ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

海外で人気のE-Bikeとは?電動アシスト付き軽快車との違いを解説

海外で人気のE-Bikeとは?電動アシスト付き軽快車との違いを解説
   
「E-Bike」(eバイク)って言葉を聞いたことありますか?E-Bikeとは、ヨーロッパでは大人気のスポーツタイプの電動アシスト付きの自転車のことです。この記事では、E-Bikeと一般的な電動アシスト付き軽快車の違いを中心に、E-Bikeについて説明します。
   

ヨーロッパで人気のE-Bikeとは?

海外で人気のE-bike

 

E-Bike(スポーツタイプ電動アシスト付きの自転車)というと、よく私たちが目にする、いわゆるママチャリに電動アシストがついている、軽快車とあまり変わらないような気がします。

しかし、この2つには差があり、一番の違いはその目的にあります。

E-Bikeの目的は、スポーツで使うこと。

たとえば、元々ロードバイクやクロスバイクなどに乗っていたけれども、年齢を重ねて昔に比べると体力がなくなったり、腰痛がひどくなったりなど、今までと同じように乗ることがむずかしくなってくることもあります。

E-Bikeは電動アシスト機能をスポーツサイクルにつけることで、こういった体の衰えなどの補助をするために作られました。

反対に、ママチャリに電動アシストがついた軽快車は、もともと日本が1993年に開発したもの。

これは、子どもや重い荷物を持った状態でも楽に自転車で走れるように、そして坂道も不便なく登れるように作られたものです。

このように、電動アシスト付き自転車というと、E-Bikeもママチャリと同じカテゴリーに入りそうですが、両者の目的は大きく違っているのです。

ヨーロッパでは体力維持のためだけでなく、自転車に乗ることを楽しんでいる人が多く、年齢を重ねたからといって、長年楽しんできた自転車に乗るのを止めるのではありません。

工夫をして乗る、これがE-Bikeの醍醐味なのです。

坂道など負荷がかかるところは普通のロードバイクではきつくても、E-Bikeならアシスト機能のおかげで楽に登れます。

漕ぎ出しの感覚も、普通のロードバイクと同じようにレスポンスが速いので、それほど大きな違いを感じることなく自転車を楽しむことができるわけです。

 

 

書籍 E-BIKEオールカタログ2019 (Men’s、Lady’s)

 

 

E-Bikeはコンパクトで高性能

出典:Shimano Steps

 

E-Bikeのタイプは、ロード/クロスバイクタイプ、マウンテンバイクタイプ、街乗りに適したミニベロタイプといろいろとあります。

それぞれのタイプの自転車の特徴を壊すことなく必要なアシストができるE-Bikeは、軽量でコンパクトであるということも特徴です。

一般的なロードバイクやクロスバイクの重量は、8〜10kgと言われています。

しかし、このタイプのE-Bikeなら14〜16kg前後からあります。

一般のロードバイクよりは重いのですが、電動アシストをするためのバッテリーやモーターなどを搭載していることを考えると軽量です。

また、E-Bikeの高性能さも魅力的です。

電動アシスト付き軽快車は、子どもを乗せていても安定して坂道などを登ることに重点をおいてます。

一方、E-Bikeはスポーツ用に開発されたドライブユニットを搭載していて、これがレスポンスの速さの決め手となっています。

スポーツ用に開発されたE-Bikeは、普通のロードバイクやクロスバイクに乗っているのと同じように、漕ぎ出しもはやく、ディスクブレーキを搭載していることが多いので、坂道の負荷が楽になると言う意外ほとんど変わらない感覚で乗ることができます。

 

 

長距離やヒルクライムも問題なし

 

電動アシスト付き軽快車はバッテリーの容量によりますが、1回の充電で30㎞〜50㎞ぐらい走れるタイプが主流です。

そのため50㎞を越える長距離の運転には向いていませんが、1回の充電で100〜150㎞という長距離走行も可能なことが多いです(メーカーや種類によって異なります)。

またヒルクライムも、ロードバイクと同じように乗りこなすことができ、しかもつらい負荷のかかるところを、普通に漕ぐだけでスイスイと登ることができます。

こんなふうにいうと、E-Bikeのダイエット効果はどうなるのか?と、気になるという人もいるかもしれません。

E-Bikeは、ペダルを踏む力だけではなく回転数もしっかりと感知してアシストを行うように設計されています。

つまり負荷が高い時はより強くアシストをして、このきつい部分をサポートしてくれるのですが、あとは普通にペダルを漕ぐという部分は変わりません。

ですから負荷はそれほどありませんが、ペダルを漕ぐという動作は変わらず行い、この動作はダイエットにぴったりな有酸素運動ですから、E-Bikeでもダイエット効果も期待できるといえます。
 

トランスモバイリー(TRANS MOBILLY) ULTRA LIGHT E-BIKE

 

 

Extrbici RS600 アシスト自転車 シマノ

 

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

ヨーロッパでは爆発的な人気になっているE-Bike、少し値段は張るものの、負荷を少なくしてロードバイクを乗ることができるというのは大きな魅力です。最近はE-Bikeの試乗会なども多く行われているので、一度試してみて下さい。






ロードバイクカテゴリの最新記事