ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

クライミングシューズの選び方は?初心者向けクライミングシューズはこちら

クライミングシューズの選び方は?初心者向けクライミングシューズはこちら
   
クライミングジムに通う人も増え、クライミングの競技人口はますます増えています。そんな人気のクライミングの命とも言えるクライミングシューズ。どんなものを選んだらいいのでしょう。今回は、初心者向けのクライミングシューズの選び方を紹介します。
   

クライミング初心者のクライミングシューズの選び方

クライミングシューズ 選び方

 

クライミングにはまり、クライミングシューズを購入することになると困るのがその選び方。

一口にクライミングシューズと言っても、膨大な種類があります。

初心者には、どんなクライミングシューズがいいのでしょうか?

ここでは、まず初心者向けのクライミングシューズの選び方のポイントを紹介します。

 

 

サイズ感は大事!ゆとりをもったものを選ぶ

クライミングシューズの選び方

 

本来であれば、クライミングシューズは通常の靴のサイズより小さめのものを選びます。

むずかしい課題を登るとき、ゆとりのあるシューズだとつま先の感覚がわからなくなってしまうためです。

しかし、初心者ではむずかしい課題を登ることもないので、小さいサイズのものは履く必要がありません。

足がシューズに慣れていないため、サイズが小さいものを選んでしまうと、痛くて登るどころではなくなってしまいます。

 

 

靴の形状に注意!避けるべき形とは?

クライミングシューズの選び方

 

クライミングシューズには登る課題の難易度やタイプによって、さまざまな形状のモデルがあります。

・ダウントウタイプ

つま先が下向きに下がっているものです。

オーバーハングと言われる前傾した課題などで威力を発揮します。

・ターンインタイプ

親指側方向にカーブした形状のものです。

小さなスタンスにも乗れます。

こちらの2つの形状のクライミングシューズはむずかしい課題を登るためのもので、主に上級者向けの形状です。

履き心地も良くない為、初心者のあいだは避けましょう。

シューズの形状は、ダウントウタイプではなくフラットタイプ(ソールが真っ直ぐなもの)、ターンインタイプではなくノーマルタイプのものを選びましょう。

 

 

脱ぎ履きがしやすいタイプのものを選びましょう

クライミングシューズ サイズ

 

足がクライミングシューズに慣れていないうちは、課題を登る時だけシューズを履いて、登り終えたらすぐ脱いだ方が足への負担も少なくてすみます。

そのため、脱ぎ履きがしやすいタイプのものを選んだ方が良いでしょう。

シューレースタイプ(紐靴)は紐で締め付けられる事ができるためフィット感は良いですが、脱ぎ履きがしにくいので避けましょう。

以上のポイントを踏まえて、次の項目では実際におすすめのクライミングシューズのモデルを紹介していきます。

 

おすすめのクライミングシューズ スリップオンタイプ

クライミングシューズの選び方

 

まず初心者の方におすすめしたいのが、「スリップオンタイプ」と呼ばれるタイプのクライミングシューズです。

こちらのタイプは調整する為の靴紐やベルクロなどが全く付いていないシンプルなシューズです。脱ぎ履きがしやすい為、まだ足がシューズに慣れていない初心者の方にピッタリです。

いくつかスリップオンタイプのクライミングシューズで初心者におすすめのモデルを紹介します。

 

ファイブテン モカシム

スリップオンタイプの代表的なモデルです。

非常に履き心地が良く、初心者から上級者まで広く親しまれているシューズです。

非常に伸びやすいシューズとしても有名なので、サイズ選びは慎重にした方が良いです。

クライミングシューズの選び方

 

 

アンパラレル アップモック

モカシムに似たシューズです。

しかしモカシムより脱げにくく、ヒールフック等も安心して出来ます。履きやすくて脱げにくい素晴らしいシューズです。
クライミングシューズの選び方

 

 

おすすめのクライミングシューズ ベルクロタイプ

続いて紹介するのは、ベルクロといってマジックテープで着脱するタイプのクライミングシューズです。

 

イボルブ エレクトラ

履き心地が良いのはもちろんの事、つま先付近のソールも厚めで、洗っても型崩れしにくく丈夫な作りです。

クライミングシューズの選び方

 

レッドチリ デュランゴVCR

こちらはお値段もお財布に優しいです。

幅が広めで履き心地が良いです。長時間履いても足が痛くなりにくくなっています。

エントリーユーザーにおすすめのオールラウンドモデル。

クライミングシューズの選び方

レッドチリ RedChili ボルダリング シューズ RC.デュランゴVCR 1861049 9800

 

スポルティバ タランチュラ

硬めのソールで小さなスタンスでもしっかりと立つことが出来ます。

クモの巣をイメージしたデザインもカッコ良いです。

クライミングシューズの選び方

ラ スポルティバ (La Sportiva) タランチュラ

 

 

まとめ

いかがでしたか?実際に履いてみたいクライミングシューズは見つかったでしょうか?クライミングジムではクライミングシューズのレンタルも行なっています。気になるシューズがあればまずはレンタルで試して実際に登ってみて下さい。必ずあなたにピッタリのクライミングシューズが見つかるはずです。お気に入りの自分だけのクライミングシューズがあれば、クライミングがますます楽しくなりますよ。




クライミングカテゴリの最新記事