PowerArQシリーズ初の700Whモデル『PowerArQ S7』は、PowerArQ2・3とPowerArQ Proの中間モデルとなる716Whのポータブル電源。「500Wh程度だと少し心細く、1,000Wh程度だと1泊では持て余してしまう」というお客様のお声から誕生しました。

PowerArQ S7

AC出力は通常700W(最大1400W)なので、消費電力700Wまでの多くの家電に利用することができます。
さらにバッテリーには、発火や爆発が起こりにくく、安全性の高いリン酸鉄リチウムイオン電池を採用。夏場のキャンプ場や車中泊、キャンピングカーへの据え置きとしても安心してお使いいただけます。

【Point1】PowerArQシリーズ初の700Whモデル

PowerArQ S7

PowerArQ S7の容量は、PowerArQ2・3とPowerArQ Proの中間となる716Wh。
「500Wh程度だと少し心細く、 1,000Wh程度だと1泊では持て余してしまう」そんな方でも使いやすい容量を採用しました。
スマートフォンの充電(15W)は約40回、扇風機(30W)は約20時間、電気毛布[強] (50W)は約12時間使用可能。
また、AC出力は通常700W(最大1400W)なので、消費電力700Wまでの多くの家電に利用することができます。

【Point2】2 色のカラーバリエーション

PowerArQ S7

カラーは人気のコヨーテタンとオリーブドラブの2色展開。PowerArQ製品や他のキャンプギアと色を合わせやすくなっています。

【Point3】使い勝手の良いスペック

PowerArQ S7

■AC出力
100VAC対応のAC出力5口設置、50/60Hzの切り替えも可能。

■Type-A出力
Type-A2口(片側利用で急速充電が可能)

■USB Type-C出力
最大100W出力可能なType-C出力2口

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。