川遊びは危険がいっぱい!親が絶対に知っておくべき注意点とは

Greenfield

川遊びは危険がいっぱい!親が絶対に知っておくべき注意点とは

暑くなってくると、水辺でのレジャーの機会が増えますよね。「子どもを遊ばせるのに、川のほうが海よりも安心」と思っている人が多いようですが、実は子どもの水難事故の多くは、一見安全そうな川の浅瀬で起きているんです。
川での悲しい事故を防ぐには、大人が正しい知識を持ち、子どもから目を離さないことが何よりも大切。今回は、川遊びで親が知っておくべき注意点をまとめました。お出かけする前に、しっかり頭に入れておきましょう。

川の流れは複雑!人工物付近は特に注意

川は基本的に上流から下流に流れていますが、地形や川底の岩など様々な要因によって、非常に複雑な流れを作り出しています。

 

 

一見緩やかな流れの浅瀬でも、急に深くなったり、大人でも立っていられないほど流れが強くなったりすることもあります。

蛇行している川では、カーブしている川の外側(淵側)は深くて流れが早くなりやすいため、子どもにはカーブの内側(岸側)で遊ぶように呼びかけましょう。

また、堰堤やテトラポットなどの人工物付近は特に注意が必要です。

コンクリートの隙間に足を挟まれて動けなくなったり、水流に巻き込まれて溺れてしまったりという事故が相次いでいます。

堰堤付近の白く泡立っているような深い落ち込みでは、「リサーキュレーション」と呼ばれる縦方向にグルグル回る渦が発生していて、この渦に巻きこまれるとなかなか脱出できません。

たとえライフジャケットを着用していても浮き上がるのが困難といわれているため、絶対に近づかないようにしましょう。

川の流れは、大雨による地形の変化や水量によって常に変わっていきます。

「普段から遊び慣れている川だから大丈夫」と過信せずに、天気や水量のリサーチを怠らないようにしてください。

インターネットでも全国の川の水位を見ることができますので、お出かけ前にチェックすることをおすすめします。

 

 

川底はとにかく滑る!障害物にも気をつけて

川の危険性は急激な流れによるものだけではありません。

実は川での水難事故の多くは、大人の膝下にも及ばないくらいの浅瀬で起きているんです。

 

 

その原因は、川が「滑る」ということに関係しています。

川は歩き慣れていないと、必ずと言っていいほどすぐに滑って転びます。

慌てて起き上がろうとしてもなかなか起き上がれず、パニックになって水を飲み溺れてしまうということが多いようです。

滑りにくい川遊び用のウォーターシューズを着用させることはもちろん、転んだときは慌てずに、手足の力を抜いて浮かぶことを教えておきましょう。

水中の藻や釣り糸、ロープや枝などに引っかかって身動きが取れなくなる危険も考えられるため、事前に遊ぶ範囲を大人が歩いてチェックすることも大切です。

また、川底にはいろいろなものが転がっています。尖った岩や瓶や缶、流木などで足を怪我してしまっては大変です。

その点でも皮膚が露出したサンダルではなく、足全体が覆われたウォーターシューズが最適なんですよ。

 

 

 

天候の変化を敏感に感じ取ろう

川遊びでは、天候の変化に細心の注意を払ってください。「このくらいの小雨なら大丈夫だろう」という考えは非常に危険です。

 

 

川の水は予想以上の早さで増えます。雨が降り出したらすぐに川から上がるように声をかけ、川から離れたところに移動してください。

遊んでいる場所で雨が降っていなくても、上流で雨が降っている場合があります。

雷が聞こえたり、上流に黒い雲が見えたりしたら、急激な増水が起こるサインです。

また、急に大量の落ち葉やゴミなどが流れてきたり、水が濁り、土や木の匂いが強くなってきたら、鉄砲水が発生している可能性があります。

鉄砲水が発生すると、足首くらいまでだった水位があっという間に1メートル以上まで上がってしまいます。特に幅の狭い川は増水するのも早いので注意してください。

また、大きな河川の中によくある中州ですが、増水すると取り残されて岸に戻れない危険があります。

水に浮かぶ島のようでロケーションはいいのですが、安全な遊び場としてはおすすめできません。天候が変化したときに、すぐに戻れる範囲で遊ぶように呼びかけましょう。

 

まとめ

河原でのバーベキューなどで盛り上がり、子どもから目を離してしまう親御さんをよく見かけますが、本当に危ない行為です。自然の中で遊ぶときには、何が起こるか分からないもの。

・出かける前に、川の状態をリサーチする

・川遊びに適した服装を着用させる

・危険がないか、まず大人が川に入って確認する

・遊ぶ範囲を決めて子どもにしっかり理解させる

・子どもから絶対に目を離さない

子どもを安全に川で遊ばせるために、大人は以上のことを徹底してくださいね。

 

公式アカウント

関連記事