ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

スペインの女子ロードバイクレースレポート、与那嶺選手が活躍

スペインの女子ロードバイクレースレポート、与那嶺選手が活躍
   
スペインのバスク地方で開催された、エマクメーン・ビラ。女子のプロ選手による4日間のロードバイクのレースです。ヨーロッパ中からトップクラスの選手が集まるこのレースに、今回日本から与那嶺恵理選手が出走しました。レースの様子をレポートします。
   

スペインの名物レース、エマクメーン・ビラとは

第1ステージは快晴の下で。

 

スペインの北部バスク地方で開催されたエマクメーン・ビラ。

毎年5月の下旬に開催される、名物レースのひとつです。

女子のロードバイクのレースの中でも、トップクラスのプロのサイクリストが毎年集まるこの大会。

しかし、この時期のバスク地方の特に山間部は、天候がまだ不安定でした。

とても暑い日の翌日に、冬のような冷たい雨が降ったりするようなところです。

今回のエマクメーン・ビラでも、バスクのこのような不安定な天候が、選手たちを迎えました。

第1ステージでは、夏のような日差しで天候に恵まれたものの、第3ステージ以降は雨と低い気温。

そのような環境の中、選手たちは終始神経質なレースを強いられました。

 

 

 

 

山岳が主体の4日間

第2ステージの斜度10%の登り地点。

 

毎年エマクメーン・ビラの舞台となるのは、バスクの山々です。

この山々の登りが、毎年トップクラスの選手たちをふるいにかけます。

もちろん、今年も例外ではありませんでした。

スプリンターのためのステージは、第1ステージのみ。

2日目以降は、さっそくバスクの登りが選手たちを待ち受けます。

第2ステージは斜度10%の坂を4回も登る上に、ゴール前の最後の1㎞はとにかく登りっぱなしのハードなもの。

コースの1部がサーキットコースとなるため、周回を重ねるごとに選手たちの数があっという間に少なくなっていきます。

 

坂を登る選手たち

 

第3ステージの難所は、コース終盤にある斜度15%と17%の登り。

この日はスタート前から、冷たい雨が降っていたため、選手たちは完全防備でレースに挑みます。

 

第3ステージのスタート前。

 

第3ステージで振り出した雨は、最終第4ステージの間も終始降り続きました。

そして、今年のエマクメーン・ビラで総合優勝したのは、最終第4ステージを制したイタリア人サイクリストのエリサ・ロンゴ選手です。

 

写真中央が総合優勝したロンゴ選手。

 

第3ステージまで山岳賞ジャージを着ていた彼女が、最終的な総合優勝者となりました。

 

 

与那嶺選手の活躍ぶりは?

韓国チャンピオンであるナ選手と一緒にサイン台に向かう与那嶺選手。

 

与那嶺恵理選手が所属するアレ・チッポリーニは、この大会でクライマーのソラヤ・パラディン選手を総合で上位に送ることを目標としていました。

このレースの直前にスペインで開催された別の大会でも、総合で上位入賞したパラディン選手。

与那嶺選手の今回のレースの目標も 彼女をアシストすることでした。

スプリントのゴールとなった第1ステージは、少々苦戦しましたが、第2ステージ以降、与那嶺選手はパラディン選手を積極的にサポートしました。。

第2ステージでのレース後半、道幅の狭い場所へ入ると、モービスターの選手たちが急にスピードを上げて、集団の分裂を試みます。

しかし、アレ・チッポリーニはこのような動きにも冷静です。

このステージでパラディン選手は、ステージ優勝した選手と同タイムの2着となり、好調さをアピールしました。

 

写真中央がパラディン選手。

 

一方、与那嶺選手も第2ステージを区間35位でゴールします。

 

与那嶺選手とパラディン選手。

 

雨が降った第3ステージ以降は、下りが得意なわけではないというパラディン選手をしっかりサポート。

最終的に、パラディン選手は4日間のレースを総合3位で終了します。

目標通り、エースを表彰台に送ることに成功した、アレ・チッポリーニ。

一方、与那嶺選手もこの4日間のレースを総合36位でレースを完走しました。

「シーズンが始まったばかりなので、まだ本調子とは言えないです。

でもこれからレースを重ねれば、私の調子も上がってくると思います」

与那嶺選手はこのように話していました。

 

 

(送料無料)【KAPELMUUR】(カペルミュール)Ladies 長袖ジャージ ヘリンボーンプリント バーガンディ kpls098(自転車)

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

女子のロードバイクのレースは、男子と比べ、距離が短く、レース展開がスピーディであることが特徴です。そのため、走っている選手たちはもちろん、見ている観客も、一瞬たりとも気を抜くことができません。そのうえ、バスクのレースでは登りがコースの主体。そのため、最後までスリリングなレースを楽しむことができるます。ぜひ、機会があれば、バスクで女子のロードバイクのレースを観戦してみてください。






ロードバイクカテゴリの最新記事