019

開催 2019年11月3日(日)  10:00-18:00
※雨天の場合はコンテンツを縮小し、 開催いたします。

場所 ムラサキパーク東京 東京都足立区千住関屋町19-1 アメージングスクエア 

TOKYOムラフェス2019入場料 無料

運営 事務局 ムラサキパーク東京

共催店舗 東京、 千葉、 埼玉、 ムラサキスポーツ店舗

特別協賛 京成電鉄株式会社

特別協力 美津濃株式会社、 AJSA JAPAN PRO TOUR SKATEBOARD CHAMPIONSHIP

公式HP https://www.murasaki.co.jp/news/d1b3f905-95b6-4d6f-bbb1-9d3382e3a553

【コンテンツ概要】

●デモンストレーション・SKATE BOARD x BMX MIXSESSION

TOKYO2020出場に注目の集まる池田大亮、 白井空良を筆頭に、 日本が誇るスケートボード、 BMXのトップライダー達がエキサイティングなトリックやビッグエアーを披露いたします。

【参加ライダー】

スケートボード:池田大亮、 白井空良、 渡邊雄斗
BMX     :松元謙、 比嘉勝太、 大霜優馬 

TOKYOムラフェス2019

 

バーチカルデモ

国内最大級4メートル越えのバーチカルランプで太鼓の生音ライブに合わせてスケートボード、 BMXのエキサイティングなライデイングデモンストレーションを行う。

【参加ライダー】

スケートボード:小川元 ほか
BMX     :斉藤(アトム)誠二、 YAN、 ムラサキパークローカルチーム ほか 

TOKYOムラフェス2019
 BMXデモ

国内TOPプロが目の前で迫力のジャンプを飛びまくります。
【参加ライダー】
BMX:松元謙、 比嘉勝太、 大霜優馬、 眞樹大輔 

TOKYOムラフェス2019
 

●LIVE&SHOWCASE
ハードなアクションスポーツの合間に束の間の休息と華を添えるFLY☆81、 千尋のアコースティックLIVEに、 響お笑いLIVE、 HULA、 TAHITIAN、 KIDSDANCE、 ローラースケートショーケース。 

TOKYOムラフェス2019

●体験
競技に興味を持ったら、 すぐにスケートボード、 BMX、 ストライダー、 SUPの体験会に参加いただけます。 今年はスケートボード、 BMX、 ストライダーの3種目で「MURASAKI FIRST CHALLENGE」を開催。
MIZUNOエリアではストリートサッカーをはじめ体を使った様々な遊びのプログラムで楽しみながら身体の動かし方を身に付けて下さい。 また、 各社ブランドブースでは工作ワークショップやゲームチャレンジ等の体験型ブースをご用意しております。 

TOKYOムラフェス2019

TOKYOムラフェス2019

●FOOD
フードブースでは人気CAFÉのチキンオーバーライスやBMXライダーによるハンバーガーショップ等話題のフードが盛りだくさん。 

TOKYOムラフェス2019

【同時開催】2019 AJSA プロツアー最終戦 ムラサキプロ

AJSAプロツアー最終戦『ムラサキプロ』ではTOPプロスケートボーダーが全国から集結し技を競いあいます
世界大会での入賞実績を誇る日本のトップライダーが多数参戦し、 東京五輪の前哨戦となる熱い戦いを間近で見られる大チャンス!! 

TOKYOムラフェス2019

大会概要

名称 2019 AJSAプロツアー最終戦 ムラサキプロ

主催 一般社団法人 日本スケートボード協会

特別協賛 株式会社 ムラサキスポーツ

協賛 AJSA加盟会員各社 他

会場 ムラサキパーク東京(Tel:03-5284-3693)

開催種目 ストリート

賞金 320,000円(総額/入賞上位5位)

開催時間 
09:00    開場
10:00  エントリー(~11:00)
11:30  予選開始 ※1分2トライベスト 上位12名が決勝へ進出
15:00  決勝開始 ※1分2トライベスト
16:00    表彰式

エントリー費 5,000円

お問合せ先 AJSA事務局 TEL:045-628-1447  http://www.ajsa.jp/

【特別キャンペーン】「京成線に乗ってムラフェスに行こう!」開催

1.実施日2019年11月3日(日)
2.実施内容
1.京成線各駅(京成関屋駅を除く)で配布するチラシを入手
2.ムラフェス会場の「ムラサキブース」にてチラシを提示
3.チラシに付属の抽選券で抽選会に参加、 下記の賞品をプレゼント

【賞品】
・オリジナルTシャツ(100名様)
・オリジナルステッカー(300名様)
・「MURASAKIPARK TOKYO」パーク利用券(30名様)
・「ムラフェス2019」飲食チケット(30名様)

オリジナルTシャツ 

TOKYOムラフェス2019TOKYOムラフェス2019

オリジナルステッカー 

TOKYOムラフェス2019
 

※1 キャンペーン内容は予告なく変更となる場合がございます。
※2 抽選会への参加はお一人さま1回までとなります。
※3 チラシは各駅合計10,000枚、 無くなり次第終了となります。
※4 チケット類の使用方法は会場スタッフにお問い合わせください。

3.お客様のお問合せ先
京成お客様ダイヤル 0570-081-160(ナビダイヤル)
音声ガイダンスに従い【2番】を選択してください。
≪受付時間 9:00~18:00≫
 
【ムラサキスポーツについて】
会社名 株式会社ムラサキスポーツ
本社所在地 東京都台東区上野7-14-5
設立 1973年設立、 2012年4月ムラサキホールディングス設立により子会社化
代表取締役社長 金山 元一
事業内容 アクションスポーツ(サーフィン、 ボディボード、 スケートボード、 スノーボード等)用品の企画・輸入・販売カジュアルウェア(ストリートウェア、 マリンウェア)アクセサリー、シューズの企画・輸入・販売イベント・大会・スクールの企画・運営

企業理念
1.「健全なる精神は健康なる肉体に宿る」を基本と考え、 青少年の育成、
スポーツ文化の発展に貢献する。
夢あるスポーツ用品を提供し、 それを通して健康的な社会作り、 スポーツ文化の発展に
貢献する。
2. 総合的なスポーツの展開を目指し、 国内および海外へもムラサキスポーツの輪を広げてゆく。
広い視野で物事をとらえ、 世界にネットワークを広げる会社を目指す。
3. 真に働きがいのある会社、 発展性・永続性のある会社づくりをする。
自信を持って“ムラサキスポーツに勤めています”と言えるような活気があり
成長を続ける会社をみんなでつくってゆく。

レジャーニュースカテゴリの最新記事