冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

ロードバイク用ライトの選び方は?スタイル別メリットとデメリットまとめ!

ロードバイク用ライトの選び方は?スタイル別メリットとデメリットまとめ!
   
ロードバイク用のライト選ぶときに気になるのが、電池式または充電式のバッテリーのどちらの電源がいいかということ。どちらの電源にも利点と欠点があります。ここでは、ロードバイク用のライトを電源というポイントに、絞って説明しましょう。
   

ロードバイク用のライトを設置する注意点

日本では夜間ロードバイクに乗る場合は、ライトの点灯義務があります。

細かな条件は各都道府県によって異なっていますので、お住まいの地域の情報をあたるようにしてください。

一般的には、最低でも5〜10m先の障害物が確認できることが必要といいますから、光の単位でいうと200〜300ルーメンほどの明るさが求められるということになります。

またライトをつけるのは、義務であるということだけでなく安全に走るためにも大切です。

車やほかの自転車、そして歩行者に自分の存在を知らせるという意味もあます。

自分が事故にあったり、人とぶつかってしまうというリスクを下げるためにも必ず設置するようにしましょう。

 

ライトの種類と必要な数

ロードバイクのライトの電源は大きく分けると、電池式と充電式バッテリーの2種類があります。

それぞれにメリットとでデメリットがありますので、目的やどこにつけるのかということも考慮して選ぶといいでしょう。

つけるべきライトの数は、とくに決められてはいません。

しかし一般的に、フロントライトとテールライトの2つは最低でも設置したほうがいいと言われています。

またつける時にあまり高い位置につけてしまうと、前方や後方から来る人から見たときにチカチカしてしまって危なくなることがあります。

そのあたりも注意して設置するようにしましょう。

 

 

ロードバイクライト:電池式ライトの利点と欠点

ロードバイク ライト

 

電池式というと、普通の単3タイプやボタンタイプなどがあります。

電池式の利点は、維持費が安く、コンビニなどですぐに買えるというところです。

万が一、いますぐ必要という状況になっても、比較的かんたんに手に入れることができます。

また、充電式バッテリーと比べるとライトの値段が安めで、800円〜2,000円ぐらいの価格帯で購入でるのも魅力です。

種類もいろいろとあるので、自分の好みにあったものを選ぶこともできます。

反対に欠点は、ライトの光が弱めであること。

そして電池の重量が重いくて場所をとるということです。

夜間走行が多くてライトが重要という方は、このあたりに気を付けてください。

 

 

ロードバイクライト:充電式バッテリーライトの利点と欠点

ロードバイク ライト

 

利点はライトがとにかく明るい、軽い、スリムで小型であることです。

街頭などがない道でも、かなり明るく照らしてくれるので、夜道でも支障なく走行できます。

ロードバイクに乗るのは主に夜、という方にはおすすめです。

値段は電池式に比べると少し高めですが、2,000円〜3,500円ぐらいで購入できます。

またコンパクトで軽量なので、ライトを設置しても、重さをほとんど感じることもありません。

最近はUSB充電式も多くなってきていますから、パソコンやスマホでも充電することができます。

反対に欠点は、充電に時間と手間がかかることと、バッテリー切れのときに対処できないということです。

この点は、USB充電式ならば急なバッテリー切れというときにも、スマホから充電して使えるので便利です。

このように充電スタイルが複数ある状態にしておくと、より安心感がありますね。

 

 

ロードバイクライト:最近はソーラー式充電も増えている

ロードバイク ライト

 

ソーラー式充電というのは、ソーラーパネルを搭載したライトで、太陽光を取り込むことによって充電します。

電池や事前の充電が必要ないので便利ですし、突然の電池切れということもないので安心です。

また少し前まで明るさがイマイチと言われていましたが、最近はかなり改善され普通の走行には問題ないレベルのライトが多くなっています。

しかしソーラー充電だと、充電に時間がかかったり、曇っていたりなど天候によって充電が不十分になるという点が気になりますよね。

その点も、最近は電池やUSB充電などを併用できるハイブリット式のものが増えているので、心配いりません。

とはいえ電池式や充電式に比べると、商品の数としては少なめなのと、ソーラーは式はずっと使えるわけではなく寿命が1年から数年と短めなところが欠点です。

ご自分の走行スタイルに合わせて、ほかのライトと併用してつかうことをおすすめします。

 

 

 

ロードバイクライト:NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

ロードバイクのライトは、自分がよく走る場所や時間帯、そして充電できるタイミングなど、電源を確保する方法も考えて選びましょう。またフロントライトとテールライトの電源は同じである必要はないので、たとえばフロントは充電式、テールライトはソーラーと電池のハイブリット式というように使い分けると、似たタイミングで電池切れになるというのを防ぐことができて、安心してロードバイクで夜道を走ることができますよ。

ロードバイクカテゴリの最新記事